« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008/05/28

週末トラベラー[20] 2008年度社員旅行-3

まずはこちらを。
1日目
2日目(前半)
--------------------

このあとは、体験教室です。
土曜日の今日は、グーグーダンスの総仕上げ。
復習はしてきた? (←エド・はるみのネタ (^^;

え~、突然ですが、ぱんつくったことあります? (o ̄▽ ̄o)
え?パンツ食ったことあんの?

って、小学生かっ!(笑)
区切るところ(読点)が違うだけで、意味が違ってきちゃうってヤツね。
例えば、「だいぶつかっちゃった」→「大仏買っちゃった」と「だいぶ使っちゃった」。
この場合は、「パン、作ったことある?」ってオチ。

ってなワケで、前フリが長くなりましたが(笑)、パンツ食って・・・いや、パン作ってみました!
レッツ・スタート・クッキングゥ~ good

今回は「遊牧民のパン作り」の体験教室。
「パン作り」といえばイースト菌ですが、イースト菌は温度管理が難しいそーなので、今回はベーキングパウダーを使います。

手をしっかり洗ったら、予め袋に入れられた強力粉・薄力粉・ベーキングパウダーをボウルにあけます。
そこに、バター(普通の有塩のヤツ)ひとかけと、牛乳・砂糖・卵(?)なんかが混ざった液体を入れます。

うどんをこねるみたいに、まとまりが良くなるまでこねます。
まとまるとこんな感じ。

こねた生地を、こんなふうにクルクルと木の棒に巻きつけます。

木の棒を竹に刺して、焚き火で焼きます。
ワイルドだな~(笑)

パンを焼いている間に、バターも作っちゃいます (^-^)

この容器には、脂肪分の高い、濃ゆ~い牛乳が入ってます。
(手が粉だらけでごめんちゃい (^^;)
これを、ひたすら上下にシャカシャカ振ります!
シャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカシャカ・・・・・・腕だるい (>_<)
まだ~?

「容器に黄色いのが見えてきたら、開けてみて下さ~い」と指導員のおねぇさん。
ん?ビミョーに黄色いのが見える。
どれどれ・・・

おっ、バター色のツブツブの物体ができてる!

「その白い液状のものは脱脂乳です。それを粉状にしたものが脱脂粉乳ですね。水分があると固まりませんので、脱脂乳は飲んでしまって下さい」とおねぇさん。
脱脂乳をクピッと飲んで更に振ること20秒。

おおぉっ、ちゃんとバターになってる!
これを焼きたてパンにつけていただきます♪

って、そーいえば、パンどーなった? (^^;

なかなかイイ感じに焼けてきましたよ~ (^o^)
時々竹をまわしながら、全体に焼き色をつけていきます。

♪君のためにパンを焼く 顔中真っ白になりながら
♪イースト菌でふくらます 香ばしい愛を育てよう
(山崎まさよし 「パンを焼く」)

なんて脳内で歌ってる間に焼き上がりました♪

軍手をして棒から抜いたら、できあがり!
棒を抜いてできた穴にバターを塗りこんで、いっただっきま~す!
焼きたてだから、あちっあちっ・・・うん、外はパリパリで中はもっちり。
手作りっておいしいね! (^-^)

バターを作った容器はお持ち帰りできます。
自宅で作る場合は、フツーの牛乳1:生クリーム1の割合で混ぜたヤツを振ると、今回のと同じ感じのバターができるそーです。
生クリームの分量を増やせば、もっと濃いバターができるとか。
(ちなみに、持ち帰った容器は、母ちゃんが間違えて捨ててしまひました・・・)

ジンギスカン食べたあとに、パンまで食べたから、マジでお腹いっぱい・・・
バスの出発時間まで1時間くらいあるので、牧場内をぐるっと散策してみましょう!

放牧場の羊さんたち。

放牧場から下を見ると、なぜか大量の鯉のぼりが・・・

『モンゴル村テムジンへようこそ』
モンゴル風の家が何軒か建っていて、宿泊できるよーです。
(詳しくはこちら! ←PDFで開きます。)

外観はこんな感じ。
扉の色や柄がオシャレですね。
おじゃましま~す!

