« 珍しいきっぷ | トップページ | 学園天国☆ »

2008/09/27

パコと魔法の絵本

7月の『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』以来ご無沙汰でしたが、先日久方ぶりに映画館に行きました。
今回観たのは、

パコと魔法の絵本
(PACO and the Magical Book)
クリックで公式サイトへ!
(公式サイト、重くてなかなか開かないときも・・・)

--------------------
あらすじ:

「とある病院での出来事です。」

正義感は人一倍強いのに、消防車に轢かれて入院中のマヌケな消防士 滝田(劇団ひとり)。
ジュディ・オング好きで、実は子供がいるオカマの木之元(國村隼)。
誰か(何か?w)に撃たれて入院してきたヤクザの龍門寺(山内圭哉)。
何で入院しているかわからない、神出鬼没のヘンな人 堀米(ホリゴメ)(阿部サダヲ)。
元名子役ゆえ大人の俳優になりきれず、自殺未遂をしては入退院を繰り返す、俳優の室町(妻夫木聡)。
そんな室町をなぜか放っておけない、タトゥー&ピアスのパンキッシュな看護婦 タマ子(土屋アンナ)。
同じく看護婦で、何かあるとダンナにすぐ噛み付くがお金には弱い雅美(小池栄子)。
そんな雅美のダンナで天然オトボケキャラの浩一(加瀬亮)。
毎年恒例の「サマークリスマス」に向け、金粉を撒き散らしながらピーターパンのコスプレ(緑のタイツsweat01)で登場しちゃうヘンなお医者さん 浅野(上川隆也)

と、変わった面々ばかり。

そんな中でも、一番の変わり者が役所広司演じる大貫(オオヌキ)。
この大貫、めちゃめちゃ偏屈で超クソジジィ (-"-;
一代で会社を興して、一代で大きくして、一代で財産を築いてきたモンだから、他人をまったく信用せず、いつも悪態ばかり。
他の患者さんが「大貫さん」なんて声をかけられようもんなら、「お前が私を知ってるってだけで腹が立つ!気安く私の名前を呼ぶな!お前の頭の中なんかにいたくないんだ!」と誰彼構わず怒鳴り散らす始末。
おかげで、誰からも嫌われていました。

ある日、大貫が病院の庭のベンチに座っていると、1冊の絵本を抱えたパコ(アヤカ・ウィルソン)という少女が大貫の前に現れます。
大貫の偏屈さを知らない無邪気なパコが大貫の隣に座ろうとすると、ベンチを独占したい大貫はパコを突き飛ばしてしまいます。
(こんな小さい子にまで意地悪することないのにねぇ、このクソジジィannoy
パコは、それでも笑って芝生に座ると、大きな声で絵本を読み始めます。

ゲロゲ~ロ ゲロゲ~ロ
ガマの王子はわがまま王子。
お池の仲間のミズスマシ君やアメンボ家来に、毎日意地悪な命令を出すのです。
「王子はお腹が減ったぞよ。急いでおやつをもってこい。ハチの子供をさらってこい」
言うことを聞かないと、王子はミズスマシ君やアメンボ家来のお家を壊してしまいます。
意地悪ばかりのガマ王子。

次の日、大貫は大事な大事な純金のライターを失くしたことに気付きます。
去年亡くなった子どもが一生懸命育てていたお花畑を踏み荒らし、むしり取ってまでライターを探す大貫に、呆れる患者や看護婦たち。
そこに昨日と同じようにパコがやってきます。
大貫のことをまったく覚えていないパコは、ポケットからライターを取り出して大貫に見せます。
パコがライターを盗んだと思った大貫は、パコのほっぺを叩いてしまいます。
(パコちゃんは、ライター拾っただけなのに!こンのクソジジィー!!!annoy

実は、パコは誕生日の前日に交通事故に遭い、記憶が1日しか持たないのです。
翌日になると前の日のことはまったく覚えていないため、両親が亡くなったことも知らず、大貫のこともまわりの人のこともまったく覚えていません。
いつも読んでいる絵本は、ママからの誕生日プレゼント。
絵本に書かれた「毎日読んでね。 ママより」というママからのメッセージをきちんと守って、毎日毎日読んでいたのでした。

それを知って、さすがの大貫もパコをぶってしまったことを後悔します。

翌日、大貫がパコに謝ろうと彼女のほっぺに触ったとき、「おじさん、昨日もパコのほっぺに触ったよね?」
前日のことを覚えているハズのないパコが、なぜか大貫のことを覚えていたのです。

大貫は生まれて初めて泣きました。
今まで泣いたことのない大貫は、涙の止め方を知りません。

どうしたんだろう、ガマ王子。
涙がいっぱい出てきたよ。
ごめんよ、みんな。
僕はとってもバカだった。

「先生、涙ってのはどうやって止めるんだ・・・」
先生は静かに優しく答えます。
「簡単です。いっぱい泣けば止まります。」

今まで「誰の記憶の中にも残りたくない」と怒鳴り散らしていた大貫が、初めてパコの心の中に残りたいと思うようになります。
胸の発作でもう長くはないであろう自分が、パコのために何がしてあげられるだろう・・・
院内のイベント「サマークリスマス」で、パコが読んでいる絵本『ガマ王子 対 ザリガニ魔人』を上演しようと、今までの行いをみんなに詫びて協力を頼みますが、許してくれるハズもありません。
でも、

今までいっぱいヒドイことした、バカでまぬけな僕だけど、何かみんなにしてあげたい

大貫がパコに絵本を読んであげているのをみんな知っています。
もう今までの偏屈で意地悪な大貫ではありません。
大貫の心の変化を理解して、患者たちも看護婦も先生も協力してくれることになります。
『ガマ王子 対 ザリガニ魔人』、はじまり はじまり~
--------------------

