« ボツ記事(グルメ編) | トップページ | イケイケ☆バナバナ[27] »

2009/04/14

週末トラベラー[26-10]  @九州:最終日(はやぶさ1)

最初から読む
1つ前の記事(26-9)へ
--------------------

「まだやってたの?」とか言わないでね (^^;
昨日、『西村京太郎サスペンス十津川警部シリーズ41 寝台特急殺人事件』で「はやぶさ」たんの車内を見てたら、自分が乗車したときの記憶が鮮明によみがえってきましたshine
コレは書かねば~っ!(笑)


2/25(水)
15:30頃
@熊本駅
トイレ行って、コインロッカーにキャリーバッグ取りに行って、改札のおっちゃんに「すみません、『はやぶさ』に乗るんですケド、(改札の)中でもお弁当買えますか?」って訊いたら、「入ってすぐ右の階段を下りたら、お弁当屋さんが2軒ありますよ。でも、『はやぶさ』にはまだ早いから、買ったらまた(改札外の待合所に)戻ってきてイイですよ」と言ってくれました。
ありがとう、おっちゃん!
でも、ぶさたん(「はやぶさ」たん)撮りまくるから、もう戻らないと思うよ。
じゃ、行ってくる! ∠(`・◇・´)

と、心の中で思いながら、戦地(?)に向かったわしでした。

おっちゃんが教えてくれたお弁当屋さんで、今日の夕食用のお弁当と明日の朝メシ用のおにぎりを買ったら、いざ3番のりばへ!
と、3番のりばを見ると、まだ鳥栖行きが停車中。 (゚▽゚;)あら…


「まだ停まっとるとですよ」

スマンね (^^;
改札のおっちゃんが言ってたとおり、まだ早すぎたみたい。
だって、待ちきれないんだも~んっ
師匠(私が敬愛する職場(3/6で退職)の先輩♂。鉄の師匠でもあるw)に、無事熊本駅に戻ってきた旨をメールして、ぶさたんの入線を待ちます。


15:33
@熊本駅 3番のりば

足元には、「寝台特急はやぶさ A寝台1人用個室シングルデラックス 8号車」と書かれた号車表示が。
ココにA寝台が停まるんだね (*´д`*) ハァハァ

電光掲示板

鳥栖行きが出発し、3番のりばは「はやぶさ」入線待ち。
15:57発だから、10分前には来るかな? ゚+.(・∀・)゚+.゚ ワクテカ
ああ~っ、なんかキンチョーしてきちゃった!
マスクしてるせいもあるだろーけど、息が苦しくなってきた・・・!
吸って~吐いて~、吸って~吐いて~、ヒッヒッフー、ヒッヒッフー(違)


15:48
「はやぶさ」キタ━━━━━━(≧∀≦)━━━━━━ッ!!!!!

赤い釜* だ~っ! (;゚∀゚)=3 ムッハー!!
(* 昔の名残か、鉄ヲタは機関車のことを「釜」と言います。)
ED76 90号機です。

「特急はやぶさ 東京」と書かれた方向幕

今回私が乗る8号車は、A寝台 シングルデラックス。
この列車で一番イイ個室です。
よくきっぷ取れたな~(嬉)

嬉しくて撮りまくり (^^;

早速、中に入ってみましょう!
通路の扉を押して、

通路を通って・・・
お、ここだ、ここだ!

じゃーん!
個室内はこんな感じです。
フツーのシートに真っ白いシーツが敷いてあって、その上に毛布(カバー付き)と枕(カバー付き)と浴衣が置いてあります。

部屋の鍵は4桁の暗証番号式。
早速設定を・・・
と思ったら、車掌さんが来ちゃった!

