2010/04/01

6分咲き☆

昨日まで真冬のよーな寒さで、せっかく咲き始めたウチの裏の桜も2・3分咲きあたりで止まってましたが、やっと今日春らしい気温になって、6・7分咲きになりました♪

でも、めちゃめちゃ風が強くてお花見どころぢゃないですケドね・・・


 ↑
裏の一戸建ての屋根が入らないよーに撮ったら、ベランダの柵入りまくり (^^;

去年の今頃は専門学校の入学式でワクワク・ドキドキしてたな~(遠い目w)
今年も今日 4月1日が入学式ですが、在校生は代表者だけ出席すればイイので、私はこーしてのほほ~んとblogなんて書いてます(笑)。

あ、そうそう!
このblog、今日で6周年なんですよ! (^O^)♪
10周年を満開とすると、ちょうどウチの裏の桜と同じ6分咲きってトコですね(笑)。

いつも読んで下さる皆さん、ホントにありがとうございます。
最近なかなか更新できなくて、1ヶ月に1記事なんてときもあるんですが (´A`;)ぁぅぁぅ、これからも細々と続けていきますんで、今後ともご愛読よろしくお願いします! (^-^)v

同じblogバースデーのかた、おめでとうございます! (^o^)
またいつか一緒にblogバースデーオフができるとイイですね♪


--------------------
関連記事:

祝・一周年!
祝・2周年!
ありがとう☆3周年
あなたと私の4周年☆
1年生と6年生

| | コメント (11) | トラックバック (2)

2009/04/03

1年生と6年生

1年生
4月1日(水)は、鍼灸の専門学校の入学式でした (^-^)
って、エイプリルフールネタぢゃないですよ(笑)
マジでこの歳で「新入生」です。
新入生代表ぢゃないケド、貧乳生代表?みたいな?(笑)

科の名前書くと学校がわかっちゃうので、あまり詳しくは書きませんが、鍼灸以外にも介護やスポーツトレーナーのクラスがあります。
鍼灸も、鍼灸+マッサージのクラス、鍼灸のみのクラス(昼間部と夜間部)があって、私は前者です。

厳かな入学式のあと、昼メシをはさんでオリエンテーション。
昼メシは、体験入学のとき仲良くなったコと食べました (^-^)
彼女は先月大学を卒業したばかり。
私と一回り以上も歳が違うんです (^^;
彼女がケータイ番号とメアドを赤外線で送ってくれたんですが、わし、恥ずかしながら赤外線機能って使ったことなくて・・・(恥;
受信のやり方だけは何とかわかったんですが、送信がわからん・・・
(イイワケ: だって、わしがケータイ持ち始めたとき、赤外線機能なんてなかったもん。その後、赤外線機能ができてからメアド交換する相手いなかったし・・・。ケータイ関係の仕事してたクセに情けねぇ~sweat02
とりあえず受信だけして、あとは彼女のメアド宛に自分のケータイ番号とメアドをメールで送りました。
彼女から「(話してて)初めてジェネレーションギャップを感じました(笑) 今は『ジェネギャ』って言うんですよ~」って言われちまった・・・ orz
あとでマニュアル読んどこ。

オリエンテーションは、各科それぞれの教室に分かれて、担任の先生♂や科の主任♂(多分、わしよりも若い)から年間スケジュールや時間割の説明などがありました。
それぞれの机の上に、タックルボックス(釣り道具入れるヤツみたいな道具箱)と使い捨ての鍼やらもぐさやらが置いてありました。
これから3年間使う教材です。
リストと照らし合わせながら、道具箱に入れていき、それを教室の後ろにある自分のロッカーへ。

後日、クラス委員や学園祭実行委員、アルバム製作委員などを決めるそーです。
学校らしいね (^-^)
学園祭は9月ですが、体育祭はいきなり5月に行われるので、体育祭実行委員3名は今日中に決めないといけない と言われたケド、そこはニポン人(笑)、誰も自分から手をあげる人はいません。
先生たちは顔を見合わせて、思わず苦笑い。
「体育祭実行委員は4月・5月で終わるケド、文化祭実行委員は5月くらいから活動しないといけないから大変ですよ。3年間で必ず何らかの係になることになりますし。」と、先生が説得を開始。
そこに、もう1人の自分(自分の中のO型的性格)がひょっこり顔を出し、「やれば? (^-^)」と。
自分でも「ちょっとやろっかな~」と思ってはいたケド、そこは優柔不断なA型。
O型的自分に「手ェあげなよ」と言われても、なかなか決定できません。
でも、先生が「1年生は主にポスター作りです。絵を描くのが好きな人、スポーツが好きな人・・・」と言った瞬間、即決!(笑)
先生の「誰か・・・」と言う声に、サッと手をあげてしまいました。
スポーツは苦手だけど(観るのは好き)、絵を描くのは好きなので、つい・・・sweat01
その後、斜め前の女のコが手をあげて、「じゃあ、あと1名は男子に」と先生に言われ一番前の男のコが手をあげて、ソッコー3名決定!
ああぁ、目立たずおとなしく(?)過ごそーと思ってたのに、誰もやる人がいないと、つい人助けしよーと「正義の味方」気質が出てしまうわし・・・
小学校のとき、演劇部で誰もカエル役やる人がいなかったから、しかたなく引き受けてあげた(上から目線w)ときのことを思い出したよ。(笑)

オリエンテーションのあとは、奨学金の説明会に出て、ようやく終了。
ほぼ1日がかりだったし、久方ぶりに知らない人たちの中で過ごしたから、緊張してて結構疲れました。
しかも、帰りは人身事故で電車が遅れてたし、学生証をもらったので早速定期券センターに寄ったら長蛇の列で・・・
めちゃめちゃ疲れて、家に帰ってごはんを食べたあと、そのままコタツで寝ちゃいました。
人を治す仕事に就くヤツがこんなんぢゃダメだよね (^^;

幸い、次の日(2日)はお休みだったので、たっぷり寝てから みー(ウチのぬこ(猫))を迎えに行くことができました (^-^)

3日(金)は午後から不健康診断。
4日(土)から通常授業です。
(前期は主に日・月が休み)
1限90分かぁ・・・
ヤベ、寝そう (^^;

あ、そーそー。
夕方、教科書が届きました。
パラパラ中身見てみたら、スッゲー難しそう・・・ orz
生理学とか解剖学とか東洋医学概論とか、名前聞いただけで難しそうでしょ?
大丈夫か?(滝汗; >わし

でも、「自分も治して、同じことで悩んでいる人も治す!」っちゅーのがわしの使命なので、学生生活をエンジョイしつつ、頑張りまっす! o(`・ω・´)o


5年生 6年生
ウチの甥っ子1号が、この4月から5年生です。 (←5周年ってことは、6年生ですよね(恥;) 「甥っ子1号、5年生」カンケーないやん (^^; Tompeiさん、ご指摘ありがとうございました。あちこち直しました。

って、それもあるケド・・・
このblog、4月1日で5周年を迎えました! ぱちぱちぱちっ(拍手)
blogバースデーが一緒の皆さん、おめでとうございます☆
お互い頑張りましたね~
5年ですよ、5年! 6年ですよ、6年!
まさか自分がまた学生になるとは、5年前の自分は想像もしてなかったろーなぁ~

いつもコメントやトラックバックを下さる皆さん、オフでも遊んで下さる皆さん、本当にありがとうございます!
検索してたまたまヒットして読んで下さった方も、ありがとうございました。

今後も「書けるときに書く」とゆースタンスで、しぶとく続けていきますので、引き続きよろしくお願い致します。 (^o^)

とりあえず、2月の九州旅行の記事、終わらせなくちゃ・・・ (^^;


--------------------
関連記事:

祝・一周年!
祝・2周年!
ありがとう☆3周年
あなたと私の4周年☆

| | コメント (14) | トラックバック (2)

2009/04/01

第14回お江戸オフ お花見の巻(其の弐)

まずはこちらから!
 ↓
第14回お江戸オフ お花見の巻(其の壱)
--------------------

今回のコース(おさらい)

1. 丸の内線「新宿御苑前駅」集合
  ↓
2. 太宗寺(たいそうじ)(江戸庶民信仰の寺)
  ↓
3. 新宿御苑(しんじゅくぎょえん)でお花見
  ↓
4. 大木戸跡、玉川上水記念碑
  ↓

5. お岩稲荷
  ↓
6. 愛染院(内藤新宿の生みの親・高松喜六、塙保己一の墓)
  ↓
7. 戒行寺(鬼平の菩提寺)
  ↓
8. 西念寺(服部半蔵の菩提寺)
  ↓
9. 四谷(よつや)(上智大学、外濠公園周辺の桜並木を市ヶ谷まで歩く)
  ↓
10. 「味一献 土風炉(あじいっこん とふろ)」で宴会


お次は「お岩稲荷」かと思いきや、何やら内藤氏絡みの神社へ。

えーっと、なになに?
(案内板を見て)

--------------------
多武峯(とおのみね)内藤神社由来記

 当社は、江戸初期に初代内藤清成氏が屋敷内の地(現在の新宿御苑)に家祖である藤原鎌足公を祀り、(内藤神社)を草創したことに始まり、また藤原氏の氏神である奈良の春日大社より、経津主神(ふつぬしのかみ)、武甕槌神(たけみかづちのかみ)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、姫神の分霊を勧請合祀してあります。
--------------------

なるほど。
(って、よくわかってないケド (^^;)

