« 虹が消えた日 | トップページ | View »

2009/03/11

週末トラベラー[26-3]  @九州:2日目(鹿児島)

最初から読む
1つ前の記事(26-2)へ
--------------------

2月23日(月)
この日は、師匠(私が敬愛する職場(3/6で退職)の先輩♂。鉄の師匠でもあるw)が考えてくれたプランにムリヤリ指宿枕崎線に乗るプラン(時間的に枕崎まで行けないので、鹿児島中央-指宿往復。指宿で待ち時間が19分あるので、駅前にある足湯にでも浸かろーかとw)を盛り込んでみたんでつが、事前にメールで送っといたそのプランを見た師匠から「これだと、日が暮れて阿蘇山の景色が見られない。それに、指宿枕崎線は指宿-枕崎間が面白いんだよ」とゆー返事をもらったため、長時間にわたる独り会議(謎)の結果、師匠のいいなり(笑)でいくことに。

[けふのプラン]
鹿児島中央 09:27 → 吉松(よしまつ) 11:01 「特急はやとの風2号」吉松行き
 ・鹿児島中央~隼人(はやと):日豊(にっぽう)本線
 ・隼人~吉松:必殺w・肥薩(ひさつ)線
吉松 11:40 → 人吉(ひとよし) 12:53 「特急しんぺい2号」人吉行き
 ・吉松~人吉:肥薩線(えびの高原線)
人吉 13:05 → 大分 17:28 「九州横断特急6号」別府行き
 ・人吉~八代(やつしろ):肥薩線
 ・八代~熊本:鹿児島本線
 ・熊本~大分:放屁w・・・いや、豊肥(ほうひ)本線

の予定です。


08:15
@東横イン鹿児島中央

前日の独り会議(謎)が祟って、起きられず・・・
ああぁ、無料の朝メシ食い損なった・・・
でも、このホテル、オープンキャンペーン中で宿泊料安いから、ま、いっか。
隣のコンビニでおにぎり買って、「はやとの風」ン中で食べよ。

しかも、前日の入浴後に洗濯して干しといたぱんつとか靴下がイマイチ乾いてない・・・
いつもならパリッと乾いてんのに~っ
今日泊るホテルにチェックインしたら、すぐに干しとこ。

うだうだ支度して、9:10にチェックアウト。
天気は曇り。
雨降ってないだけイイか。
前日は雨降ってたケド、商店街のアーケードを通ってったからほとんど濡れずにホテルまで行けたし、ホテルの隣がサンクス(コンビニ)だから、かなり便利です (^-^)


09:15
@鹿児島中央駅 5番線

電光掲示板

観光列車「特急はやとの風2号」。
後ろに見えるのは、09:46発の「特急きりしま84号」国分(こくぶ)行きだと思われ。

車内

車内

ここは展望席です。

車内の照明と窓の様子


09:27
コンビニで買ったおにぎりも食べたし、しゅっぱ~つ!
おおぉっ、客室乗務員たん、女優の佐藤藍子さんばりに目が大きくてカワユス! (;゜∀゜)=3 ムッハー!!
思わず、自分の中のおっさん部分が出て(笑)、シャハーン(車内販売)でくるみクッキー買っちゃいました (^^;
4コ入り350円・・・ orz

まぁ、無添加だからイイよね? >自分
ほらほら、無添加 無添加! (←誰にアピール? (^^;

原材料は、小麦粉、バター、砂糖、くるみ、アーモンドプードル、塩

途中から、めちゃめちゃ晴れてきましたよ♪
やっぱり日頃の行いがイイからね~ ( ̄▽ ̄)v (←「どこがぢゃっ」ってゆーツッコミはなしの方向でひとつw


09:39
右手に桜島が見えます。


10:19
@嘉例川(かれいがわ)駅
6分停車とのことなので、駅舎の写真を撮りに外へ。
乗務員たんのアナウンスによると、女優の吉永小百合さんと桃井かおりさんの映画の舞台(だか、ポスターが貼ってあるだけ?)だとか。 (←ちゃんと乗務員たんの話聞いてろよ! >自分

レトロな雰囲気の素敵な駅舎です。
ホントはもっと駅舎全体を入れたかったんですが、観光客を入れたくない主義なので、泣く泣く下半分を入れずに撮影。

Wikipediaによると、

--------------------
駅舎は開業当初からの木造建築で、鹿児島県内の駅本屋としては大隅横川駅駅舎と並び最古の存在。旧・隼人町が保護のため買収し、2006年には登録有形文化財に登録されている。
--------------------

とのこと。

こちらは待合所。

車内に誰もいない隙に、運転席すぐ後ろの席を撮影。

車内からホームを撮ろうとカメラを向けたら、ホームにいたかわいらしいおばちゃんが手を振ってくれました (^-^)
旅ってこーゆーちょっとしたふれあい(?)がイイよね~♪