扉と同じオレンジ色がベースの内装。
ベッドは4つで、テレビもあります。
テレビに隠れてますが、テレビの後ろの壁にチンギス・ハーンらしきお姿が描かれたラグ(?)がかかってます。
真ん中にはテーブルとストーブ。その上にはやかん。


天井は開閉式(外側のシートをめくるだけ?)で、外の光を取り入れられるようになっています。

モンゴル村のすぐそばにある『ハンモックの森』。
ハンモック、初体験!
風が気持ちイイんだけど、船に揺られてるみたいで、チト船酔いちっくな気分・・・

「シャガ」というお花。
あとで調べたらアヤメ科だって。
言われてみれば、アヤメっぽいね。

ちょうど近くを通ったトラクターバスのおにーさんの説明が聞こえてきました。
しいたけ菌を植えつけてあるらしい・・・

その先にある、『ヒツジの家』におじゃま。

黒いひつじさん
(ブレた・・・)

牛さん
(こっちもブレた・・・)

黒やぎさん。
白やぎさんからのお手紙、読む前に食べちゃダメですぞ!(笑)

ひつじさんがいっぱい!
かたっぱしからウールマーク付けたくなる(笑)

『ヒツジの家』を出ると、今度はワラビーさんがいました。

木の枝か何かを両手で器用に持って、かじったりしげしげと見つめたりしてますが、最後(4コマ目)には「飽きた・・・」

興味深げに近づいてきたのはイイけど、鼻がごはんだらけだよ (^^;

「ふ~、どっこいしょっと。ニンゲン相手は疲れるなぁ・・・」

奥からピョンピョン跳んできた左の2匹。
師匠(私が公私ともに敬愛する職場の先輩♂。鉄の師匠でもあるw)が動画を撮ろうと思ったら止まってしまったので、私が交渉したら、またピョンピョン跳んでくれました。
わし、やっぱり動物と喋れる? (^^;

ワラビーのこども。
かわいいっ♪

う゛、さすがに歩き疲れた・・・
帰りのバスでは、運転手さんが用意してくれた『釣りバカ日誌17』(石田ゆり子さんと大泉洋ちゃんが出てたヤツ)をまったり見ながら帰りました。
体調はイマイチだったケド、楽しい旅でした (^-^)


おまけ画像:
帰りの東名高速 海老名SAで、師匠にタカって(笑)買ってもらった、『HAPPY CLOVER』の焼きドーナツ。
右は杏仁味で、左は・・・何でしたっけ? >師匠 (^^;
ドーナツっちゅーより、固いカステラって感じでした。



そーいえば、数年前の社員旅行で海老名SAに寄ったときも、師匠にタカって、たこ焼きか何か買ってもらったなぁ・・・ (^^;
師匠、いつもゴチで~す♪

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2008/05/20

週末トラベラー[20] 2008年度社員旅行-2

まずはこちらを。
1日目
--------------------

2日目:5月17日(土)
07:00
ホントは6時半に起きてお風呂入ろうと思ってたんだけど、起きられず・・・
喉の痛みも前日とほとんど変わりません・・・

07:30
朝食。
この宿、朝はおかゆだから、胃にやさしくて助かるわ~ (^-^)

08:30
一同、宿に別れを告げて、貸切バスに乗り込みます。
運転手さん、今日は一日よろしくお願いします!
前回(2004年度社員旅行で)網代に来たときは、伊豆のガラス工房や大室山に行きましたが、今回は富士エリアを観光します。
途中にある「ひものセンター」に寄ってお土産を買ったら、バスは一路「富士山本宮浅間大社」(ふじさんほんぐうせんげんたいしゃ)へ!

・・・うげっ Σ( ̄□ ̄; )
東名高速 富士IC付近が激しく渋滞中!
運転手さんいわく、「富士芝桜まつりに行く車で渋滞してるんですよ」とのこと。
やむを得ず「浅間大社」はスルーして、次の観光地「白糸の滝」へ。

音止の滝こちらは、「白糸の滝」の手前にある「音止(おとどめ)の滝」。
おぉ~っ、手すり際で水しぶきがかかって、マイナスイオン浴びまくり~♪ (o ̄▽ ̄o)
なぜ「音止」なのかは、こちら(Wikipedia)をさくっと読んでみて下さい。 (←手抜き (^^;

こちらが「しらたきの糸」・・・いや、「揖保の糸」・・・全然違うっ
「白糸の滝」です (^^;
滝つぼの色がキレイ!
(Wikipediaの説明はこちら!)