鳥居を入って右手に、白馬の像が安置されているお堂があります。

そのすぐそばに、「駿馬塚(しゅんめづか)」と書かれた案内板が。
「新宿区登録有形文化財 歴史資料」だそーです。

--------------------
駿馬塚
 内藤清成の駿馬の伝説にかかわる石碑である。
 徳川家康は江戸入府後、家臣の内藤清成を呼び現在の新宿御苑一帯を示し「馬でひと息に回れるだけの土地を与える」と語ったという。
 清成の乗った駿馬は、南は千駄ヶ谷、北は大久保、西は代々木、東は四谷を走り、疲れ果てて死んでしまったので、大樫の下に埋めたと伝えられる。
(中略)
碑はその後、明治5年(1872)9月に現在の地に移されたものである。
(案内板より)
--------------------

主人孝行なお馬だね~
境内にはこんなにデカいケヤキの木がありました。
「新宿区みどりの文化財(保護樹木)」ってゆー札がかかってました。

ここまで大きく育つってことは、それだけこの土地の「気」がイイってことなんだろーね (^-^)


5. お岩稲荷
え゛っ、お岩さん!? (((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

と参拝を辞退させて頂こーかと思ったら、「お岩さんってホントはイイ人で、アレ(歌舞伎等の)はフィクションみたいよ。」とぶんぶんさんが教えて下さったので、参拝させて頂くことに。

Wikiによると、

--------------------
岩の父、田宮又左衛門は徳川家康の入府とともに駿府から江戸に来た御家人であった。岩と、婿養子となった伊右衛門は仲のよい夫婦で、収入の乏しい生活を岩が奉公に出て支えていたという。岩が田宮神社を勧請したのち生活が上向いたと言われており、土地の住民の信仰の対象となった。
(中略)
「お岩稲荷」(於岩稲荷田宮神社)は田宮家の生活を向上させた稲荷神だけあって、現在でも仕事を始める前に於岩稲荷に参拝すると仕事に成功して生活が向上するというご利益があるとされる。
--------------------

とのこと。
(詳しくは、こちらを。)

お邪魔しま~す・・・
あ、大丈夫そう。

お賽銭箱の横に「ご自由にお持ち帰り下さい」と書かれた箱が置いてありました。
中にありがたいお言葉が書かれた紙が入っていたので、それぞれ1枚ずつ頂くことに。
私が選んだ紙に書いてあったのは、「お互いにみ魂(たま)を認め合い結ばれる」。
4月からの新しい生活に向けて、ね (^-^)

こちらは斜向かいの陽運寺。
縁結びらしーケド、今回は特にお願いしませんでした (^^;

このへん、お寺だらけです。
少し歩くと、西應寺(西応寺)とゆーお寺がありました。

ここには、こんな案内板が。

--------------------
榊原鍵吉(さかきばら けんきち)の墓

 幕末から明治にかけて活躍した、最後の刺客榊原鍵吉は、天保元年(1830)麻生広尾に生れた。
(中略)
 慶応2年(1866)には幕府遊撃隊頭取となり、上野戦争で活躍するが、明治元年(1866)8月徳川家達に従い静岡に移住した。
--------------------

「刺客」ってゆーと・・・
「曲者(くせもの)ぢゃ!ものども、出合え、出合え~っ」

はいはい、次つぎ! (^^;
えーっと、お次は「6. 愛染院」。
かと思いきや、先に7番の戒行寺へ。


7. 戒行寺(鬼平の菩提寺)
「長谷川平蔵宣以供養之碑」。

時代劇ファンにはおなじみの『鬼平犯科帳』の主人公、長谷川平蔵。
本名は、長谷川宣以(はせがわ のぶため)ですが、「家督相続後は長谷川氏の当主が代々受け継ぐ名である平蔵(へいぞう)を通称とした。(Wikipediaより)」とのこと。
『鬼平』のドラマ見たことないなぁ・・・
高橋英樹版『遠山の金さん』と、『暴れん坊将軍』はよく見てましたが (^^;

このご近所で見かけたぬこ(猫)さん。
写真撮ろうと近づいたら逃げちゃいました・・・


「アレで撮られると、たましい抜かれるニャ!」 そそくさっsweat01


8. 西念寺(服部半蔵の菩提寺)
服部半蔵のお墓がある西念寺。 ニンニン!
さすがにお墓の写真は撮れないので、代わりに境内にあった見事な枝垂桜の写真を。


6. 愛染院(あいぜんいん)(内藤新宿の生みの親・高松喜六、塙保己一の墓)

ふと上を見たら、飛行船が。

この飛行船、さっき他のところでも見たな~
もしかして狙われてる!? (←妄想乙w >自分

夕方になって、雲って風が冷たくなってきました (>_<)


9. 四谷(上智大学、外濠公園周辺の桜並木を市ヶ谷まで歩く)
外濠(そとぼり)公園、お花見されてる方が結構いらっしゃったので、撮影せず。
風除けのためか段ボールで囲いまで作って、お鍋を囲んでました。


10. 「味一献 土風炉」で宴会
ここで、桜桃さんと、お初のはますけさんと合流。

とりあえずビール(笑)とお通し。

軟骨の唐揚げ(値段わからん・・・)と、マグロとアボカドの生湯葉春巻き(714円)

名物もっちり豆冨(661円)


(画像にマウスポインタを持ってくると、あの人(?)に!)

メニューに「女性に人気急上昇」「もちっとした食感がくせになります」って書いてあったんですが、ホントにかなりの弾力があって、Leafさんが菜箸で分けようとして苦労されてました。
味はレアチーズケーキみたいなクリーミーな感じで、豆腐ぢゃないみたい!
確かに女性には人気がありそーな味でした。

タコとニラのチヂミ(682円)
写真撮る前に食べちゃった (^^;

揚げだし豆冨

じゃこのパリパリサラダ(609円)

厚焼玉子(577円)

北海道和田農園産 牛蒡のピリ辛揚げ(577円)

4等分したコロッケ。

あ゛、枝豆とおでん盛り合わせの写真撮るの忘れた・・・ま、いっか。

最後はお蕎麦で締め。
TOKIKOさんとぶんぶんさんがわさびをすって下さったんですが、凸凹の減ったおろしだったので、苦労されてました・・・

お二方が頑張ってすって下さったので、お蕎麦が美味しい~♪

漬物盛り合わせ。

たくさん食べて飲んでお喋りして笑って、楽しかった~♪
陶片木さんが、知り合いの方に「円皮鍼」(えんぴしん。ピップエレキバンよりも小さい丸いシールに細くてスッゲー短い鍼が付いているヤツ。箱根駅伝の選手が腕とか足にたくさん貼ってるアレ。私も鍼灸院で貼ってもらうことがあります)をたくさん頂いたそーで、分けて下さいました。

早速、皆さんを実験台に(ヲイ)、歩き疲れに効く足のツボや、花粉症のツボ、肩凝りのツボなどに貼らせて頂きました (^-^)
帰宅後、自分でもあちこち貼ってみたら、効果バッチリ☆
日頃ぐーたら三昧なので、今回のお江戸オフで急に1万歩以上歩いたから、絶対筋肉痛が出るだろーと思ってたのに、「円皮鍼」のおかげで翌日も2・3日経ってからも一切筋肉痛にならず。
それに、いつも寝る前に「花粉鼻でブロック」を鼻穴にグリグリ塗って寝ても、翌日起きぬけは鼻がムズムズするんですが、この日は塗り忘れたのにムズムズも鼻タレもありませんでした。
効くよね~ (σ^o^)σ
来月から、鍼灸の専門学校でしっかり勉強して、またオフ会で皆さんのお役に立てるとイイな~

お店を出て歩いてるときに撮ってみた夜桜。

見事にブレてます (^^;
歩きながら撮ってるからか、単に酔っ払ってるのか・・・

帰りの電車でぶんぶんさんと「眠いね」「寝過ごしそーですよね (^^;」なんて言ってたら、ぶんぶんさんと別れて京急に乗り換えたあと、ホントに寝過ごしました・・・ orz
って言っても、各駅停車に乗ってて、途中であとから来る特急に乗り換えよーと思ってたら寝ちゃっただけなんですが。
そのままひたすら普通電車で帰って、最寄り駅でちゃんと降りましたよ (^^;

こちらは、帰りに撮ったウチの近所の桜。
山桜はこのくらい咲いてるんですが、ヨメイヨシノはまだまだです。

Tompeiさん、ぶんぶんさん、Leafさん、ゆれいさん、天国ななおさん、TOKIKOさん、yoshiさん、aiさん&くるみちゃん&弟さん、陶片木さん、桜桃さん、はますけさん ありがとうございました!

