« コネタいろいろ | トップページ | Voyager(ボイジャー)2008 »

2008/07/13

あえぐ息

第3回ココログ小説大賞佳作 『あえぐ息』

読者投票の結果、書籍化決定!
来年の4月発売です。
本が出ます!

冒頭の部分をちょっとだけ見せちゃいます (^-^)

--------------------
第1章


私は“そこ”に辿り着いた――――

“あの人”が亡くなってから、私の人生はひどいものだった。
次に出逢った男は穏やかな口調で、表向きは私のいいなりだったが、気がついたらかなりの金銭をつぎ込んでいた。
でも、“あの人”とつながりのある人間だったので、私はなかなか別れられずにいた。
それに、私はそのときすでにクスリ漬けになっていたのだ。
男は私にクスリを与えてくれる。
それも欲しいだけ。
私の躯はボロボロになっていた。

このままではダメになってしまう。
“あの人”とのつながりが消えてしまうのは辛いけれど・・・
私はようやく決心し、その土地を離れた。

次の土地で出逢った男は、前の男とは正反対だった。
金銭をつぎ込むようなことはなかったが、私を手荒く扱い、クスリも与えてはくれなかった。

あぁ、“あの人”が恋しい。
“あの人”に会えるだけで、私は幸せだった。
“あの人”の存在が私の支えだったのに・・・

こうしている間にも、病魔は私の躯を蝕んでゆく。
クスリで誤魔化し続けてきたツケがまわってきたのね。

私はその土地を後にした。
彷徨い歩いた私が最後に辿り着いた“そこ”は――――

「アレルギー科」


--------------------

え゛、意味わからん?
でしょうね~ (^^;
フツーに「アレルギー科に行きました」って書いてもつまんないから、ちょっとサスペンス小説っぽく書いてみました。

第3回ココログ小説大賞佳作?
あ~、ウソウソ、大嘘 (^^;
タイトルの「あえぐ息」は、漢字で書くとすぐにわかると思いますが、喘ぐ息=喘息(ぜんそく) ですね。
本の表紙は、こちらの『エア新書』ってヤツで簡単に作れるんですよ。
本の画像や「AirBook.jpで見る」をクリックすると、Amazon.co.jpみたいなページまであるんです。
凝ってるな~ (^o^)
(Special Thanx:style-TKさん

小説の内容を追いながら、1つずつ説明しましょう。

「あの人」とは、このblogではおなじみの名医 Dr.サイトーのこと。
残念ながら、3年前胃ガンのため天に召されました・・・(泣)
いつも大きな声で「僕のハゲと同じで遺伝だからしょーがないですよ (^-^)」なんて言って、病気のストレスを吹き飛ばしてくれたDr.サイトー。
大好きなお医者さまでした。

そんなDr.サイトーの後任はK先生。(「次に出逢った男」ってヤツね。)
「アレルギーの薬、60日分ください」とか、「咳出てるんですケド、前にこれとこの薬もらって効いたから、また同じのください」って患者側(私)から言うと、そのとーりに処方してくれるんです。(「私のいいなり」ってヤツね。)
で、調子に乗ってあれやこれや処方してもらってたら、気がつきゃかなりのお金をつぎ込んでました・・・(汗;
しかも、薬を飲んでいればアレルギー症状が出なくてラクなので、量を調整しつつダラダラと飲み続けてしまい、いつしかクスリ漬けのカラダに・・・(滝汗;

何度か病院を変えよーかと思ったんですが、Dr.サイトーが残した病院だと思うとなかなか決心がつかなかったんです。

県内でもワーストクラスの大気汚染地帯に勤めているワタクシ。
年々アレルギーが悪化し、3年前には軽い喘息に・・・
今年もスギ・ヒノキの花粉症(くしゃみ、鼻水、アレルギー性結膜炎)が落ち着いてきた頃(5月頃)、咳と微熱の症状が出始めました。
油断して抗アレルギー剤の量を減らしたからかしら・・・と、以前もらって効いた風邪薬一式(総合感冒薬、咳止め錠剤、シロップ等)を処方してもらったのですが、アレルギーの薬を飲みつつ風邪薬も服用し、すっかりヤク中に・・・ (-_-;

おかげで微熱やだるさはなくなりましたが、喉の違和感やそれに伴う咳はいつまで経っても治まりません・・・
大好きだったDr.サイトーが亡くなったからといって、ホイホイ他の病院に乗り換える気にはなれず、今まで新・Dr.サイトー診療所(仮名)に通い続けていましたが、さすがに騙し騙し薬を飲み続けているワケにはいきません。
やはり「餅は餅屋」とゆーことで、6月中旬に耳鼻咽喉科へ。