通路が狭くてすれ違えないので、こーゆーときは一旦部屋の中に入ってよけます。
部屋にキャリーバッグを置いてドアに鍵をかけたら、とりあえずトイレの場所を確認。
部屋を出て左(さっき車掌さんが来たのとは別の方)に行くと、トイレと飲み物の自販機がありました。
(自販機の向かいにもう1つトイレあり。ちなみに、写真のトイレは洋式、自販機の向かいのは和式。)

ついでに、隣の開放B寝台にもお邪魔。

これ、知ってる人同士ならイイけど、1人旅で知らない人と上下とか向かい合わせだったら、やっぱり落ち着かないよね・・・
個室でヨカッタ (^-^)


15:55
おっと、あと2分で発車だ!
部屋に戻っていろいろ撮っとこ。
まずは、毛布と枕と浴衣。

こちらはテーブルなんですが、ぢつは開けると・・・

洗面台になってるんです!
ちゃんと水(右)とお湯(左)も出るし、石鹸(左の白いの)も付いてます。
この石鹸がまたイイ匂い~♪

ペーパータオルに灰皿(A寝台と個室B寝台は喫煙車なんです・・・。開放B寝台のみ禁煙車)、ゴミ箱、スリッパ。
このゴミ箱、どー見ても女子トイレにある汚物入れなんだよな~ (^^;
まぁ、「♪ちっちゃいことは気にしない。それ、ワカチコワカチコ~」(ピン芸人 ゆってぃーネタw)

各種照明スイッチと冷房(青いほう)・暖房(赤いほう)調節ツマミ。

ドアの上にある棚。
左側のハンガーには、テプラで作ったよーな「九鉄リネン」(九州鉄道リネンサービス株式会社)と書かれたシールが貼られています。
ドアにはちゃんとドアスコープ(覗き窓)があるんですよ。

こちらは窓側。
フツーのカーテン以外に、レースのカーテンもあります。
鏡の左下にある茶色っぽいものは、プラスチック製のコップ。

いろいろ揃っていて、至れり尽くせりです。
「走るホテル」と言っても過言ではありません。
(だって、寝台料金13,350円(特急料金は別)だぜぃ・・・sweat02
さすがに独りで約17時間半も乗ってたら飽きちゃうかと思ってたケド、この部屋なら快適に過ごせそう♪


15:57
熊本を定刻どおり発車!
うひょ~っ♪ (o ̄▽ ̄o)


16:09
車掌さんが検札に来ました。
A寝台のお客さんにだけサービスで配っているとゆータオルを頂きました。
今は無き「さくら」と、今回の「はやぶさ」、門司駅で「はやぶさ」と連結される「富士」のヘッドマークが入ってます。
せっかくなんで、タオルと一緒にきっぷも記念撮影。
周遊きっぷ(ゾーン券)には、改札を通った際に押された日付スタンプだらけ。
今回の旅では、ホントにいろんな列車に乗ったなぁ~(しみぢみ)

このタオル、どこぞのオークションでは5,000円くらいで売れたよーです。


16:30
熊本駅で撮りまくった画像を師匠に写メしたら、「オロネ15とかも撮ったよね?w」との返信。
あ゛、撮ってなかった・・・
あとで撮りま~す (^^;

この「はやぶさ」は、途中駅で大分から来る「富士」と連結するので、「『富士』はどこの駅で撮るのが賢いでつか?」と師匠にメールしたところ、

--------------------
ずばり、門司駅しかないでしょうね。
18:46~19:15まで停車します。
それぞれの機関車取り外し、客車同士の連結、関門トンネル専用機関車への付け替えなどの作業がありますので、これも貴重なイベントです。
--------------------

おぉっ、門司で30分も停まるんですね!
頑張って撮りまつ! (`・ω・´)

それにしても、このシート、この幅のままだったら寝るときちょっと狭いよなぁ・・・
と思ってたら、壁に何やら説明書きが。
なになに、「寝台を広くする使い方」?

「おやすみのときは下図のようにしてお使いください。」
えーっと、「①ヒジ掛をおこす」、「②レバーを手前にたてる」、「③止まるまで下に押す」?
コレをこーして、こーやって・・・ガチャガチャ

あともう1つ、「安全サクの使い方」。
「おやすみのときは寝台の下にある安全さくを下図のようにしてお使いください。」か。

「①手前にいっぱい引出す」、「②たてに起す」、「③止まるまで下に押す」?
コレがこーなって、あれ?あ、こうか・・・ガチャガチャ
よし、できた!

