« 通院日記 | トップページ | 週末トラベラー[21] VSE☆-1 »

2008/08/05

第11回お江戸オフ

土曜日、10回目に続いて、またまた「お江戸オフ」にお邪魔してきました!
11回目の今回は、桜桃さんTompeiさんぶんぶんさん陶片木さんTOKIKOさんくっきもさんと私の7名。

15時に湯島駅で待ち合わせとのことなので、京急で終点の泉岳寺(せんがくじ。品川の次)まで行って、そこから都営地下鉄で三田まで。
三田で都営地下鉄三田線に乗り換えて大手町まで行き、そこから東京メトロ千代田線で湯島駅を目指します。

三田線 三田駅ホームの安全柵に点字標示がありました。
(安全柵のドアに向かって左手にあります。)

文字では「3号車3番ドア 目の不自由な方のためのシートです。大切にしましょう。」と書かれていますが、点字では

4番線 西高島平 方面
3号車 3番ドア
→先頭(1号車)

と書かれています。
(括弧の点字が判んなくて、帰宅後、点字一覧表で確認しました。ナサケナイ・・・)

三田駅から5つ目の大手町で千代田線に乗り換え。
三田線は巣鴨に行ったときに乗ったケド、千代田線に乗るのは初めて!
東京の路線は複雑過ぎてわからん・・・ (-_-;
大手町駅のホームから改札までの階段を上ってたら、なぜかめちゃめちゃタバコ臭かった・・・ (x_x;)
ちゃんと換気してよね~・・・

何とか乗り換えて、大手町から2つ先の湯島で、無事皆さんと合流。 ホッ (^。^;)
まずは、湯島天神へ!
(詳しくはこちら。)

皆さん、しっかり地図やガイドブックを持参されてます。
さすが!
一番若輩者なのに、人任せでスミマセン・・・

それにしてもあっっっつい!!!
ちょっと歩いただけでケツ汗がああぁぁぁ~~っっsweat01

そんなこんなで、湯島天神に到着。

湯島天神の表鳥居

表鳥居の横にあった説明書き。

--------------------
湯島天満宮

 社殿は平成7年(1995)総檜木造りとして造営された。平成5年(1993)お木曳き(造営の開始)の神事が行われ、遷座祭(完成)まで2年7か月を要した。
 祭神は菅原道真(すがわら みちざね)である。伝承によれば文明4年(1355)湯島の郷民が霊夢によって老松の下に勧請したといわれている。その後、太田道灌(おおた どうかん)が社殿を再興し、江戸時代になって、徳川家康やじめ歴代の将軍があつく庇護し隆盛をきわめた。かって、湯島天満宮は“湯島天神”として知られ鳥居前には町もでき人々の往来で賑わった。
 ・銅製表鳥居(都指定文化財) 寛文7年(1667)9月創建され、同11年(1671)修理した銘がある。下脚部に唐獅子頭部の装飾は鳥居としては特異なものである。
 ・奇縁氷人石(きえんひょうじんせき) 嘉永3年(1850)10月江戸で初めて建てられたもので、右側面に「たづぬるかた」左側面に「をしふるかた」とある。迷子探しの石で都内でも貴重なものである。

―郷土愛をはぐくむ文化財―
文京区教育委員会
--------------------

一応「お江戸オフ」に参加してるんだから、少しはそれらしいこと書かないとね (^^;
(「太田道灌って誰~?」って方はこちら。江戸城を築城した武将だそーな。日暮里駅前には道灌さんの銅像があるらすぃーよ。)

湯島天神 社殿

お参りをして、おみくじを引いてみたら、吉でした。
いつも凶を引いていらっしゃるとゆー桜桃さんは今回は小吉、くっきもさんは大吉だったよーです。

おみくじに書かれていた歌。

--------------------
うつくしや 紅の色なる 梅の花
阿呼が顔にも つけたくぞある
(菅原道真公御歌)
--------------------

調べてみたら、「阿呼(あこ)」とは道真公の幼名だそーで、5歳の時に庭の梅を見て詠んだ歌なんだとか。
5歳にして女装癖があr(違)