おまけ:
こちらは、はますけさんから頂いた焼き菓子と生キャラメル。
どちらも(゚д゚)ウマー!! でした。
ありがとうございました (^-^)

| | コメント (8) | トラックバック (3)

2009/03/31

第14回お江戸オフ お花見の巻(其の壱)

先週土曜日、「第14回お江戸オフ」にお邪魔させて頂きました (^-^)

今回のコースは、

1. 丸の内線「新宿御苑前駅」集合
  ↓
2. 太宗寺(たいそうじ)(江戸庶民信仰の寺)
  ↓
3. 新宿御苑(しんじゅくぎょえん)でお花見
  ↓
4. 大木戸跡、玉川上水記念碑
  ↓
5. お岩稲荷
  ↓
6. 愛染院(内藤新宿の生みの親・高松喜六、塙保己一の墓)
  ↓
7. 戒行寺(鬼平の菩提寺)
  ↓
8. 西念寺(服部半蔵の菩提寺)
  ↓
9. 四谷(よつや)(上智大学、外濠公園周辺の桜並木を市ヶ谷まで歩く)
  ↓
10. 「味一献 土風炉(あじいっこん とふろ)」で宴会

と伺っていましたが、歴史にも疎いし、他のメンバーの方々のように江戸検定等でお江戸について勉強したワケでもないので、さっぱり・・・┐( ̄∇ ̄;)┌
適当にまとめつつ、この日を振り返ってみたいと思います。


1. 丸の内線「新宿御苑前駅」
新宿駅は、ロマンスカーVSEに乗るのに何度か降りてるケド、新宿御苑前駅は初めて降りました。 (←いなかモン (^^;
TompeiさんぶんぶんさんLeafさん、そしてお初のゆれいさん、天国ななおさん(黒一点!)と無事合流。
今日は、よろしくお願いします! (^-^)


2. 太宗寺(江戸庶民信仰の寺)
境内にあった案内板「新宿ミニ博物館 内藤新宿太宗寺の文化財」によると、

--------------------
 太宗寺は、慶長年間初頭(1596頃)に僧太宗の開いた草庵を前身とし、のちの信州高遠(たかとお)藩主内藤家の菩提寺(ぼだいじ)として発展した寺院です。
 かつての内藤新宿の仲町に位置し「内藤新宿の閻魔(えんま)」「しょうづかのばあさん」として江戸庶民に親しまれた閻魔像・奪衣婆(だつえば)像や、江戸の入口に安置された「六地蔵」のひとつである銅造地蔵菩薩など、当時の面影をのこす多数の文化財が伝えられています。
--------------------

とのこと。 ( ´_ゝ`) フーン (←説明されてもわからないw

境内入ってすぐ右手に東京都指定有形文化財 彫刻「銅造地蔵菩薩坐像」がデンッと鎮座されてます。

案内板によると、江戸時代の前期に、江戸に出入口六ヶ所に造立された「江戸六地蔵」の3番目なんだそーです。
他の5つは、品川寺(ほんせんじ)、東禅寺(とうぜんじ)、真性寺(しんしょうじ)、霊巌寺(れいがんじ)、永代寺(えいたいじ)だそーで、永代寺のお地蔵さまだけ現存してないそーな。

お地蔵さんの左側にある閻魔堂。

この中に、閻魔像と奪衣婆像が安置されてるんだとか。
1回押すと1分間だけお堂の中の照明がつくらすぃ。
どれどれ。
ポチッとな! (←ヤッターマン世代w

おぉ~っ、閻魔像!
金網越しに何とか撮影。

案内板によると、

--------------------
新宿区指定有形民俗文化財 閻魔像

 木造彩色、総高550cmにもおよぶ巨像で、目をむき大きな口をあけて見据える姿は拝観者を恐れさせ、子供のしつけのため参拝されたりしました。
(中略)
 江戸時代より「内藤新宿のお閻魔さん」として庶民の信仰をあつめ、かつては薮入り(やぶいり)(1月と7月の16日に商家の奉公人が休暇をもらい家に帰ること)に閻魔大王の縁日が出て賑わいました。
--------------------

とのこと。
庶民に親しまれてたからか、迫力はあるケド、あんまりオドロオドロしい感じはしません。
それよりオドロオドロしくて直視できなかったのは、奪衣婆像のほう・・・
コワくて写真撮れなかったから、案内板の説明だけ。

--------------------
新宿区指定有形民俗文化財 奪衣婆像

 閻魔堂左手に安置されている座像です。
(中略)
 奪衣婆は、閻魔大王に仕え、三途の川を渡る亡者から衣服をはぎ取り罪の軽量を計ったとされています。この像でも、右手には亡者からはぎ取った衣が握られています。
 また、衣をはぐところから、内藤新宿の妓楼(ぎろう)の商売神として「しょうづかのばあさん」と呼ばれ信仰されました。
--------------------

老婆に追いはぎ(違)って、芥川龍之介の『羅生門』思い出しちゃった・・・くわばらクワバラ (-人-)

こちらは、閻魔堂の向かいにある不動堂。

この中には、新宿区指定有形文化財 彫刻「三日月不動像」(額の上に銀製の三日月をもつため、通称三日月不動と呼ばれる不動明王の立像)と、「新宿山の手七福神 布袋尊像」が安置されています。
こちらもお堂内の照明をポチッとつけて撮影。

お次は新宿御苑へ!


3. 新宿御苑

新宿御苑の臨時入口で200円払って入苑。
新宿門でTOKIKOさんと合流!

残念ながら、桜はほとんど咲いてません・・・
ちょっとでも咲いてる木の下に、レジャーシートを敷いたお花見客が集まってる って感じでした。

でも、少ない桜を、黄色いチョウセンレンギョウと白いユキヤナギが補っていてイイ感じ (^-^)

濃いピンクがきれいなヨウコウザクラは結構満開でした。

--------------------
ヨウコウ(陽光)
Cerasus ‘Yoko’

 カンヒザクラと「天城吉野」から作られた栽培品種です。「天城吉野」はオオシマザクラとエドヒガンを交配させた栽培品種です。
 ソメイヨシノより少し早く、大輪一重で紅色の花が咲きます。
(案内板より)
--------------------

ヨウコウザクラ

「ヨウコウザクラ」ってどっかで聞いたことあると思ったら、会社の近くに咲いてたヤツだ~ (^o^)

さっきまでお天気がイマイチでしたが、苑内を歩いてたら晴れてきました♪

上の池

この先にある日本庭園の芝生に腰を下ろして一休み。
皆さん、たくさんお菓子を持ってきて下さいました♪ (^▽^)
(私ゃ、手ぶらでスミマセン・・・)

 

(奥から)ゆれいさんから頂いた銚子電鉄のぬれ煎餅、Tompeiさんが持ってきて下さった「たねや」の三色団子、Leafさんから頂いたヨックモックの桜クッキーとピーナッツチョコ、ぶんぶんさんの下さった「もち吉」のえん餅。
右は、TOKIKOさんから頂いた北海道旅行のお土産「十勝焼いもスイートポテトキャラメル」。

イイお天気だな~♪
さすが、晴れ女揃いのお江戸オフ。

15時過ぎに、旅行でこちらにいらしている北海道のyoshiさん、娘のaiさん、aiさんのお子さんの母娘3代&aiさんの弟さん(かな?)が顔を出して下さいました。
aiさんのお子さん、1歳5ヶ月なんですが、超カワイイ! (≧▽≦)heart04
(マスク姿のアテクシを見て、泣き出さないでヨカッタ (^^;)

yoshiさんファミリーと入れ違いで、次のご予定がある天国ななおさんがお帰りに・・・
ありがとうございました! (^-^)ノシ

yoshiさんから、なかなか手に入らない貴重な北海道土産「花畑牧場の生キャラメル」と「じゃがポックル」を頂きました。

  

皆さん、ごちそうさまでした (^人^)

池の前にあったヤマブキ。
色の名前にもなってるだけあって、ホントに鮮やかな「山吹色」です。

大好きな木瓜(ボケ)の花。
特に右側の淡いピンクのヤツ、盆栽が欲しいくらい好きです。

でも、この色の木瓜の盆栽ってないみたい。
白い木瓜の木が大きくなると、花が淡いピンク色になる(ことがある)らしいので、盆栽サイズぢゃ白いままなんだね・・・

池

巨大な白木蓮(ハクモクレン)の木。
推定樹齢 約130年だって。
スゴイ!

葉牡丹の花壇

そこから遠くを眺めると、東京タワーが!

枝ぶりが見事な桜。

桜の花アップ

yoshiさんファミリーも次のご予定があるそーで、ここでお別れ・・・
ありがとうございました! (^-^)ノシ

大木戸門で、このお花見客のどこかで宴会されていた陶片木さんと合流。

大木戸門そばのベンチの後ろのあったユキヤナギ。

大木戸門を出たところにあった桜が一番咲いてたかも (^^;

桜の花アップ

近くにこの桜の案内板がありました。

--------------------
高遠小彼岸桜

信州高遠城址公園に樹林をなす高遠固有の桜で、小ぶりで赤みを帯びた可憐な花が一斉に咲き誇る姿はまさに「天下第一の桜」と称されています。
(長野県天然記念物)
--------------------

こーやって咲いてる桜だけを集めた写真を見てると、結構満開だったよーな気がする (^^;


4. 大木戸跡、玉川上水記念碑
皆さんにくっついて、人任せで「次はどこかな~?」と歩いていると、いきなり道の脇にドデカイ石碑が!

でんっ

え?
ここが次の目的地、「玉川上水水番所跡(たまがわじょうすいみずばんしょあと)」?
でもって、このドデカイ石碑が「水道碑記(すいどうのいしぶみのき)」か~っ

--------------------
玉川上水開削(かいさく)の由来を記した記念碑で、高さ460センチ、幅230センチ。
(案内板より)
--------------------

で、こっちは「四谷大木戸跡碑」。

--------------------
四谷大木戸碑は、昭和34年11月地下鉄丸の内線の工事で出土した玉川上水の石樋を利用して作られた記念碑である。
(案内板より)
--------------------

こんなところにひっそりと(?)あるから、意識して見ないと通りすぎちゃうよね (^^;
でも、こーゆーのを辿っていくと昔のことがいろいろわかって楽しいかも (^-^)

四谷四丁目の交差点のところでずーっと見張ってたヒマそう(←仕事中~っ)な白バイ隊員。

道中、とあるマンションの前にあったきれいなお花。
桃かな?
白・淡いピンク・濃いピンク、3色揃ってます (^-^)


例によって長いから、つづく~

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2009/01/28

A Hard Day's Night

「会長、本日のスケジュールですが、10時から会議、12時から打ち合わせを兼ねてプリンセスホテルで昼食。そのあと午後2時からA社の新製品の」

「君、悪いがすべてキャンセルしてくれ。」

「え、でも・・・」

「それと、すまんがしばらく独りにしてもらえないか」

「・・・かしこまりました。」





なんてゆーやりとりは一切ありませんでしたが(だったら書くなよ (-"-;)、先週の土曜日は会長並み(?)のスケジュールでした。
(どこがぢゃ (^^;)

この日、当初は「第13回お江戸オフ」の昼と夜の部両方に参加する予定だったんですが、1月中旬に群馬の叔母ちゃんから電話があり、18日に母方のばーちゃんと伯父ちゃんの墓参りに行くとゆーので、その日に予定していたみー(ウチの愛猫)のワクチン接種を24日にし、オフ会は夜の部のみ参加させて頂くことにしました。

っちゅーワケで、24日は11時から鍼灸院、12時過ぎに終わってお昼ごはんを買い、13時に帰宅。

  
お昼ごはんに買った「よこすか海軍カレーパン」。
(販売店舗はこちら!)

