« King of Pop, Forever☆ | トップページ | クリスマスイルミいろいろ »

2009/12/20

クリスマス・キャロル

先月後半に友人のナースももちゃん(仮名)と映画観てきました! (^O^)
ももちゃん(仮名)とは6月に観に行った『天使と悪魔』以来、実に半年ぶり!
(ももちゃん(仮名)、いつもありがとう♪)

今回観たのは、

Disney's クリスマス・キャロル
  ↑
クリックで公式サイトへ!(音量注意!)

チャールズ・ディケンズの有名な小説『クリスマス・キャロル』を『ポーラー・エクスプレス』のロバート・ゼメキス監督が映画化。
今回も『ポーラー・・・』同様「パフォーマンス・キャプチャー」(センサーをつけた俳優が実際に演技をして、その動きや表情をそのままコンピュータに取り込んでCG化)を使って作られた全編フルCGアニメーションです。
『ポーラー・・・』のときはほとんどのキャラをトム・ハンクスが演じて声も担当してたケド、今回はジム・キャリーが演技&声を担当したそーな。

--------------------
あらすじ:

19世紀半ばのロンドン。
金貸業を営むスクルージは、金がすべての嫌われ者。
クリスマス・イヴだというのに貧しい人への寄付をはねつけ、“貧乏人が死んでも構わない。余計な人口が減るだけだ”と悪態をつく始末。

そんな彼の前に、7年前に死んだ共同経営者マーレイの亡霊が現われる。
彼は怯えるスクルージに対し未来への警告を発し、その運命を変えるために3人の霊がやって来ると言い残して姿を消す。
やがて一人目の霊が現われ、スクルージを過去のクリスマスの日々へと連れ出す。
そこで彼が目にしたのは、少年から青年時代にかけての、夢を抱き優しい心を持っていたスクルージ自身の姿だったのだが・・・。
allchinemaより引用)

* ほぼ最後まで知りたい方はこちら!
  ↓
クリスマス・キャロル (小説)@Wikipedia
--------------------

王道のクリスマスストーリーですね (^-^)
スクルージじいさんみたいにならないよーに、日頃から人には親切にしないとね! と改めて思ったのでした (^^;

God bless you!!
(本作品に何度も出てきたセリフです。「神のご加護(お恵み、祝福)がありますように!」の意。)

|

« King of Pop, Forever☆ | トップページ | クリスマスイルミいろいろ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/47064874

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマス・キャロル:

« King of Pop, Forever☆ | トップページ | クリスマスイルミいろいろ »