おみくじで気になった項目。

--------------------
○願望 おそけれど思いのままなるべし ←「思いのまま」ね ( ̄ー ̄) ニヤ
○待人 音信あり来たる ←電話、メール、手紙バッチコーイ!! щ(`Д´щ)
○旅行 色情(いろごと)をつつしめ ←そんなぁ~っ!「生まれもってのスケベ」なのに・・・ (^^;
○方角 西南の方よし ←ウチ(横須賀)から西南って・・・ドコ?
○病気 なおる ←足の赤いポツポツ、だいぶ治ってきました (^-^)
○縁談 良縁必らず調う。あせらずに待て ←あせらずに待ってたら、80歳とかになったりして (^^; 求ム、茶飲み友達(爆)
--------------------

湯島天神の裏門

これは裏門。
そのすぐ下は「切通坂(きりどおしざか)」とゆー名前なんだそーで、そこにも文京区教育委員会の説明書きがありました。

--------------------
切通坂

 『御府内備考』には「切通には天神社と根生院(こんじょういん)との間の坂なり、是後年往来を聞きし所なればいるなるべし。本郷三、四丁目の間より池の端(いけのはた)、仲町へ達する便道なり、」とある。湯島の台地から、御徒町方面への交通の便を考え、新しく切り開いてできた坂なので、その名がある。
 初めは急な石ころ道であったが、明治37年(1904)上野広小路と本郷三丁目間に、電車が開通してゆるやかになった。
 映画の主題歌「湯島の白梅(しらうめ)」“青い瓦斯灯(ガストウ)境内を 出れば本郷切通し”で、坂の名は全国的に知られるようになった。
 また、かつて本郷三丁目交差点近くの「貴之床(きのとこ)」(本郷2-38-9・新井理髪店)の二階に間借りしていた石川啄木が、朝日新聞社の夜勤の帰り、通った坂である。
  二晩おきに夜の一時頃に切り通しの坂を上りしも 勤めなければかな  石川啄木
--------------------

啄木さんも通った切通坂をあとに、次なる目的地はここ!
大正2年創業の和菓子「うさぎや」さんです。
屋根の上のうさぎさんがカワイイ♪

御和菓子舗 うさぎや  屋根の上に鎮座されているうさぎさんの銅像

ここのどら焼きが有名なんだそーで、皆さん ご家族の人数分買われてました。
私も自分のと母ちゃんの分を購入。

ここ、喫茶店併設ぢゃないのね・・・
うさぎやさんに来るまでの間に、美味しそうな甘味処があったなぁ~
小腹も空いてきたし、一休みしませんか?

などとワガママを言い(グズる子供かっ!ホント、スミマセン・・・)、「喫茶・御菓子司 つる瀬」さんへ。

私が注文した「クリームあんみつ」。
1人だけガッツリ食べてる、KY(空気読めない)なヤツ (^^;

Tompeiさんご注文の「わらび餅」

桜桃さん、ぶんぶんさん、陶片木さん、TOKIKOさん、くっきもさんがご注文された「ふく梅」

ここで、くまさんご登場!
他の飲み会の時間までご参加頂けるとのこと。
「アリスさん、鉄ヲタだって書いてたから・・・」と、何やら紙袋を取り出すくまさん。

こ、これは! Σ( ̄□ ̄; )
「都電もなか」ぢゃないですか~っ♪ (((d(≧▽≦)b)))

「都電もなか」の包み

都電もなかの外箱

外箱が車庫になってて、その中に車両を模した小箱が入ってて、1輌に1つずつもなかが入ってるんですね。
うぉ~っ、スゲー凝ってる!(萌)

アテクシのあまりの食いつきっぷりに、皆さん若干引いておりました (^^;

珍怪魚ツレタ… ( ; ̄д ̄)@/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~>´)))< sweat01

1人で大騒ぎしているアホなぷち鉄ヲタに、「はい、撮って撮って!」と、さっとテーブルを片付けて下さった皆さん、ありがとうございました (^-^)
しかも、「全車両持って帰って!」と、私だけ5個ももなかを頂いてしまい、申し訳ありませんでした。(多謝!)
「ぷち鉄ヲタ」って言っとくもんだな~
あまりの嬉しさに、記事の最後でも詳しくお伝えします。(笑)