30分で昼食を済ませ、車でみーを近所の犬猫病院に連れて行き、2回目のワクチン接種
14時半過ぎに帰宅した際、突然強烈な睡魔に襲われ、20分ほど仮眠 (^^;
15時過ぎに起き、支度して、電車を乗り継ぎ池袋へ。
少し早めに着いたので、某ハンバーガーショップで一息。
これから美味いモン食べるってのに、誘惑に負けて「シナモンメルツ」食べちゃいました (^^;
(だって、ずっと食べたかったんだもん(笑) でも、ちょっと甘すぎかも・・・)

食べながら、ケータイの地図アプリで目的の店の場所を確認し、待ち合わせ時間の5分前には着けるよーにハンバーガー屋を出ました。

が、見事に迷った・・・ orz
(ウルトラ方向音痴なんス、わし (^^;)
ん~、おかしいなぁ~
方向的にはこっちでイイはずなんだけど・・・
とりあえず池袋駅前のパルコに戻って、もう一回地図見直そ。

と、パルコの前に戻ったとき、ぶんぶんさんからメールが!
助かった~っ
迷子になった旨を伝えたら、電話で道順を教えて下さったので、何とか到着。
こんなに近かったのね (^^;

池袋駅前の地図

左下が池袋パルコです。
赤いほうが正しいルートで、青いのが間違えたルート (^^;
緑色の○が、お茶してた某ハンバーガーショップ。
駅前まで戻らずに、そのまま大通りを渡ってまっすぐ行けば目的地だったのか・・・

桜桃さんがお店の前で待っていて下さいました。 (^。^;) ホッ
お待たせしてスミマセン!sweat01

今回は新年初オフとゆーことで、ちょっとリッチに『とらふぐ亭』で「泳ぎてっちりコース」を食します (^-^)
ぐるなびホットペッパーにクーポンありまっせ~)

メンバーは、Tompeiさん桜桃さんぶんぶんさんTOKIKOさん陶片木さんhichaさん、そして今回初対面のちえさん。
女性ばかり8人で、にぎやかにテーブルを囲みます (^-^)

まずはビールとお通し。
とらふぐの皮の・・・何だっけ?

一品目のてっさ(ふぐ刺し)。
これで1人前です!

ふぐ刺しは、郵便局のふるさと便で頼んだことがあるケド、厚みが違う!
適度な歯ごたえで、噛む度に旨味がじわ~っ (o ̄▽ ̄o)

ぶんぶんさんが「何でふぐのお刺身が“てっさ”なんだろ?」と何気におっしゃったら、すかさず関西出身の桜桃さんが説明して下さいました。
「大阪では、ふぐのコトを“てっぽう”って言うのね。(毒に)当たるから。で、“てっぽう”の刺身だから“てっさ”、“てっぽう”のちり鍋だから“てっちり”。」

おぉ、なるほど!
K村拓哉で払(←キム)タク、T川悦司でトヨエツ みたいな感じで略してたんですね。
じゃあ、マグロの刺身は“まぐさ”?
って、それぢゃ馬草(まぐさ=飼い葉)みたいぢゃん (^^;

単品で頼んだ唐揚げ(左)とふぐの皮せんべい(右)。
ビールに合いますね~♪

  

メインの「泳ぎてっちり」の具材さんたち登場!

おおぉ~っ (゜o゜)
「泳ぎ」って言うだけあって、切り身がピクピク動いてる!
まずダシが出るよーに骨のついた身を入れます。
同じくダシの出る椎茸や白菜の軸も投入~
うひゃっ!
この竹製のトング、滑って取りにくい!
活きのイイふぐの切り身だけちゃなく、野菜も豆腐もつるんつるんお皿から逃げていきます。
こりゃ、新鮮だね~ (^^; (←あまりにも取りづらいんで、若干イヤミw
お店の方に訊いたら菜箸はないそーなので、フツーの割り箸をもらってそれで取りました。

お、煮えてきましたよ~♪

お隣の席の桜桃さんが「ほら、アリスさん、食べて食べて!」「これ、もう煮えてるよ!」と、いいタイミングで小皿に入れて下さいました。(多謝!)

私がチマチマ食べてる間に、他の方は手際よく鍋に具材を入れたり取り分けてます。
皆さん、さすが主婦!
食べてばかりで気が利かないヤツでスミマセン・・・

もんじゃ奉行はTompeiさんと陶片木さんだそーですが、鍋奉行は誰かな~?(笑)
火の番人(?)は、たまたま火力調整スイッチのそばに座ったぶんぶんさん。
こまめに調節しなきゃいけないから、「(火を)強くして~」「弱めて下さ~い」って声が飛び交って、大忙しでしたsweat01 (多謝!)

1鍋4人前だったんですが、ほぼ具材を食べ終わった鍋をそれぞれ見比べて、
「こっちのお鍋のほうがダシの色が濃いよ」
「ホントだ!何で?」
「こんぶ取り出してないからよ~」
なんて、ちょっとしたことで大盛り上がり! ヾ(^▽^)ノ

シメは、そのダシにごはん、溶き卵、薬味を入れてふぐ雑炊にしていただきます。

個室入口寄りの鍋の分はお店のおねーさんが作ってくれましたが、個室奥のは「お客様でお願いします」とのことだったので、何やら独自の味付けに・・・
 ↑
って、大袈裟な (^^;
おねーさんが作ったのより、ちょいと塩と醤油が足されただけで、どちらも美味しく頂きました♪ (^-^)

途中で頼んだひれ酒(左)に、デザートのバニラアイスの黒蜜かけ(右)。

  

ぷは~っ、食った食った! (o ̄▽ ̄o)
たまにはこんな贅沢もイイよね~♪

まだ時間が早かったので、『とらふぐ亭』のあとは某ハンバーガーショップでちょっとお茶してから解散。
ご一緒して下さった皆さん、ありがとうございました!
こんなヤツですが、また遊んで下さいね (^-^)


おまけ:
今回もお土産を頂きました。
ありがとうございました♪ (^o^)

右:blogにぬこ(猫)を飼い始めたことを書いたので、同じくぬこを飼っていらっしゃるTOKIKOさんがカーペット用の毛取りを下さいました。
これ、イイ!

左:hichaさんお手製のガトーショコラ。
中がしっとりしてて、チョコの味がしっかりして (^д^)ウマー!!


ちなみに、私が今回持って行った手土産はこちら!

横浜銘菓 ありあけの『ハーバー』のチョコレート味、その名も『黒船ハーバー』。
「横濱開港150周年記念商品」だそーです。
10年位前に倒産したありあけが復活したのは知っていましたが、新商品が出ていたとは!
ちょっと前に友達から聞いて、自分でも食べてみたくてコレにしました。


* タイトルは、言わずと知れたビートルズの曲から。


【お詫び】
なぜか、桜桃さんとぶんぶんさんにトラックバックが送れません・・・
何度か送ってみますので、間違えてたくさん届いてしまったらごめんなさい。

| | コメント (9) | トラックバック (6)

2008/10/26

上野オフ[2]

まずはこちらを。
上野オフ[1]
--------------------

見終わって建物を出る頃には、もうすっかり日も暮れてました。
人酔いしちゃったし、歩きすぎて足イタイ・・・
こーゆーとき、日頃の運動不足を痛感するよなぁ (^^;

夜の東京国立博物館 本館。

お腹空いたし、喉渇いた・・・
思えば、14時に集合してから3時間半、一度も休憩しませんでしたモンね。
そろそろ宴会場(?)に行きましょう!

宴会場に行く途中、上野公園で見かけた大道芸。
イスを何個も積み上げて、その上で逆立ちしてました。
スゴイね!

今回の宴会場は、JR上野駅 不忍改札の山下口を出てすぐのバンブーガーデン2Fにある「音音」。
ひゃ~っ、バンブーガーデンだって!
懐かしいですね~ >style-TKさんじまぁさん
(私はなぜか記事にしてなかったみたい・・・なじぇだ???)

まずはビールで乾杯!