いや~、久しぶりに映画館で泣いたっ!
全米が泣いた!
(って、米国で上映されてねーよw)
鼻水タレそーで大変だった~っ

うるうるしてたら、突然!空気の読めない堀米(阿部サダヲ)がヘンなカッコして出てくるから、泣こうとしてたのに笑っちゃったぢゃん!
感情の切り替え、大忙し・・・っsweat01

もう大貫がホントにクソジジィでね~ (-"-;
途中で胸くそ悪くなって帰ろうかと思ったほど。
でも、最後まで観てヨカッタ!
劇中劇は超大根演技なんだけど、元天才子役の室町(妻夫木)以外はみんな演技のシロウトだから、大根でイイんだよね。(笑)
CGとの合成シーンも楽しい♪

大人になり、どう演じてイイかわからず自殺未遂を繰り返す室町が、「オカマなんかと一緒に(演劇)できるかよ!」(だったっけ?)って言うシーンがあるんだけど、いきなりドアからオカマの木之元(國村隼)が出てきて、一言。

「オカマ、バカにすんな!オカマはね、1度で2度おいしいのよ!」
 ↑
このセリフ、好き~っheart04 (笑)

更に室町に何か言われて、

「男はコーヒー、女はミルク。混ぜて混ざって、ワタシはカフェオレ・・・」だって!(笑)
カフェオレ飲むたびに思い出しそう・・・ (^^;

観る前は、「ま、劣化したティム・バートン って感じなんぢゃねーの?」なんて思ってたケド、すんません!
そんなこと思ってた自分がバカでした・・・
皆さんにもぜひぜひ映画館で観て欲しい作品です!

あ、そーそー。
デヴィ夫人、貫地谷しほりさん、ゆうたろうさん(石原裕次郎のものまねする人)、彦麻呂さん、林家ペー・パー子夫妻などがカメオ出演しているそーです。
デヴィ夫人とゆうたろうさんは冒頭の洋館に飾られた写真の中に、彦麻呂さんも別のシーンで出てきたのはわかったんだけど、あとはわかんなかったな~
皆さんも探してみてね!

|

« 珍しいきっぷ | トップページ | 学園天国☆ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

アリスさん、こんにちは!

同姓同名の監督さんが作られている映画なので
個人的にとっても気になっているのですが(^_^、
ご覧になった皆さんのほとんどが面白かったと
答えてらっしゃっていて、全然関係ないのに
鼻が高いです(^_^。

予告を見た時にとってもカラフルで楽しそうだな〜って思いました。
ストーリーも良いのですね。

スクリーンで見たらより感動出来そうですね。
時間があったら見てみたいです。

投稿: じまぁ | 2008/09/28 09:24

>「ま、劣化したティム・バートン って感じなんぢゃねーの?」
って私も思ってました。
なので、私的ラインナップから外したのでありましたがsweat01、違ったのね。

投稿: 桜桃 | 2008/09/28 14:09

あ!観て来たんだ。

へいちゃんも観たい。
いつもながら独りで観たい。
だって、泣いてるところ見られたくないもん( ̄□ ̄;)!!

クソジジィって言葉に大笑いしちゃった。
毎日、クソジジィと暮らしてますが…(^o^)

投稿: へいぽー | 2008/09/28 14:57

じまぁさん、桜桃さん、へいぽーさん こんにちは!

# じまぁさん

> 同姓同名の監督さん
そーなんですよ!
監督さんの名前を見たときに、じまぁさんのことを思い出しました。(笑)
(ちなみに、監督さんは「なかしま」さん。)
『嫌われ松子の一生』とか『下妻物語』の監督さんだそーです。

機会があったら、ぜひぜひ映画館でご覧下さいね!


# 桜桃さん

「劣化したティム・バートンかも」と思っていましたが、ネットのレビューで評判がヨカッタので、観に行きました。
評判どおりでしたよ~♪

逆に、期待している『20世紀少年』は評判がイマイチなよーで・・・
上映時間が合わないのでまだ観に行ってませんが、もしかしたらDVDで観ることになるかもしれません。


# へいぽーさん

パコちゃんがかわいくてね~happy02
天使の笑顔ですよ~、アレは。
他の面々のヘンさ加減もイイ感じでした (^-^)

> だって、泣いてるところ見られたくないもん( ̄□ ̄;)!!
わしもです・・・
映画館ぢゃなくて家で独りで観てたら、もぉ涙と鼻水でぐちゃぐちゃになるくらい泣いてたと思います (^^;
とても人前ではそこまで泣けまへん・・・

投稿: アリス | 2008/09/28 16:25

実は私も先々週、これを見ました。
「20世紀少年」を見ようと思っていたんだけど、ネットの評判がイマイチなので、評価が高かったこっちにしたの。同じですね。
最初、テンションの高さについていくのが必死だったけど(^^ゞ、途中からはどっぷりパコワールドにひたりました。
隣りの席の幼稚園くらいの子もおとなしく楽しそうに見ていましたよ。

投稿: Tompei | 2008/09/30 15:12

Tompeiさん、こんばんは。
Tompeiさんも『パコ』ご覧になったんですね! (^o^)
皆さん フツーぢゃない人ばかりでしたケド、特にサダヲがっ、サダヲが~っsweat01

> 隣りの席の幼稚園くらいの子もおとなしく楽しそうに見ていましたよ。
アレはオトナ向けだと思うんですケドね~
子どもが観てわかるのかしら?
本人が観て「おもしろ~い!」って思えば、それでイイのかな?

投稿: アリス | 2008/09/30 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/42611579

この記事へのトラックバック一覧です: パコと魔法の絵本:

« 珍しいきっぷ | トップページ | 学園天国☆ »