「都電もなか」に萌えたあとは、「旧岩崎邸庭園」へ。

三菱財閥3代目社長、岩崎久弥が茅町本邸として用いた屋敷(Wikipediaより)のうち、現存する洋館・撞球室(ビリヤード場)・和館が重要文化財に指定されてるんだとか。

洋館 正面

こーゆーお屋敷を見ると、つい

J◎-◎しΨ☆Ψ(´┏∀┓` ) ルネッサーンス!
  ↑
お笑いコンビ「髭男爵」の1行AA(笑)

ってやりたくなるのは私だけ? (^^;

あ゛、靴脱ぐのね・・・
今日は靴脱ぐよーなトコないからイイや と思って、5本指靴下はいてきちゃった (^^;
ま、いっか。

玄関入って右手に暖炉があります。

左手の大階段のホールにも暖炉。
暖炉の上の鏡に、大階段が写ってます。

--------------------
大階段

 1階ホールから2階へと続く大階段は、支柱のない構造となっている。ホールにある一対の化粧柱、華麗なアカンサス風の花模様で装飾された手摺が設けられている。また、地階へ続く階段は螺旋階段となっている。
--------------------

これがその大階段のホール。
残念ながら、地階へは行けないよーです。

大階段を上って2階へ

2階

うわっ、壁紙が金色!
さすが財閥のお屋敷って感じ。
花輪くん(ちびまるこちゃんに出てくるお金持ちのお坊ちゃん)が出てきて、「いやぁ、レディーたち。そのへんに座ってくつろいでくれたまえ」とか言って、ひでじいが紅茶とフランスのお菓子を持ってきてくれそう (^^;

この壁紙、「金唐革紙」ってゆーんだって。
「曲線紋様」という作品。
触って楽しめるよーになってます。

ちなみに、「金唐革紙」って何て読むのかわかんなかったケド、上の作品のところに点字標示があったので、わかりました (^^;

「きんからかわし」 きょくせんもんよー
と書かれています。
(またもや、括弧の点字が判らんかった・・・ orz)

婦人客室

こちらは、婦人客室の隣の部屋(バルコニーに面した部屋)の金唐革紙。
「花と曲線」という作品です。

この作品の点字標示

金唐革紙 製作工程。
右から、
1. 楮(こうぞ)・三椏(みつまた) 合紙
2. 錫箔(すずはく)おし
3. 打ち込み
4. ワニス塗り
5. 彩色

バルコニー。
開放的で風が気持ちイイから、「花と曲線」の壁紙の部屋に天蓋付きベッド(こーゆーヤツ)置いて、ちょっとお昼寝した~い!
イイ夢見られそう(笑)

バルコニーの端から見た洋館の外観。
あの開いてる窓から、捕らわれのお姫様を助けに行けそーだな。 (^皿^) なんちて
と思ったら、あそこ確かトイレだったかも・・・ orz

3階(屋根裏部屋?)への階段。
地階にも行けなかったし、ココも立ち入り禁止。
残念・・・

【追記】
この階段、召使用なんだそーです。
(そーいえば、他のところにもあったな・・・)
召使さんたちは、大階段使っちゃいけないんだって。
(情報提供:ぶんぶんさん。ありがとうございました!)

1階に戻ってきました。
ここはサンルーム。
貴婦人たちがお紅茶なんか飲みながら、優雅なひとときを過ごしていたんでしょうね。

バルコニーの真下。
床が寄せ木細工になってます。
お金持ちって、こーゆートコにカネかけるのね~
庶民には理解できないこだわりがあるのかも・・・ (^^;

バルコニー側から見た外観。
あ~、アレだけベランダ(笑)が広かったら、家族分の布団いっぺんに干せるだろーなぁ・・・ とか考えちゃうわしは、とても玉の輿には乗れません (^^;