牡蠣フライ。
これからが旬ですモンね (^-^)

お好みおばんざい三点盛り。
6種類から選べるので、2つ頼んで全種類食べました。

まずは3種類。
左から、
炙り秋茸と京菊菜のお浸し
鯖燻製のきのこおろし和え
ほっくり栗かぼちゃの鶏そぼろ餡掛け

おばんざい、もう3種類。
左から、
秋茄子の胡桃味噌掛け
まるごと秋蕪の干し貝柱スープ煮
静岡産セロリのきんぴら

京新香と唐寿美(からすみ)の大根サラダ

串焼き各種

黒大豆のできたてあったか豆冨。
コレ、タイムサービスで、18時にできたばかり!
京都木屋町 近喜豆冨より直送の豆乳と岩手県産黒大豆の豆乳を使っているそーで、シンプルにお塩とわさびだけで頂いてみましたが、濃厚で甘みのあるお豆冨でした (^-^)

男爵じゃが芋のとろりカマンベールチーズ揚げバター醤油添え

お新香盛り合わせ

いや~、飲んで食って楽しかった♪
このメンバーで食事すると、ホントに笑いが絶えないんですよ。
これだけ笑えば、ナチュラルキラー細胞も活性化したよね? (* ̄▽ ̄*)v

お店の入口にあったハロウィーンのディスプレイ。

お店から上野公園に向かう階段の上にあった、天の川ちっくな電飾。

食後は、「うえの華灯路 浮世絵行燈(うえのはなとうろ うきよえあんどん)」を散策。
浮世絵師 歌川広重の「名所江戸百景」の中から上野を描いた浮世絵10点を行燈にしたものだそーで、11月3日まで開催されているよーです。

夜景モードで撮ったり、フツーに撮ったりしてたんだけど、なかなかうまく撮れません。
ムズカシス・・・

行燈の後ろにいたぬこ(猫)さん。
フラッシュたいちゃったから、目が光ってます。
もっと夜遅くなると、化けぬこになって、行燈の油をぺろ~りぺろり・・・
ンなこたぁないっ(笑)

今回も皆さんからたくさんお土産を頂きました (^-^)
シアワセだな~(by 加山雄三w)

左上から、
hichaさん手作りのパウンドケーキ
自家製梅酒の梅を使ったんですって!

Tompeiさんから頂いたラ・テールのハニー・ベア。
公式サイトによると、「岩手県、藤原養蜂場の「菩提樹の花」からとったハチミツを使った、ラ・テールの自信作。」だそーです。
焼き菓子がクマさんの形でカワイイ♪

コーヒー乃川島のLucky COFFEE!とLucky TEA!はぶんぶんさんから。
ぶたさんのパッケージがカワイイです♪

惑さんがご自身のblogで「絶品!」と書いていらした瑞穂の豆大福&北海道のほたて貝柱のおつまみ。

桜桃さんからは埼玉銘菓「彩果の宝石」を頂きました。
美味しいんですよね~、これ!

皆さん、ホントにありがとうございました!

私はとゆーと、高校のときバイトしてた和菓子屋さんのお菓子を持っていきました。
このお店のお菓子はどれも美味しいので、どれにしよーか迷って、今回は「横須賀の梅」をチョイス。
(あ゛、写真撮ってなかった・・・)
外側は栗まんじゅうと同じ感じで、中に赤梅の甘露煮が丸ごと入ってます。
横須賀にも梅林があるので(行ったことないケド・・・)、そこにちなんだのか、そこの梅を使ってるのかも。

ちなみに、コレは自宅用に購入。

くるみあんをパイ生地で包んだ「横須賀ストーリー」というお菓子です。
(「横須賀ストーリー」って百恵ちゃんの曲だよね。)
他のお菓子にも横須賀にちなんだ名前が付いているので、お土産にはピッタリなんですよ (^-^)


おまけ
 ↓

続きを読む "上野オフ[2]"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

上野オフ[1]

昨日は、いつもblogでお世話になっている惑さんTompeiさんhichaさん桜桃さんぶんぶんさんとオフ会してきました!
一旦北海道にお戻りになられた惑さんが、お仕事の関係で11月初旬まで都内にいらっしゃるとのことなので、じゃあ、こちらにいらっしゃる間にオフしましょう とゆーことになりまして。

今回は、上野で美術館&博物館めぐり。
ちょっと早めに行って軽く何か食っとこ と思い、待ち合わせの30分に上野に着いたんだけど、公園口ってお店ないのね・・・ (←いなかモン丸出し (^^;
独りで駅前をウロウロしているぁゃιぃわし。
結局、山下口にまわって、アトレのスタバへ。
ほぼ満席だったので、席を探してココでもウロウロ・・・
不審極まりないわな (^^;

ちょっとだけ一息ついたら待ち合わせ時間になったんで、再び公園口へ。
皆さん、もうお揃いでした。
(桜桃さんは途中から合流とのこと。)
今日はよろしくお願いします! (^-^)

まるで学芸員のよーな惑さんに案内され(ホントにいろいろとお詳しいんですよ!)、まずは『国立西洋美術館』へ。
国立(こくりつ)だよね?
国立(くにたち)ぢゃないよね?(笑)
この美術館、毎月第2・第4土曜日と文化の日(11/3)は常設展のみ無料なんですって!

庭園は常時無料解放で、あちこちにロダンの有名な彫刻が置かれてます。

ロダンといえばやっぱりコレでしょう!

いや~

最近さ、

出ないんだよね・・・

ロダンの代表作、「(そろそろコー●ック使おうかどーしよーか)考える人」。(笑)
彼には便秘薬と上手に付き合って頂くとして(^^;)、中に入りましょう。

館内はフラッシュなしなら撮影OK!
なんですが、「コレ!」と思うよーな作品がなかったので、ほとんど撮ってません・・・

2階に上がる階段のところにこげなものが。

「どうぞ御自由にお持ちください。」と書かれていたので、頂いてきました。
「Mini Museum」(ミニ・ミュージアム=小さな美術館)だそーです。
コレを線どおりに切って折ると・・・

こうなります。

左から、
果物籠のある静物/コルネリス・ド・ヘーム
ゲッセマネの祈り/ジョルジョ・ヴァザーリ
自画像/マリー=ガブリエル・カペ
地獄の門/ローギュスト・ロダン ←「考える人」は、もともと「この門を構成する群像の一つとして造られたもの」(Wikipediaより引用)だったんですね~
アルジェリア風のパリの女たち(ハーレム)/ピエール=オーギュスト・ルノワール
陽を浴びるポプラ並木/クロード・モネ
ばら/フィンセント・ファン・ゴッホ

あと、最初の作品の脇にこげなものが。

コレ、なんだべ?
温度か湿度を管理するヤツかな~?
と、「国立西洋美術館」をWikiってみたら、

--------------------
免震への取り組み

国立西洋美術館は、1998年に地下を含めすべてを地盤から絶縁する大規模な免震レトロフィット工事を行った。これは本格的な免震レトロフィット工事としては日本初のものである。これにより、ル・コルビュジエの建築だけでなく、人命と作品も地震から守り、美術館として安全に使い続けることが可能となった。また、前庭の彫刻にも免震台を設置するなど、建築物や芸術作品を地震から保護することに積極的である。免震のメカニズムを解説したパネルを添えるなど、その重要性を伝えている。
(Wikipediaより引用)
--------------------

って書いてあったから、もしかして地震計かも。

この美術館で唯一撮影した作品はこちら。

あまりにも有名なモネの「睡蓮」です。

--------------------
クロード・モネ(1840年-1926年)
睡蓮
1916年
油彩、カンヴァス
松方コレクション

50歳を越えたモネはシヴェルニーの自宅で、池を配した庭園造りをはじめました。周囲に柳などの樹木や花を植え、太鼓橋がかけられた池には睡蓮が育てられ、モネはそれを繰り返し描くようになります。睡蓮の浮かぶ水面は天候や時間帯によって刻一刻と表情を変え、モネの関心は尽きることがありませんでした。当館所蔵の《睡蓮》が描かれたときには、すでに20年近く睡蓮を描き続けていたことになります。花や葉、水面に揺れる影などに見られる、細部を大胆に省略した表現は、次の世代に表現主義やさらに後の抽象絵画にもつながるものとしばしば指摘され、モネの革新性を示すものといえます。
(作品横の案内板より)
--------------------

コレがタダで見られただけでも来た絵画・・・いや、甲斐があったかも (^-^)
お次は、お隣にある『国立科学博物館』へ。
国立(こくりつ)だよね?
国立(くにたち)ぢゃないy(ry

って、さっきから気になってたんだけど、外に出ると何か生ゴミみたいなオイニー(ニオイ)がするんですケド・・・
上野公園っていつの間にそんな無法地帯に・・・?
と思ったら、銀杏のニオイでした (^^;
銀杏、食べると美味しいんだけど、このオイニーはチトね・・・sweat02

おぉっ、科学博物館の前にD51(デゴイチ)が!

フツー撮るでしょ! o(≧▽≦)o
あれ?撮ってるのわしだけ?
あ゛、皆さん、遠巻きにあったか~い目(かわいそうな人を見るときの目w)で見てる・・・ (-_-;

600円で入場券を買って、まず『全球型映像施設「シアター36○(シアター・サン・ロク・マル)」へ。
「シアター36○」は、『愛・地球博』で人気だった「地球の部屋」がココに移設されたものなんだとか。
(詳しくはこのへんをさくっと読んで頂ければ。)

♪ルールルルルル ルールルルルル ルールールールールールルー

そりゃ、「徹子の部屋」ぢゃ! >アホか、わし

今回は、『愛・地球博』でも使われていた「生命(いのち)のきらめき」と科学博物館オリジナル映像「マントルと地球の変動-驚異の地球内部-」が上映されました。
360度全面スクリーンになってるので、まるでホントに海底に潜ってるみたいだったり、ふわ~っと空を飛んでるみたいな感じ!
コレ、楽しい♪
読者の皆さんにも映像をお見せしたかったんですが、撮影禁止でした・・・

常設展をちょいと早足で見たら、お次は『東京国立博物館』へ。
東京国立博物館なんて、高校1年のときの社会科見学で来て以来かも (^^;
当時は、確かメインの展示がミイラだったんだけど、何か「近づくな」オーラが出てて直視できなかったんだよね・・・
今回は、「秋の庭園開放」と「大琳派展」。
この日のメインイベントです。

本館

この写真を撮ってたら、突然近くにいた外国の方に「Can you take our photo?」(写真撮ってもらえますか?)と言われました。
ひぇ~っ、英語! (←当たり前ぢゃ
引きつった顔で「オ、オーケー (^^;」と言ってシャッター押したケド、ちゃんと撮れてるかな?