耳鼻科の先生(「次の土地で出逢った男」ってヤツね)は、何とゆーか、「適当にあしらう」といった感じでした。
喉の違和感や痛みで1ヶ月以上苦しんでいると必死で訴えても、喉の奥を見て「そんなに赤くなってないよ。アレルギー検査もスギだけだったんでしょ?」と言って、ヨード系の薬(イソジンみたいなヤツ)を喉にグリグリ塗って終わり。
しかも、コレがめちゃめちゃからい! (>_<)
喉の奥に塗るからオェッってなるし・・・(涙目)
薬も一切処方されませんでした。

あぁ、Dr.サイトーだったら、ちゃんと適切な治療と処方してくれただろーになぁ・・・
「僕も花粉症だから、わかります。大丈夫!」って言いながら、こんな症状、笑い飛ばしてくれただろーになぁ・・・ (;_;)

喉の違和感と咳は、治るどころかますますひどくなって、もうアレルギーの薬の量を増やしても、まったく効きませんでした。
K先生にもらった吸入器でも治まりません。
喉がイガイガして、ずーっと「んんっ、んんっ」と咳払いしているよーな状態で、時々発作のよーに咳き込んでオェッとえずいてしまいます。
夜は布団に入ると必ず咳き込み、朝は4時頃に咳き込んで目が覚める という状態で、体力が消耗し、ますます治りづらくなってしまいました。

そんなとき、ご近所さんが「あそこのアレルギー科、イイらしいわよ。先生も花粉症だから、患者の気持ちがよくわかるらしいし」と教えてくれました。
「餅は餅屋」パート2!(笑)
アレルギーにはアレルギー科!

ってなワケで、耳鼻科に行った翌週、今度はアレルギー科のある内科へ。

長くなっちゃったんで、詳細は次の記事で。 (^^;

|

« コネタいろいろ | トップページ | Voyager(ボイジャー)2008 »

健康」カテゴリの記事

コメント

アリスさん おばんです!

ドキドキしながら読みました・・・。志ん生師匠も真っ青になって、裸足で逃げ出す位の『落ち』が用意されていたんですね。

完全にやられました!
飲んでいたパイナップルジュースを、危うく取り落としそうになりました。

投稿: 高木のおっちゃん | 2008/07/14 00:01

おっちゃん、おはようございます。
楽しんで頂けたようで何よりです (^-^)
パイナップルジュース、落とさないでヨカッタです。
こんなつまらんオチで落としたら、もったいないですからね。(笑)

> 志ん生師匠も真っ青になって、裸足で逃げ出す位の『落ち』
とんでもない!
志ん生師匠の足下どころか、その8,000キロ下にも及びませんよsweat01

投稿: アリス | 2008/07/14 09:16

おぱよーーーー

あれがあれして、あーなったからあーにするんだ(笑)

こいさ、Style-TKさんのあの本で表紙作ろうよ!
へいも、やるから企画物でいきましょう!どうよ?

投稿: へいぽー | 2008/07/14 11:11

へいぽーさん、こにゃにゃちわ!
おぉっ、アレで表紙作ったらおもしろいでしょうね!
やってみませう ( ̄ー ̄)ニヤ

投稿: アリス | 2008/07/14 12:17

アリス先生、弟子にしてください。
ぱくりました^^;

咳つらそうですねー。
お大事にねー。

投稿: ぶんぶん | 2008/07/14 14:41

おおおおおおお~~

朝お邪魔したときは本はなかったのに本まで創刊されてるぅ!!
いいぞ~~
コメントは帰ってからさせていただこうと思ってたの。

って、そんなこといってる場合じゃないよね。
お大事になさってくださいね。

次号も楽しみにしてますshine

投稿: 桜桃 | 2008/07/14 14:52

ぶんぶんさん、桜桃さん こんにちは!
ご心配おかけして、すみません。
喉はもう大丈夫です!
さすが、「餅は餅屋」パート2!(笑)

# ぶんぶんさん
こんなんで良ければ、いくらでもパクって下さい (^-^)
でも、ぶんぶんさんをお弟子になんて・・・sweat01
私がお弟子になりたいくらいです。


# 桜桃さん
へいぽーさんのアイディアで、ニセの出版本を作ってみましたsmile
よりリアルになったでしょ? ( ̄ー ̄)ニヤ

> 次号も楽しみにしてますshine
え゛っ Σ( ̄□ ̄; )
この続きも小説風に!?