洋館の窓から、隣の和館を望む。

この先が和館。
建物同士がもっと離れてるのかと思ってたケド、洋館とつながってるんだ~。


洋館の勝手口(?)のドアのステンドグラス。
「洋」のテイストはここまで。
ここからは和風です。

和の庭園

廊下

大広間

和館の外観

このあと、17時から洋館脇の撞球室(ビリヤード場)のところで「土曜コンサート」があるとゆーので、ちょいと聴かせて頂くことに。

クラシックをピアノと歌で って感じだったんだけど、まぁ、音楽についてはドシロウトなんで、演奏については何にも言えませんが、アゲアシ取りな性分なモンで、音楽以外で1点だけ (^^;
ピアニストのおねーさん、冒頭の挨拶で「この昼下がりのひととき」って言ってたケド、17時過ぎに「昼下がり」はないっしょ~sweat01
(昼下がり:正午を少し過ぎた頃)

なんて、どーでもイイことが気になっていたのでした。(笑)

そんなこんなで、まったりと昼下がり(笑)のコンサートを楽しんでいたら、そろそろお店の予約の時間!
失礼と思いつつ、演奏の途中でこっそり抜けて、旧岩崎邸庭園を後に。

・・・しよーと思ったら、門のところにぬこ(猫)さんたちが♪
警戒してたんで、そっと近づいて撮影。

  

くまさんと陶片木さんとは、残念ながらここまで。
残る6名は次なる場所へ。

蓮でいっぱいの不忍池を見ながら、上野公園を横切って目指す先は、「上野精養軒」の屋上にあるビアガーデン!
(緑の屋根の建物の後ろにあるのが精養軒。)

蓮の花。
蕾でも十分綺麗です (^-^)

ビアガーデンからは上野公園一望!
風も気持ちイイ~!

お、ビール来た来た♪
あんまり歩いてないケド、暑かったからウマー! (≧▽≦)b-☆

ビールと枝豆  サーモンにポテトフライ

鉄板焼きとポップコーン  チーズ盛り合わせ

クラッカーチーズ乗せを食べよーとつまみ上げたら、あまりの湿度の高さにクラッカーが湿気まくり、チーズの重みでもろもろと崩れました・・・ (-_-;

一望できた上野公園は、1時間後にはステキな夜景に。
遠くのほうに、どこかの花火大会の花火が見えました。


おまけ:
今回も、皆さんから嬉しいお土産が!

右:くっきもさんお手製のバナナケーキ。めちゃウマでした!
真ん中:ぶんぶんさんから頂いた虫除けリストバンド。シトラスのイイ香りがします (^-^) ビアガーデンで重宝しました。
左:うさぎやのどら焼き。

ちなみに、私が持って行ったのは、モンドールさんの「カレーの街サブレ」。
この前モンドールさんに行ったら、定休日でもないのに閉まってたから、てっきり辞めちゃったのかと思ってたケド、アンテナショップ(?)には出荷してるよーです。
バラ売りはしてないケド、「よこすかカレー物語」(焼き菓子)も健在でした (^-^)

さてさて、こちらは、くまさんから頂いた「都電もなか」。
あ゛、もしかしてまたディスプレイの前で引いてます? (^^;

車庫(外箱)の前に、5車両並べてみました。

中身のもなかも都電型!

紙袋もカワイイ♪
「東京に一つだけ残った
チンチン電車の通る街
梶原に生まれた都電もなかは
なつかしい思い出
ばなしがはずみます。」

包装紙。
都電荒川線の路線図が描かれてます。

そこに貼られた、原材料とかが書かれたシール。
内容量、「10個」ぢゃなくて「10輌」だって。
くぅーっ!ヲタ心をくすぐるね~っ

ご一緒して下さった皆さん、ありがとうございました (^-^)
今回はつい本性(?)が出て、ドン引きさせてしまいましたが、これに懲りずにまた遊んで下さいね!

|

« 通院日記 | トップページ | 週末トラベラー[21] VSE☆-1 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

点字」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

先日はどうもありがとうございました。
点字標示から入っていくあたり、アリスさんのレポらしくて、説明もばっちり!
これはかなりお勉強になりますね~^^

岩崎邸庭園の3階?への階段、あれが召使の階段だそうですよ。
急だったもんね。

そうそう!都電もなか、箱なしの私の都電は見事ぺしゃんこに((爆))
でも、美味しかったですねーーscissors

投稿: ぶんぶん | 2008/08/05 07:16

長編力作、お疲れ様!