ここで桜桃さんと合流し、本館北側の庭園を散策。

本館を裏から。

表慶館。
特別展「スリランカ-輝く島の美に出会う」開催中。

平成館で開催中の、尾形光琳生誕350周年記念「大琳派展-継承と変奏-」。
(入場料、1,500円!たけぇ~sweat01 でも、重要文化財満載だから、それでも安いくらいなのかも。)

超有名な尾形光琳の「風神雷神図屏風」(重要文化財っスよ、奥さん!)をはじめ、味のある陶器や金箔を施した硯箱、華やかな柄の振袖などなど、「琳派」の作品がずらりと展示されてました。

ここだけの話、ぢつは、最初に惑さんから「大琳派展」という言葉を聞いたとき、大リンパ展(リンパ腺とかのリンパ)だと思っていたわし (^^;
『人体の不思議展』とか、科学博物館でやってる『特別展 菌類のふしぎ-きのことカビと仲間たち』みたいなのかと・・・(恥;)

展示会場は2階です。
この階段、映画『タイタニック』に出てくるヤツみたい。

うひゃ~っ、ものすごい人・人・人!!! (@_@;)
あの流れにくっついて1つ1つじっくり見てたら、3日経っても見終わんないだろーから、「コレ!」と思ったもの以外は遠巻きにざっと見ただけでした。
でも、よくあの時代に描いたものがイイ色のまま残ってるよね~
(多少は修復してるんでしょーが。)

今回の展示の音声ガイド(機械&イヤホン。有料)の方のお名前、「槇 大輔」って書いてあったから、てっきりEXILEのMAKIDAIクンかと思って、借りればヨカッタかな~ と思いつつ、あとで桜桃さんに訊いたら、「違う違う!あの朝の連ドラ(NHK『瞳』)の声ぢゃない。もっとおぢさん(の声)だったよ」と。
帰宅後、Wikiってみたら、「槇 大輔」さんって60歳代のナレーターの方でした。
MAKIDAIくんは、「槇」ぢゃなくて「眞木」だったし。
「木」と「眞」を左右逆に覚えてたのね (^^;

長くなっちゃったんで、続く!
(何で毎回簡潔にまとめらんないんだろう・・・ orz Tompeiさんに「記録魔」って書かれたくらいだから、ま、いっか (^^;)

| | コメント (8) | トラックバック (4)

2008/08/05

第11回お江戸オフ

土曜日、10回目に続いて、またまた「お江戸オフ」にお邪魔してきました!
11回目の今回は、桜桃さんTompeiさんぶんぶんさん陶片木さんTOKIKOさんくっきもさんと私の7名。

15時に湯島駅で待ち合わせとのことなので、京急で終点の泉岳寺(せんがくじ。品川の次)まで行って、そこから都営地下鉄で三田まで。
三田で都営地下鉄三田線に乗り換えて大手町まで行き、そこから東京メトロ千代田線で湯島駅を目指します。

三田線 三田駅ホームの安全柵に点字標示がありました。
(安全柵のドアに向かって左手にあります。)

文字では「3号車3番ドア 目の不自由な方のためのシートです。大切にしましょう。」と書かれていますが、点字では

4番線 西高島平 方面
3号車 3番ドア
→先頭(1号車)

と書かれています。
(括弧の点字が判んなくて、帰宅後、点字一覧表で確認しました。ナサケナイ・・・)

三田駅から5つ目の大手町で千代田線に乗り換え。
三田線は巣鴨に行ったときに乗ったケド、千代田線に乗るのは初めて!
東京の路線は複雑過ぎてわからん・・・ (-_-;
大手町駅のホームから改札までの階段を上ってたら、なぜかめちゃめちゃタバコ臭かった・・・ (x_x;)
ちゃんと換気してよね~・・・

何とか乗り換えて、大手町から2つ先の湯島で、無事皆さんと合流。 ホッ (^。^;)
まずは、湯島天神へ!
(詳しくはこちら。)

皆さん、しっかり地図やガイドブックを持参されてます。
さすが!
一番若輩者なのに、人任せでスミマセン・・・

それにしてもあっっっつい!!!
ちょっと歩いただけでケツ汗がああぁぁぁ~~っっsweat01

そんなこんなで、湯島天神に到着。

湯島天神の表鳥居

表鳥居の横にあった説明書き。

--------------------
湯島天満宮

 社殿は平成7年(1995)総檜木造りとして造営された。平成5年(1993)お木曳き(造営の開始)の神事が行われ、遷座祭(完成)まで2年7か月を要した。
 祭神は菅原道真(すがわら みちざね)である。伝承によれば文明4年(1355)湯島の郷民が霊夢によって老松の下に勧請したといわれている。その後、太田道灌(おおた どうかん)が社殿を再興し、江戸時代になって、徳川家康やじめ歴代の将軍があつく庇護し隆盛をきわめた。かって、湯島天満宮は“湯島天神”として知られ鳥居前には町もでき人々の往来で賑わった。
 ・銅製表鳥居(都指定文化財) 寛文7年(1667)9月創建され、同11年(1671)修理した銘がある。下脚部に唐獅子頭部の装飾は鳥居としては特異なものである。
 ・奇縁氷人石(きえんひょうじんせき) 嘉永3年(1850)10月江戸で初めて建てられたもので、右側面に「たづぬるかた」左側面に「をしふるかた」とある。迷子探しの石で都内でも貴重なものである。

―郷土愛をはぐくむ文化財―
文京区教育委員会
--------------------

一応「お江戸オフ」に参加してるんだから、少しはそれらしいこと書かないとね (^^;
(「太田道灌って誰~?」って方はこちら。江戸城を築城した武将だそーな。日暮里駅前には道灌さんの銅像があるらすぃーよ。)

湯島天神 社殿

お参りをして、おみくじを引いてみたら、吉でした。
いつも凶を引いていらっしゃるとゆー桜桃さんは今回は小吉、くっきもさんは大吉だったよーです。

おみくじに書かれていた歌。

--------------------
うつくしや 紅の色なる 梅の花
阿呼が顔にも つけたくぞある
(菅原道真公御歌)
--------------------

調べてみたら、「阿呼(あこ)」とは道真公の幼名だそーで、5歳の時に庭の梅を見て詠んだ歌なんだとか。
5歳にして女装癖があr(違)

おみくじで気になった項目。

--------------------
○願望 おそけれど思いのままなるべし ←「思いのまま」ね ( ̄ー ̄) ニヤ
○待人 音信あり来たる ←電話、メール、手紙バッチコーイ!! щ(`Д´щ)
○旅行 色情(いろごと)をつつしめ ←そんなぁ~っ!「生まれもってのスケベ」なのに・・・ (^^;
○方角 西南の方よし ←ウチ(横須賀)から西南って・・・ドコ?
○病気 なおる ←足の赤いポツポツ、だいぶ治ってきました (^-^)
○縁談 良縁必らず調う。あせらずに待て ←あせらずに待ってたら、80歳とかになったりして (^^; 求ム、茶飲み友達(爆)
--------------------

湯島天神の裏門

これは裏門。
そのすぐ下は「切通坂(きりどおしざか)」とゆー名前なんだそーで、そこにも文京区教育委員会の説明書きがありました。

--------------------
切通坂

 『御府内備考』には「切通には天神社と根生院(こんじょういん)との間の坂なり、是後年往来を聞きし所なればいるなるべし。本郷三、四丁目の間より池の端(いけのはた)、仲町へ達する便道なり、」とある。湯島の台地から、御徒町方面への交通の便を考え、新しく切り開いてできた坂なので、その名がある。
 初めは急な石ころ道であったが、明治37年(1904)上野広小路と本郷三丁目間に、電車が開通してゆるやかになった。
 映画の主題歌「湯島の白梅(しらうめ)」“青い瓦斯灯(ガストウ)境内を 出れば本郷切通し”で、坂の名は全国的に知られるようになった。
 また、かつて本郷三丁目交差点近くの「貴之床(きのとこ)」(本郷2-38-9・新井理髪店)の二階に間借りしていた石川啄木が、朝日新聞社の夜勤の帰り、通った坂である。
  二晩おきに夜の一時頃に切り通しの坂を上りしも 勤めなければかな  石川啄木
--------------------

啄木さんも通った切通坂をあとに、次なる目的地はここ!
大正2年創業の和菓子「うさぎや」さんです。
屋根の上のうさぎさんがカワイイ♪

御和菓子舗 うさぎや  屋根の上に鎮座されているうさぎさんの銅像

ここのどら焼きが有名なんだそーで、皆さん ご家族の人数分買われてました。
私も自分のと母ちゃんの分を購入。

ここ、喫茶店併設ぢゃないのね・・・
うさぎやさんに来るまでの間に、美味しそうな甘味処があったなぁ~
小腹も空いてきたし、一休みしませんか?