投稿: アリス | 2008/07/14 15:25

むふっ!いいですね~
ますます、エイプリルフールぽくなりました(笑)

いやーへいぽーもつくろうっと。

投稿: へいぽー | 2008/07/14 19:47

へいぽーさん、アドヴァイス&トラックバックありがとうござりまする~
7月にエイプリルフールっちゅーのも、なかなかオツですね (^-^)
(っちゅーか、7月なんで、全然「エイプリル」ぢゃないんですが・・・ (^^;)

へいぽーさんのも拝見しました。
読みた~い!

投稿: アリス | 2008/07/15 09:26

皆さん、楽しい~!!!
先にぶんぶんさんのところへ行かなかったら
書籍化信じ込みましたよ(^^;

喘息はつらいですね。
息子が小さい頃よく起こしていて
枕もとにユーカリオイルをおいたりしてました。
お大事にしてくださいね。

投稿: TOKIKO | 2008/07/15 14:06

TOKIKOさん、こんばんは。
あら、書籍化には引っかからなかったんですね・・・残念!coldsweats01

> お大事にしてくださいね。
ありがとうございます。
内科の先生の見立てでは「アレルギーから来る軽い喘息(喘息の一歩手前)」でしたが、薬が合わなくなってきたので、もしかして別の病かも・・・shock
果たして、アレルギー科の診断は・・・!
続きをお楽しみに!

投稿: アリス | 2008/07/15 17:20

こんにちは♪

あらすじ・・・キタ━━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━━━!!!(笑)
おもしろいぢゃないですかー!
才能あるな~(*^▽^*)
ホント続きが読みたいッス(笑)

私からもTBさせて頂きました(^_-)-☆

投稿: style-TK | 2008/07/15 18:18

 >アリス嬢

 『エア新書』
 マジ!?!? と思ってすっかりひっかかってしまいました>善良な市民?
 『エア』でもいいから私も出版してみた~い!! ヒマな時に作ってみようっと(笑)。
 最近エア××、流行ってますけど、ちょっと前なら『なんちゃって××』だったよね。
 三歳の娘は私に『エア読み聞かせ』をして、週刊誌片手に勝手にストーリー作って遊んでますよ。

 『Dr.サイトー』
 お医者さん(とか先生とか上司とか)との出会いって縁だよね。
 私もサイトー先生にかかりたいな、と思い返すこと、多いです。今の場所では産科の先生が やっとめぐりあえた一人 に近い、かなと思いますが、初産のときの開業医の先生は、相性もイマイチでしたな。
 とにもかくにもお大事に。

投稿: あゆか | 2008/07/15 22:09

style-TKさん、あゆか殿 こんばんは~

# style-TKさん
トラバ返し、ありがとうございました (^-^)
「エア新書」、好評みたいで嬉しいです♪
それをblogで取り上げてくれたstyle-TKさん&アドバイスしてくれたへいぽーさんに感謝感謝!


# あゆか殿
お、引っかかってくれたのねん、「エア新書」♪ (^皿^)
あゆか殿は、ぜひぜひエアぢゃなくてホントに出版して下され~

> 三歳の娘は私に『エア読み聞かせ』をして
おぉ、スゴイ!
血筋ですな~

> お医者さん(とか先生とか上司とか)との出会いって縁だよね。
だね!
ヘタなお医者にかかっちゃうと、余計ひどくされちゃうもんね・・・
(歯医者は特にね~。某駅前の女医さんのトコはひどかった・・・)
あゆか殿も約60日後の2人目ご出産まで、風邪など引かないよーにね!

投稿: アリス | 2008/07/15 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/41804642

この記事へのトラックバック一覧です: あえぐ息:

» 穴の話 [Fancy Pet]
その穴に気づいたのは一体いつのことだったでしょう・・・? だんだん広がる穴に恐怖 [続きを読む]

受信: 2008/07/14 13:35

» 僕は夏に見たんだ! [へいぽーが復活!]
width="280" height="500" 僕は人間の世界の汚いところを見 [続きを読む]

受信: 2008/07/14 20:45

» ぢつは・・・ [ALS そして、僕の生きる道]
ぢつは・・・ 本出版しました↓ なーんてね、ウソですよ~(*^▽^*) 「エア新 [続きを読む]

受信: 2008/07/15 18:25

« コネタいろいろ | トップページ | Voyager(ボイジャー)2008 »