写真も説明も詳しくて、とってもためになります(^^)。いつの間にこんなにたくさん写真を撮っていたの?! きちんと記録するという能力が私にはないので、これからもよろしく!

横須賀の西南というと、伊豆半島、紀伊半島の先端と、四国、九州の太平洋側ですね。頑張れ! でも、焦っちゃダメ!

投稿: Tompei | 2008/08/05 08:35

ぶんぶんさん、Tompeiさん 土曜日はありがとうございました!
また、トラックバックもありがとうございます (^-^)

# ぶんぶんさん
点字は見つけるとつい撮ってしまいます。
別のものを盗撮してるんぢゃないかと思われて通報されないか、一瞬躊躇しますが (^^;

> あれが召使の階段だそうですよ。
そーいえば、ガイドのおじさんがそんなようなこと言ってましたね~
情報ありがとうございました。
追記しました! ∠(`・◇・´)

都電もなか、やっぱりつぶれちゃいましたか・・・ スミマセンsweat01
でも、おかげで5車両全部揃って嬉しいです♪


# Tompeiさん
ついついあれもこれもと撮りまくってしまうので、毎回まとめるのに苦労しております・・・
Tompeiさんみたいな簡潔な記事が書けるよーになりたいなぁ~

> 横須賀の西南というと、伊豆半島、紀伊半島の先端と、四国、九州の太平洋側ですね。
おぉ、ありがとうございます!
地図とにらめっこしながら「伊豆半島の先端くらいかなぁ」と思っていたのですが、ビミョーに方位がズレてましたね・・・(恥)
Tompeiさんのコメントを見ながら、「伊豆なら踊り子号、四国と九州なら寝台車だな ( ̄ー ̄) ニヤ」などと考えている私がいます。(笑)
あ゛っ、ドン引きしないで~っsweat01

投稿: アリス | 2008/08/05 10:07

お疲れ様でした。
都電もなか、これだけ喜んでいただければ本望です。
地元で話のネタにできるのはこれくらいしかなくて・・・。
8日には鉄道博物館に行ってまいります。
でも私は鉄ヲタではありません。^^

投稿: くま | 2008/08/05 13:01

先日はありがとうございました。
サンルームのお写真を見て、どこにあったっけ?と思ってしまいました。

こうやってあらためて写真を見ると、
あのときの空気もよみがえってきますよね。

次回は是非ご一緒に飲みたいです。

投稿: 陶片木 | 2008/08/05 22:20

土曜日はありがとうございました。
カレーサブレ、大~ぃ好き!

具体的かつかゆいところに手が届くという丁寧な記事ありがとうございます。
とっても、よくわかりました。
私も一応、説明看板の写真撮ったんですけど、面倒になっていつもながらええかんげんな記事になってます^^;

投稿: 桜桃 | 2008/08/06 00:19

くまさん、陶片木さん、桜桃さん 土曜日はお世話になりました!

# くまさん
都電もなか、ありがとうございました。
意外な鉄土産の登場に、テンション上がりまくりで失礼しました (^^;

> でも私は鉄ヲタではありません。^^
いやいや、「鉄」分はどんな人にでも多少なりともあると思いますよ。(笑)
鉄道博物館、楽しんできて下さいね♪


# 陶片木さん
トラックバックありがとうございました。

> サンルームのお写真を見て、どこにあったっけ?と思ってしまいました。
サンルームは撞球室側にあります。
上の「バルコニー側から見た外観。」という画像の一番右(ちょうど切れてるところ)だと思います。
調べてみたら、後年(明治43(1910)年)に増築したそーですよ。

