« 血の木曜日 | トップページ | 週末トラベラー[26-2]  @九州:1日目(宮崎~鹿児島) »

2009/03/02

週末トラベラー[26-1]  @九州:プロローグ

01:00PM。
僕はひとり、空港の搭乗口でゲートが開くのを待っていた。
ホントなら、キミが隣にいたハズなのに・・・
僕があの時もっとちゃんとキミと向き合っていたら・・・





なんて書いたら、素敵な恋愛小説の出だしっぽいでしょ?
でも、残念ながらそんなこたぁ一切ありまへん。(笑)
(だったら書くなよ・・・)

ぢつは、2月22日(日)~26日(木)まで九州に一人旅してきました! o(≧▽≦)o
(って、全然「“週末”トラベラー」ぢゃないぢゃんねぇ・・・ (^^;)

私がぷち鉄ヲタなのは皆さんご存知ですよね? ( ̄ー ̄) ニヤ
今回、九州に行ったのは、もちろん寝台特急(ブルートレイン)「富士」と「はやぶさ」に乗るためです!
前から「乗りたい、乗りたい」と思ってはいたんですが、なかなか乗れず、ついに3月14日のダイヤ改正で廃止されることになってしまった「富士ぶさ」(富士・はやぶさ)。
私事で恐縮ですが、4月から学生になるので、とっとと会社を退職して、葬式厨(そうしきちゅう)* に影響されることなくきっぷゲトするぞ! o(`・ω・´)o
* 葬式厨/葬式鉄:
普段は全く関心が無い、或いは長期間足が遠ざかっていたのに、いざ路線が廃止決定されたり、車両の引退が決まったりするとこれらの記録や記憶に留めようと何処からとも無く集まってくる鉄道好きの者の事。
葬式鉄のおかげで廃止直前の路線や引退寸前の車両の走る路線はお祭り騒ぎになり、廃止決定路線の鉄道員等に「もっとこんなに乗ってくれたら」と嘆かれたりもする。
(「2ちゃんねる鉄道板用語辞典」より抜粋)

と思っていたのに、結局何だかんだで退職は2月末・・・
しかも、会社を2/20(金)で退職して、あとはまったりと就業が卒(お)わった記念の旅、いわゆる「卒業旅行」(笑)に行っちゃお! なんて思ってたんですが、「もう退職金の計算しちゃったから、旅行に行くならその分退職日ずらしてな」と社長に言われ、3月6日(金)まで勤めるハメに・・・

ってなワケで、予定外で「卒業“前”旅行」となりました。

今回の旅の参考にしたプランは、師匠(私が公私ともに敬愛する職場の先輩♂。鉄の師匠でもあるw)が考えてくれたんです。(多謝!!!)
師匠は出張で何週間か九州に行っていたことがあり、そのときいろんな列車に乗りまくった経験を活かし、プランニングしてくれました。

プランが決まれば、早速きっぷを申し込みに旅行会社へ!
「寝台車のきっぷゲト」といえばこのblogではオナジミ、大手旅行会社ヨッテーベー(「ヨットテーベー」かな?あえてドイツ語風読みw 何となくわかりますよね?)。
過去3回ほど寝台車に乗ってますが(週末トラベラー[3]週末トラベラー[10]週末トラベラー[17])、いずれも職場に一番近いヨッテーベーにお世話になったので、今回もそこに申し込みに。

ところが、そのヨッテーベーの入っている建物が全面改装するとのことで、ヨッテーベーも他のお店もなくなってました・・・ orz
せっかく会社の昼休みに行ける距離だったのに・・・
しょーがない、会社帰りに主要駅付近にあるヨッテーベーに寄るか。


1月20日(火)
某主要駅付近にはヨッテーベーが何店舗かありまして。
でっかい支店のほうがスタッフ数&端末数が多いからきっぷが取れやすいのか、それとも小さい支店のほうがお客が少ない分取れやすいのか・・・
と悩んだ末、まずは小さい支店に行ってみたところ、ヨッテーベーのおねーさんに「本社から通達があって、きっぷ単体の受付ができなくなったんです。宿泊とセットのプランならお取りできるんですが・・・」と言われてしまいました。
工エエェェ(´д`;)ェェエエ工
そんなことお宅のホームページに一言も書いてありませんでしたよ~っ
って言ってもしかたないんで、ダメモトででっかい支店へ。
そしたら、でっかい支店のおにーさんはフツーに受け付けてくれました。
なんなんだ・・・
ホントは本社から通達なんて来てなくて、面倒くさいから断っただけなんぢゃないの? (¬。¬)
ま、イイや。
受け付けてもらえてヨカッタ!

とりあえず、

2/22(日) 「富士」乗車(車中泊)
 ↓
2/23(月) 大分着(九州で2泊)
 ↓
2/25(水) 熊本から「はやぶさ」乗車(車中泊)
 ↓
2/26(木) 帰宅

とゆー予定で申し込み。
(ちなみに、2/27(金)は出社・・・)
もし22日がダメでも、23日のきっぷが取れたら、帰りもその分1日シフトして26日に。
24日のきっぷが取れたら、帰りは27日に・・・とゆーふうにシフトして取ってもらう旨お願いしてきましたが、葬式厨のせいか、やっぱりかなりキビシイみたい。
平日乗車でも取れるかわかんないって・・・

でも、キャンセル待ちってゆー手段もあるし、必ずゲトできると信じて・・・!