(おばちゃんたちのプライバシー保護のため、今回は、いつもの中華街のお面画像の顔部分だけ貼り付けてみました。)


10:42
@大隈横川(おおすみよこかわ)駅
4分停車中に駅舎撮影。

「大隈横川 ひなまつり」の文字が見えるでしょうか?
肥薩線では、全駅でひなまつり実施中なのか、各駅舎に雛人形が飾られてました。

これはホームの柱です。

--------------------
機銃掃射の跡

第二次大戦中に被災した
機銃掃射の跡です。弾は
屋根、柱を貫通しました。
--------------------

と書かれています。
生々しいですね・・・
柱の後ろに見える部屋に雛人形が飾られてました。

こちらは「はやとの風」の指定席。

今回、私が持っている周遊きっぷは特急の自由席なら特急料金なしで乗れるんですが、指定席に乗る場合は特急券+指定席券が必要になります。
「はやとの風」なら自由席でも十分快適ですよ♪


10:56
あと5分ほどで終点の吉松駅に到着。
あ、そーいえば師匠からのメールに指令(?)が書いてあったな。
何なに?

--------------------
吉松駅についたらすぐに駅舎を出て左側にあるSLを見学する。
窓口で真幸(まさき)駅の入場券を購入できる。
11:16には「いさぶろう1号」が入線するので駅の橋の上から撮影。
ホーム上に昔ながらのいろんな設備があるのでそれを見学。
すげい小さい売店とか、手旗信号入れとか。
--------------------

真幸駅の入場券は、前に師匠から頂いたから、買わなくてもイイや。
SL見学、「いさぶろう」の撮影、ホームの設備見学ね。 ∠(`・◇・´) ラジャ!!


11:01
@吉松駅
次の列車まで39分あるので、師匠からの指令どおり、駅を出て左手に静態保存されているSL(C55)を撮りに行きませう!

機関車(前)

車輪

運転台。
水色のは座布団です。
位置的に石炭くべる人用かな?
画像手前にも同じような位置に座布団があるんですが、多分そちらが運転士用。

この画像の下にチラッと写ってるのが、石炭をくべる釜です。
  ↓
運転台の機械類

炭水車の中の石炭。

炭水車

駅舎の隣にある小さな小さな「鉄道資料館」も見学。

こちらが吉松駅の駅舎。
なんか温泉旅館みたいな建物だな~(笑)
公衆トイレの入口に暖簾(のれん)がかけてあるしね。

その公衆トイレにあった貼り紙。

お願い トイレの美化につきましては、ご協力誠に有難うございます。ウン悪く汚したときは前のブラシで掃除して、次の方に譲りましょう。 駅長

だって!(笑)
イイわ~、このセンス。

駅舎に向かって左手にある記念碑。
右のが、明治三十六年九月五日吉松駅開業 百周年記念碑。
左にぽつんとあるのが、肥薩鐵道開通記念碑。

こっちが左の肥薩鐵道開通記念碑。


11:14
えーっと、SL見学の次の指令、何だったっけ?

--------------------
11:16には「いさぶろう1号」が入線するので駅の橋の上から撮影。
--------------------

おっ、そーだった。
そろそろ撮影ポイントに行ってなくちゃ!
あと1分、あと30秒・・・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ッ!!

すかさず、ホームに下りて撮影。
この「いさぶろう1号」が折り返し「しんぺい2号」になります。

--------------------
人吉 - 吉松間の普通列車のうち2往復は1996年から下りが「いさぶろう」、上りが「しんぺい」を名乗る観光列車として運転されている。
愛称の由来は「いさぶろう」が同区間建設当時の逓信大臣山縣伊三郎、「しんぺい」が開業当時の鉄道院総裁後藤新平で、矢岳第一トンネルの矢岳方入口に山縣の「天険若夷」、吉松方に後藤の「引重致遠」の扁額が残ることにちなむものである。
(Wikipedia「肥薩線」より引用)
--------------------

早速乗って、車内を撮影してみましょう。


このblogを介して「しんぺい2号」に乗る人はこちら! >>>

|

« 虹が消えた日 | トップページ | View »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

鉄子の旅、楽しんでますねぇ。鹿児島駅はおはら節が流れているとかそういうことはなかったですか?
ところで こちら! >>>  は どちら? (^_^;)

投稿: | 2009/03/12 23:27

惑さん、こんばんは。
鹿児島駅、至ってフツーでした。

> ところで こちら! >>>  は どちら? (^_^;)
現在、車内清掃中・・・いや、絶賛執筆中です。
ご乗車までしばらくお待ち下さい。

投稿: アリス | 2009/03/12 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/44287829

この記事へのトラックバック一覧です: 週末トラベラー[26-3]  @九州:2日目(鹿児島):

« 虹が消えた日 | トップページ | View »