> 次回は是非ご一緒に飲みたいです。
ぜひぜひ!
楽しみにしております♪


# 桜桃さん
トラックバックありがとうございます。
カレーサブレ、美味しく召し上がって頂けたようで、嬉しいです (^-^)

> とっても、よくわかりました。
ありがとうございます。
簡潔にまとめる とゆーことができないので、ついつい画像いっぱい、リンクいっぱいになってしまうので、もう少しスッキリさせたいところです・・・
細かすぎてチマチマした性格よりも、「ええかんげん」なくらいのほうがイイですよ~happy01

投稿: アリス | 2008/08/06 15:44

アリスさん、先日は楽しかったですね。
とくにくまさんがお土産出したときの喜びようは(笑)
包み紙はそんな風にすごろく風になってたんだ、シールの10輛も、、ホント凝ってますねぇ。こりゃ鉄にはたまらんっすね。

カレーサブレ、甘いのとスパイシーなのと絶妙で美味しかったです。

いっぱい写真撮っているなあと思ってましたが、記事にもいっぱい貼ってある。すごいなあ。。

またご一緒できることを楽しみしてます。

投稿: くっきも | 2008/08/08 00:05

くっきもさん、先日はお世話になりました。
トラックバックもありがとうございます。

> とくにくまさんがお土産出したときの喜びようは(笑)
まさか鉄関連のお土産が出てくるとは思わなかったので、思わずまわりそっちのけで食い付いてしまいました (^^;
しかも、もなか本体の味より、外箱への反応が・・・sweat01

くっきもさんのバナナケーキ、当日の朝急遽作ったとは思えないほどめちゃめちゃ美味しかったです!
イイお父さんだな~(しみぢみ・・・)

また遊んで下さいね♪

投稿: アリス | 2008/08/08 14:19

先日は、おせわになりました♪
岩崎邸、上がってはいけない階段とか
入ってはいけないドアとか、気になりましたね~
もしかしたら、地下通路がとんでもないところにあったりとか、
秘密めいてて面白い。

今回、アリスさんがキャットフードを持ち歩いていてくれたから
たくさんの猫たちと遊べてうれしかった~happy01

投稿: TOKIKO | 2008/08/09 16:32

TOKIKOさん、先日はありがとうございました。
トラックバックもありがとうございます。

廊下の両側にいくつも部屋があったのに、全部ドアがしまってましたね・・・
入れなくてもイイから、せめてドアを開けておいてくれたらなぁ~
部屋の中だけでも見てみたいですよね。
地階への螺旋階段も、召使用の階段も行ってみたかったですね。

キャットフードはなるべく持ち歩くようにしています。
街なかで猫さんたちと会ったのに、ご挨拶のネコメシもないんぢゃ失礼かな と (^^;
あのドライフードは小分けされていて便利ですよ♪

投稿: アリス | 2008/08/10 16:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/42053358

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回お江戸オフ:

» 第11回お江戸オフ(その1) [Fancy Pet]
先週末、お江戸オフをしてまいりました。 とはいえこの猛暑です。歩き回るのは大変な [続きを読む]

受信: 2008/08/05 07:18

» 真夏の江戸オフ・昼下がり [陶片木]
今日は恒例のお江戸オフ。\(^o^)/晴れ女集団で真夏のオフはきついでしょうと、 [続きを読む]

受信: 2008/08/05 08:26

» 第11回お江戸オフ [葉桜日記]
 暑中お見舞い申し上げます。一年で一番暑いこの季節は一年で一番ビールが美味しい時 [続きを読む]

受信: 2008/08/05 08:40

» 第十一回お江戸オフ [あん・ぷろん・ぷちゅ]
ちょっと、日が経ってしまったのですが、8月2日土曜日、真夏のお江戸オフでした。 [続きを読む]

受信: 2008/08/06 00:16

» 第11回お江戸オフ その1 [ぶつぶつぶろぐ]
御利益あるかしらねえ… 朝のゴタゴタのあと、急いで湯島へ。今回の散策ポイントは湯 [続きを読む]

受信: 2008/08/07 08:48

» 真夏のお江戸オフ [GALLERY]
8月2日、お江戸オフに参加してきました。 今回は真夏なので歩くコースは短めで 湯 [続きを読む]

受信: 2008/08/07 23:20

« 通院日記 | トップページ | 週末トラベラー[21] VSE☆-1 »