1月22日(木)
ヨッテーベーから電話。
2/22の分、取れなかったって・・・ orz
予定どおり1日シフトしてもらうことに。

と、師匠からメール。
何なに?
クラブツーリズムで「富士ぶさ」ツアー募集中?
2/21、22、24、26は催行決定ーっ!? Σ( ̄□ ̄; )
こーゆーツアーって開放B寝台だから、A寝台(シングルデラックス)か個室B寝台(ソロ)を狙ってる私には直接はカンケーないケド、多少影響出るぢゃ~んっ (´A`;)
もうっ、オレが乗るときは来ないで! (←鉄ヲタ漫画『鉄子の旅』に出てくる、トラベルライター 横見氏(実在の人物)のセリフw


1月23日(金)
ヨッテーベーから電話。
2/23の分もダメだったって・・・ orz
更にシフトしてもらうことに。


1月24日(土)
ヨッテーベーから電話。
2/24の分もダメ・・・ orz
往路は全滅だったので、キャンセル待ちしてもらうことに。
明日からは、復路のきっぷ よろおね。


1月25日(日)
ロマンスカーVSEの展望席1列目を満喫中に、ヨッテーベーから電話。
復路の「はやぶさ」ゲト!!! o(≧▽≦)o ヤッタ!!
引き続き、往路のキャンセル待ち よろおね。


1月27日(火)
2/26・27ともに復路ゲトならず。
でも、2/25はゲトできてるから、気持ち的にちょっと余裕♪
以降は、キャンセルが出てきっぷがゲトできたら連絡くれるって。
引き続きよろおね。

  ・
  ・
  ・
  ・
  ・

2月5日(木)
2月に入って、ヨッテーベーから連絡なし。
キャンセル出ないのかな~?
往路が決まらないと、スケジュールが決められないから、宿取ったりもできないよ・・・
まぁ、キャンセル出始めるのって1週間前とか5日前だってゆーから、ギリギリまで待ってみよ。

この分だと復路は25日で決定だから、温泉宿だけでも予約しとくか。


2月19日(木)
ヨッテーベーから電話。
「2/25の復路のきっぷ取れてるんで、いつ取りにいらっしゃいますか?」と。
キャンセルはあいかーらず出てないみたい。
そろそろ別の交通手段を考えないといけないかもなぁ・・・
キャンセル待ちは乗車日の3日前までだそーなので、2/21に復路のきっぷを取りに行くことに。


2月21日(土)
前日、ネットの時刻表と首っ引きで、夜中の3時過ぎまでかかってプランニング。 (´-ω-`)。oO ネムー…
2/23に現地(九州)入りしよーと思ってたケド、乗りたい電車はたくさんあるのに本数が少ないから、現地入りを2/22にしよ!
ビジネスホテルの予約もOK!
あとはヨッテーベーに行って、復路のきっぷの受け取りと、往路のきっぷをお願いするだけ。

ヨッテーベーに行くと、おねーさんが「キャンセルが出たんですが・・・」と。
が・・・?
おねーさんがフォルダから出したきっぷには、

--------------------
2月23日
横浜 → 大分
寝台特急 富士(ソロ)
--------------------

に、にじゅうさんにちぃ~っ!?
タダでさえ乗りたい電車が多いから、1日早く(22日中に現地に着くよーに)出発する予定なのに!
よりによって23日とは!

「もったいないですよね~、せっかく取れたのに。予定より1日遅いですケド、お客さまにどーかなと思いまして」とヨッテーベーのおねーさん。

ぬああぁぁぁあああ~~~っっっ、ど、どーしよー・・・
でも、もう宿予約しちゃったし、1日前だからキャンセル料発生しちゃうよな・・・
とは言え、目の前の「富士」のきっぷを捨てるのは忍びないし・・・
頭が真っ白で~(by 船場吉兆女将w)
って、ホントに何にも考えらんない・・・
頭から吹き出る汗。
心臓の音だけがヤケに大きく聞こえる。
早く答えなきゃ・・・


「・・・・・・ものすンっごい残念なんですが、ホントにもったいないんですが、お断りします。1日早く現地入りしよーと思ってたんで・・・ (^^;」

ぐはぁっ、言っちまった!言っちまったよ~~~っっっ 。・゚・(つДT)・゚・。 号泣

でも、その分ほかの電車にいっぱい乗れるからイイや。 (←自分に言い聞かせ中w
ショックのあまり(←自分で断ったクセに・・・)、帰りにヨ●バシカメラに寄って、ミニノートPC+外付けDVDドライブをヤケ買い(?)しましたとさ (^^;

ってなワケで、九州一人旅、行ってきま~す! (^O^)ノシ


blogを介して一緒に旅する方はこちら! >>>

|

« 血の木曜日 | トップページ | 週末トラベラー[26-2]  @九州:1日目(宮崎~鹿児島) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。