などとワガママを言い(グズる子供かっ!ホント、スミマセン・・・)、「喫茶・御菓子司 つる瀬」さんへ。

私が注文した「クリームあんみつ」。
1人だけガッツリ食べてる、KY(空気読めない)なヤツ (^^;

Tompeiさんご注文の「わらび餅」

桜桃さん、ぶんぶんさん、陶片木さん、TOKIKOさん、くっきもさんがご注文された「ふく梅」

ここで、くまさんご登場!
他の飲み会の時間までご参加頂けるとのこと。
「アリスさん、鉄ヲタだって書いてたから・・・」と、何やら紙袋を取り出すくまさん。

こ、これは! Σ( ̄□ ̄; )
「都電もなか」ぢゃないですか~っ♪ (((d(≧▽≦)b)))

「都電もなか」の包み

都電もなかの外箱

外箱が車庫になってて、その中に車両を模した小箱が入ってて、1輌に1つずつもなかが入ってるんですね。
うぉ~っ、スゲー凝ってる!(萌)

アテクシのあまりの食いつきっぷりに、皆さん若干引いておりました (^^;

珍怪魚ツレタ… ( ; ̄д ̄)@/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~>´)))< sweat01

1人で大騒ぎしているアホなぷち鉄ヲタに、「はい、撮って撮って!」と、さっとテーブルを片付けて下さった皆さん、ありがとうございました (^-^)
しかも、「全車両持って帰って!」と、私だけ5個ももなかを頂いてしまい、申し訳ありませんでした。(多謝!)
「ぷち鉄ヲタ」って言っとくもんだな~
あまりの嬉しさに、記事の最後でも詳しくお伝えします。(笑)

「都電もなか」に萌えたあとは、「旧岩崎邸庭園」へ。

三菱財閥3代目社長、岩崎久弥が茅町本邸として用いた屋敷(Wikipediaより)のうち、現存する洋館・撞球室(ビリヤード場)・和館が重要文化財に指定されてるんだとか。

洋館 正面

こーゆーお屋敷を見ると、つい

J◎-◎しΨ☆Ψ(´┏∀┓` ) ルネッサーンス!
  ↑
お笑いコンビ「髭男爵」の1行AA(笑)

ってやりたくなるのは私だけ? (^^;

あ゛、靴脱ぐのね・・・
今日は靴脱ぐよーなトコないからイイや と思って、5本指靴下はいてきちゃった (^^;
ま、いっか。

玄関入って右手に暖炉があります。

左手の大階段のホールにも暖炉。
暖炉の上の鏡に、大階段が写ってます。

--------------------
大階段

 1階ホールから2階へと続く大階段は、支柱のない構造となっている。ホールにある一対の化粧柱、華麗なアカンサス風の花模様で装飾された手摺が設けられている。また、地階へ続く階段は螺旋階段となっている。
--------------------

これがその大階段のホール。
残念ながら、地階へは行けないよーです。

大階段を上って2階へ

2階

うわっ、壁紙が金色!
さすが財閥のお屋敷って感じ。
花輪くん(ちびまるこちゃんに出てくるお金持ちのお坊ちゃん)が出てきて、「いやぁ、レディーたち。そのへんに座ってくつろいでくれたまえ」とか言って、ひでじいが紅茶とフランスのお菓子を持ってきてくれそう (^^;

この壁紙、「金唐革紙」ってゆーんだって。
「曲線紋様」という作品。
触って楽しめるよーになってます。

ちなみに、「金唐革紙」って何て読むのかわかんなかったケド、上の作品のところに点字標示があったので、わかりました (^^;

「きんからかわし」 きょくせんもんよー
と書かれています。
(またもや、括弧の点字が判らんかった・・・ orz)

婦人客室

こちらは、婦人客室の隣の部屋(バルコニーに面した部屋)の金唐革紙。
「花と曲線」という作品です。

この作品の点字標示

金唐革紙 製作工程。
右から、
1. 楮(こうぞ)・三椏(みつまた) 合紙
2. 錫箔(すずはく)おし
3. 打ち込み
4. ワニス塗り
5. 彩色

バルコニー。
開放的で風が気持ちイイから、「花と曲線」の壁紙の部屋に天蓋付きベッド(こーゆーヤツ)置いて、ちょっとお昼寝した~い!
イイ夢見られそう(笑)

バルコニーの端から見た洋館の外観。
あの開いてる窓から、捕らわれのお姫様を助けに行けそーだな。 (^皿^) なんちて
と思ったら、あそこ確かトイレだったかも・・・ orz

3階(屋根裏部屋?)への階段。
地階にも行けなかったし、ココも立ち入り禁止。
残念・・・

【追記】
この階段、召使用なんだそーです。
(そーいえば、他のところにもあったな・・・)
召使さんたちは、大階段使っちゃいけないんだって。
(情報提供:ぶんぶんさん。ありがとうございました!)

1階に戻ってきました。
ここはサンルーム。
貴婦人たちがお紅茶なんか飲みながら、優雅なひとときを過ごしていたんでしょうね。

バルコニーの真下。
床が寄せ木細工になってます。
お金持ちって、こーゆートコにカネかけるのね~
庶民には理解できないこだわりがあるのかも・・・ (^^;

バルコニー側から見た外観。
あ~、アレだけベランダ(笑)が広かったら、家族分の布団いっぺんに干せるだろーなぁ・・・ とか考えちゃうわしは、とても玉の輿には乗れません (^^;

洋館の窓から、隣の和館を望む。

この先が和館。
建物同士がもっと離れてるのかと思ってたケド、洋館とつながってるんだ~。


洋館の勝手口(?)のドアのステンドグラス。
「洋」のテイストはここまで。
ここからは和風です。

和の庭園

廊下

大広間

和館の外観

このあと、17時から洋館脇の撞球室(ビリヤード場)のところで「土曜コンサート」があるとゆーので、ちょいと聴かせて頂くことに。

クラシックをピアノと歌で って感じだったんだけど、まぁ、音楽についてはドシロウトなんで、演奏については何にも言えませんが、アゲアシ取りな性分なモンで、音楽以外で1点だけ (^^;
ピアニストのおねーさん、冒頭の挨拶で「この昼下がりのひととき」って言ってたケド、17時過ぎに「昼下がり」はないっしょ~sweat01
(昼下がり:正午を少し過ぎた頃)

なんて、どーでもイイことが気になっていたのでした。(笑)

そんなこんなで、まったりと昼下がり(笑)のコンサートを楽しんでいたら、そろそろお店の予約の時間!
失礼と思いつつ、演奏の途中でこっそり抜けて、旧岩崎邸庭園を後に。

・・・しよーと思ったら、門のところにぬこ(猫)さんたちが♪
警戒してたんで、そっと近づいて撮影。

  

くまさんと陶片木さんとは、残念ながらここまで。
残る6名は次なる場所へ。

蓮でいっぱいの不忍池を見ながら、上野公園を横切って目指す先は、「上野精養軒」の屋上にあるビアガーデン!
(緑の屋根の建物の後ろにあるのが精養軒。)

蓮の花。
蕾でも十分綺麗です (^-^)

ビアガーデンからは上野公園一望!
風も気持ちイイ~!

お、ビール来た来た♪
あんまり歩いてないケド、暑かったからウマー! (≧▽≦)b-☆

ビールと枝豆  サーモンにポテトフライ

鉄板焼きとポップコーン  チーズ盛り合わせ

クラッカーチーズ乗せを食べよーとつまみ上げたら、あまりの湿度の高さにクラッカーが湿気まくり、チーズの重みでもろもろと崩れました・・・ (-_-;

一望できた上野公園は、1時間後にはステキな夜景に。
遠くのほうに、どこかの花火大会の花火が見えました。


おまけ:
今回も、皆さんから嬉しいお土産が!

右:くっきもさんお手製のバナナケーキ。めちゃウマでした!
真ん中:ぶんぶんさんから頂いた虫除けリストバンド。シトラスのイイ香りがします (^-^) ビアガーデンで重宝しました。
左:うさぎやのどら焼き。

ちなみに、私が持って行ったのは、モンドールさんの「カレーの街サブレ」。
この前モンドールさんに行ったら、定休日でもないのに閉まってたから、てっきり辞めちゃったのかと思ってたケド、アンテナショップ(?)には出荷してるよーです。
バラ売りはしてないケド、「よこすかカレー物語」(焼き菓子)も健在でした (^-^)

さてさて、こちらは、くまさんから頂いた「都電もなか」。
あ゛、もしかしてまたディスプレイの前で引いてます? (^^;

車庫(外箱)の前に、5車両並べてみました。

中身のもなかも都電型!

紙袋もカワイイ♪
「東京に一つだけ残った
チンチン電車の通る街
梶原に生まれた都電もなかは
なつかしい思い出
ばなしがはずみます。」

包装紙。
都電荒川線の路線図が描かれてます。

そこに貼られた、原材料とかが書かれたシール。
内容量、「10個」ぢゃなくて「10輌」だって。
くぅーっ!ヲタ心をくすぐるね~っ

ご一緒して下さった皆さん、ありがとうございました (^-^)
今回はつい本性(?)が出て、ドン引きさせてしまいましたが、これに懲りずにまた遊んで下さいね!

| | コメント (11) | トラックバック (6)

2008/07/07

4周年オフ☆

前回、ついに1000記事を達成し、今回は1001記事目です。

1001回目のプロポーズ (←900回多いわぃっ
星野1001 (←ヲイ

ってなワケで(どんなワケぢゃ)、記念すべき1001記事目は、土曜日に行われた「4周年記念オフ会」について書いちゃいます!