ベッド前(シートの状態)

ベッド後

左側の黒い部分(シートの背もたれの下あたり)が広くなったのがわかりますか?
コレだけで結構違うモンなんですよ。
よくできてるな~

ちなみに、シートは進行方向と反対側を向いているので、座って左手が窓、右手がドアです。
逆向きだと乗り物酔いしやすいんだけど、今回は平気みたい (^-^)


16:35
@大牟田(おおむた)駅
さっきトイレの写真撮りに隣の部屋の前を通ったら、隣の男性、ドア開けっぱにして両方の景色を楽しんでたな~
女子ってこーゆーとき不便だよね・・・
シート → ベッドのやり方もわかったし、たまには反対側の景色も見てみよ。

通路

雨は小降りになってきたよーです。
向こうに見えるのは、西鉄(西日本鉄道)天神大牟田線の車両かも。
(あとで調べてみたら、8000形だと思われ。色や形が、小田急ロマンスカーのLSEとかHiSEみたい。)

個室のドア

乗ったとき撮り忘れて師匠に指摘された車両番号(車両形式)「オロネ15-3002」を撮影!

師匠、撮りましたよ! (^o^)v

--------------------
ありが㌧。
でも、ぜひ車体の外に書かれているのを撮って欲しいねw
--------------------

ぁぅ・・・ (´・ω・`)
あとで撮りまつ。

ちなみに、「オロネ15-3002」とは、

オ: 運転整備重量32.5t以上37.5t未満
ロ: 2等客車(現・A寝台・グリーン車。ちなみに、イは1等車(現在はない)、ハは3等客車(現・普通車)のこと)
ネ: 寝台車(「寝る」のネw)
15-3002: 14系15形客車の3000番台の2番(って、わしもよくわかってませんが・・・)

とのこと。


17:02
@久留米(くるめ)駅
雨止んでる!


14:42
@博多駅


17:52
@福間(ふくま)駅
乗降目的ではなく、信号による停車中。
17:56に発車。
貨物と行き違いのため?

18:00過ぎてだいぶ暗くなってきました。
なんか腹減ってきたな・・・
夕食にはまだちょっと早いから、行きに買ったギョニー(魚肉ソーセージ)でも食っとこ。
旅のお供にはやっぱりギョニーっしょ♪


18:39
@小倉(こくら)駅
次の門司(もじ)では、「大分から来る『富士』と連結のため30分停車」と師匠情報。
これはしっかり撮らねば! (`・ω・´)


次回、いよいよ最終回!

|

« ボツ記事(グルメ編) | トップページ | イケイケ☆バナバナ[27] »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

寝台列車はちょっと得した感じがあるよね。朝起きたら違う場所というのが・・。札幌網走急行夜行の「大雪」のB寝台、修学旅行でのった「ゆうづる」と「はくつる」は青森-東京。大学時代に大阪から「日本海」で青森へ。結構乗っているんですよ。あ、サンライズ出雲も個室B寝台「ソロ」・普通車指定席「ノビノビ座席」両方経験あり(^_^)v

投稿: | 2009/04/16 23:33

惑さん、こんばんは。
寝台車は、寝ている間に目的地に着いてしまう、「魔法の乗り物」ですよね (^-^)
眠い目をこすりながら、当日朝イチの新幹線や飛行機に揺られて旅行するよりも、前の日の夜にゆったりのんびり優雅に旅するほうが「いとをかし」だと思うんですケドね~
現代人にはそれがわからないんでしょうか・・・寂しいものです。

それにしても、いろいろ乗られてますね~(羨)
でも、どこでも熟睡できる私でさえ、寝返りが打てずに途中で何度も目が覚めたくらいですから、惑さんの身長でサンライズ出雲のソロはさぞかし窮屈だったでしょうね・・・

投稿: アリス | 2009/04/18 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/44672067

この記事へのトラックバック一覧です: 週末トラベラー[26-10]  @九州:最終日(はやぶさ1):

« ボツ記事(グルメ編) | トップページ | イケイケ☆バナバナ[27] »