今年の4月1日に4周年を迎えた当blog。
同じく4周年の方々とオフすることになりました (^-^)
毎年こーやって一緒にお祝いできるのってイイね♪

今回のメンバーは、私を入れて6人。
blogバースデーが同じ涼さんTompeiさん、4ヶ月先輩のぶんぶんさん、半年後輩の桜桃さん、そして同じ年の4月にココログを始めたtakoさん
涼さんは、去年の3周年オフ以来。
Tompeiさん、ぶんぶんさん、桜桃さんは3ヶ月ぶり。
takoさんには初めてお会いしました。
穏やかな感じのかわいらしい方でした (^-^)
外見から、私と同じくらいか私よりも若いと思っていたので、実年齢を聞いてビックリ!
年上には見えな~いっ!

去年まで一緒にお祝いしていた惑さんは、お仕事の関係でご自宅のある北の国に戻ってしまわれたので、今回は残念ながらお会いできませんでした・・・
機会があればまた遊んで下さいね~ >惑さん

今回の会場は、桜桃さんが予約して下さった、『ジャパニーズトラットリア Den 表参道』。
ぢ、ぢつは半蔵門線、初めて乗りますた・・・ (←いなかモン(^^;

無事に皆さんお揃いになり、まずはワインで乾杯☆

blog更新、もっと頑張れや~い!

J◎-◎しΨ☆Ψ(´┏∀┓` )
  ↑
コレ、髭男爵の1行AAだってw

いろんなものを頼んで、皆でちょっとずつシェア。
これだといろいろ食べられるから、1人1皿注文するよりもシェアするほうが好き♪
ちなみに、いつもblogの容量をケチって画像サイズをかなり小さくしてるんですが、今回はリクエストがあったので、いつもより少しだけ大きくしてみました (^-^)

茄子とカジキのバルサミコマリネ

マダイのカルパッチョ

DEN風おすすめサラダ

ぷりぷり海老とバジルの春巻き スパイシーなトマトソース

大山鶏ときのこのゼリー寄せ

新鮮魚介のアクアパッツァ 柚子風味
水だけで煮込んだスープなんだとか。
魚介の旨みがしっかり出てて (゚д゚)ウマー!!

雲丹のクリームパスタ きざみ山葵添え
コレ、めちゃめちゃ美味い!

ピッツァマルゲリータ
(あ゛、コレだけ写真取り忘れてた!sweat01

夏野菜とアボカドの冷製パスタ
つば広の帽子をひっくり返したよーなお皿の真ん中に、ちょこんと冷静パスタが入って(?)おります。
チト少ない気が・・・

デザートは全種類頼んでみました (^-^)

豆乳のパンナコッタ オレンジのジュレとフランボワーズのソース

アールグレイのチーズケーキ アマレット風味のクレームシャンティ

自家製ティラミスとメレンゲの焼き菓子 旬のフルーツ添え

フォンダンショコラ ミルクジェラートと木苺のコンポート

blogのカスタマイズやPCやメールのことなど、blogのオフ会らしい話も出ましたが、私が暴走(?)し、ドラマやお笑いやカレセン(=枯れ専。「枯れたおじさま専門」の意。太った人が好きな「デブ専」のよーに、枯れたおじさまが好きな女子のこと)の話まで飛び出しちゃいました (^^;
(涼さん、そんな言葉メモらないで~っsweat01

メモといえば、私はよくトイレや歯磨き中にblogネタを思いつくんですが、いざ書こうとPCの前に戻ると、丸ごと忘却の彼方・・・なんてことが多いんです。
それを皆さんに話したら、「メモ持って行けばイイんだよ」と言われました。
なるほど φ(._. ) メモメモ
あ、ボールペンだけ持ってって、トイレットペーパーにメモればイイのか!
でも、「あ゛!メモったヤツ間違えてトイレに流しちゃった~っ (>_<)」とかなりそう・・・ (^^;

そーいえば、ギャグ、ダダすべりだったわ・・・ orz
み・・・皆、私の高度なギャグにはついてこられなかったよーだな、ふっ (←ヲイ

そんなこんなで盛り上がり、気がついたらお店に4時間も居座ってました (^^;
どーりで、途中から店員さんがちょくちょく見に来てたワケだ・・・
楽しい時間はあっという間ですね~ (´・ω・`)サビシス…

今回も皆さんからお土産を頂きました!
いつもありがとうございます (^-^)

右上:ベーグルパンとチョコベーグルパン。
早速、翌日(日曜日)の朝食に頂きました。
ノーマルベーグルは、ちょっと焼いたら外がパリッとしていて中はもっちり♪
チョコベーグルは、焼いたらチョコが溶けちゃうのでそのまま食べたら、中のチョコがトロッとしてて美味かった~っ (≧▽≦)
どこで売ってるんだろ・・・

右下:彩菓の宝石(ゼリー菓子)
コレ、大好き!
もったいないから、ちょっとずつ食べよ (^-^)

左上:七夕えびせんべいとえび姫
会社のおやつタイムに堪能しました♪
えび好きにはたまらんな~っ ( ;゜∀゜)=3 ムッハー!!

左下:Afternoon teaの入浴剤とサシェ。
入浴剤好きなので、来週あたり使わせて頂いて、ゆったり浸かろうと思います (^-^)
クローバーの香りの「ののはなサシェ」は、ほっとする匂いです♪

こちらは、ホントは「カレーの街サブレ」でおなじみの『フランス菓子 焼き立て工房モンドール』の「よこすかマロン」を持って行こうと決めていたんですが、行ってみたら閉まってました・・・
おかしいな~、定休日は火曜日なのに。
多分、原材料費が高騰しているので休業してしまったのかも・・・ (´・ω・`) ショボーン
早く再開してくれるとイイな。

ってなワケで、横須賀銘菓を扱っている『さかくら総本家』へ。
どれもおいしそうでなかなか決まらず、さかくらと言えばコレ!という「角なしさざゑ最中」、横須賀と言えばコレ!(?)という「ヴェルニー公園より」、個人的に食べたかった(笑)桃山まんじゅうにしました。

左下:桃山まんじゅう

右下:角なしさざゑ最中
角なしさざゑの由来
西暦1253年、千葉から鎌倉までの旅の途中、日蓮上人が横須賀村田戸海岸に上陸しました。
上人を背負い道案内をした漁師がさざゑの角で足に怪我をしました。
上人はこの親切な漁夫を憐れんで祈祷すると不思議とその後、浜のさざゑに角が失くなったと伝えられています。
(お店のサンプルに添えられていた説明書より)

上:ヴェルニー公園より
フランソワ・レオンス・ヴェルニー(1837~1908)
フランス人の造船技師で、海軍増強をめざした徳川幕府の要請により横須賀製鉄所(造船所)建設の責任者として1865年来日した。明治維新後も引き続きその建設と運営の任にあたり、観音崎灯台や走水の水道の建設、レンガの製造のほか、製鉄所内に技術学校を設けて日本人技術者の養成に努めるなど、造船以外の分野でも広く活動し1876年帰国した。 [ヴェルニー公園記念碑より]
(パッケージ裏の説明より)

ヴェルニー公園とは、JR横須賀駅(京急だと汐入駅)のすぐ近くにある公園。
ローズフェスタ、先月で終わっちゃったんだ!
行きたかったなぁ~・・・
(写真は、市のホームページの「よこすか写真館」でどうぞ!)

最近、更新頻度が目に見えて落ちてますが(^^;)、来年もこうしてお祝いできるとイイですね!
引き続き、よろしくお願い致します。


--------------------
関連記事:
1周年(ってワケぢゃないケド、2005年)オフ
2周年オフは特にやらなかったのね・・・。その代わりと言ってはナンですが、宝塚でオフしてます (^-^)
3周年(2007年)オフ

| | コメント (9) | トラックバック (4)

2008/07/04

1000☆

残り5記事からカウントダウンして、ついに 1000記事目 を達成しました! (≧▽≦) ヤッター!!

でも、ぢつは

・プロフィールの詳細ページとして1記事
・「桃アリス」カテゴリーの「アップ↑アップ↑大作戦」と「アップ↑アップ↑大作戦 その後」で、それぞれ1つのタイトルに2記事ずつ

使っているため、タイトル的には1000記事目(1000タイトル目)なんですが、記事数としては実質

1003記事 ←世界のナベアツ(笑)

なんです (^^;

とにかく、1000だろーと「せんさぁ~ん」(ナベアツ口調w)だろーと、自分にとってはスゴイこと!

これもひとえに、いつも読んで下さる皆さまのおかげです。
本当にありがとうございます!
月並みではございますが、今後とも、この『アリスとお茶を』、『アリスとお茶を』をよろしくお願い致します。
皆さまの清き一票を、ぜひ『アリスとお茶を』に(違)

この機会に、これまでの記事数(タイトル数)を月別に表にしてみました。

2004年2005年2006年2007年2008年
1月21201610
2月20211513
3月2515195
4月5414242012
5月491815237
6月2920211410
7月351715182
8月24281325
9月21322120
10月17251711
11月2023197
12月1219227
合計26126222319559

こーして数字で表しちゃうと、徐々に更新回数が少なくなってるのが丸わかりっスね (^^;
特に今年に入ってからの更新回数、少なすぎ!
2004年の4月は54記事だったのに、今年の4月はたったの12記事・・・ (´A`;)
最初は何でもネタにして書きまくってたからなぁ~
とは言え、さすがに更新しなさ過ぎだよね・・・(滝汗;)

今年前半の平均記事数は、月に9.5記事。
月に10記事として、単純計算で2000記事達成は100ヶ月後。
つまり、8年以上先!? Σ( ̄_ ̄; )
8年後もまだblogやってんのかな~? (^^;
8年後もよろしくお願いしますね!(笑)

| | コメント (11) | トラックバック (0)