遠目から見た「白糸の滝」

近くから見た「白糸の滝」

新緑と滝のマイナスイオンで癒されたあとは、バスでちょっと行ったところにある『まかいの牧場』でお昼ごはん&その他諸々。

--------------------
まかいの牧場の由来

 源頼朝は流人の身を送りましたが、やがて新しい時代を起こそうとする関東武士の士気に乗じて伊豆に旗揚げをし、ついに建久3年天下を平定し鎌倉に幕府を開きました。この翌年の建久4年の5月、頼朝は時の勢いと権威を示そうとして、富士山のふもと、朝霧高原で壮大な巻狩りを挙行しました。巻狩りとは広い原野にひそむ動物を四方から取り巻いて追い出し、これを狩り取る武士の遊びであり、又、同時に武士道への統一を与え、武術の練磨を目的として行われました。頼朝の命にしたがって全国から馳せ参じた武士は実に九万九千四百騎と言われ、家来たちを加えるとその数、実に七十万人にも上ると言われています。そのとき頼朝の家臣が「朝霧高原では軍馬の育成をせよ」と命ぜられ「馬飼野」(まかいの)の姓を授けられたことがはじまりです。巻狩りは御殿場から始まり十里木を通り今の狩宿(かりやど)に館を置きました。ここには今も有名な天然記念物の駒止(こまどめ)の桜と共に、狩りの宿が残っており、昔を偲ぶことができます。
 まかいの牧場の所在地は穴籠(あなかご)と呼び、獲物を追い込み捕獲したところと言われており、自然の地形が今も残っています。又、狩りの様子を眺めた駒立ての丘や大将的場跡には、今も残る的山や飲水にも使用した雨ヶ池等、数多くの地名や遺跡が残っています。
 巻狩りの最中、工藤祐経(すけつね)を父の敵(かたき)と狙う曾我兄弟の仇討ちがあり、この史跡は白糸滝の周辺に数多く残っています。

(牧場にあった看板より)
--------------------

なるほど~。
「まかいの」の「の」って、「私の」とか「あなたの」の「の」ぢゃなかったのね (^^;

さてさて、お昼ごはんは何かな~?
おぉ、ぼくぜう(牧場)と言えばコレですね!

てんこ盛りの野菜の上に肉っ♪ジン ジン 人事課~ (←芋洗坂係長(R-1ぐらんぷり準優勝者)のネタ (^^;

ぢゃなくて、

♪ジン ジン ジンギスカン~

ですよ、奥さん!

焼けた肉っってなコト言うてる間に、焼けた!食ぉ~っ♪
ぢつは、ここだけの話(笑)、ジンギスカンって初めて食べました。
うん、フツーに美味し!

う、チト食べ過ぎたかもしれん・・・
本日のメインイベント(?)の時間まで、腹ごなしにちょいと牧場内を散歩しよ。

このお馬さん、お子が生まれたそーですよ。

これがその仔馬。
カワイイね!

こちらは白ヤギのナナ。
後ろにいるのは白×茶色いヤギのボブ。
このヤギさんを連れて、牧場内をお散歩できるよーです。(有料)

  < おやつくれ
 < おやつくれ
< おやつくれ

牧場内では動物のおやつを売っているので、人が近づくと、みんなこんな感じなんです (^^;

あら、白馬だけ?
王子は、王子はどこ~っ?(笑)

このお馬さん、ちゃんと右前足を上げてポーズ取ってます。
写真撮る前に下ろしちゃったんだけど、交渉したらまた上げてくれました (^-^)
師匠(私が公私ともに敬愛する職場の先輩♂。鉄の師匠でもあるw)に「動物と喋れるヤツ」と言われてしまった・・・ (^^;

こちらは、こげ茶の毛色のお馬さんと、ベージュの毛色のお馬さん。
どの子も優しい目をしています (^-^)
乗馬体験もあるよーです。(有料)

トラクターバス。
運転手のおにーさんが説明しながら、牧場をぐるっと一周してくれるよーです。(有料)

さ、適度に腹ごなしもしたし、いよいよ本日のメインイベント(?)です!

2日目(後半)につづく

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/05/19

週末トラベラー[20] 2008年度社員旅行-1

5月16日(金)~17日(土)、社員旅行で網代(あじろ)@静岡県熱海市に行ってまいりました!
前回はワタクシめが幹事で、やや鉄分(鉄道関係)多めの旅となりましたが(笑)、今回は厳正なあみだくじの結果、先輩♀が幹事となったため、鉄分少なめに・・・

今回の宿、ぢつは2004年度(2005年3月)の社員旅行でも泊まってるんです。
そのときも先輩♀が幹事だったんですが、かなり気に入ってしまったよーで・・・
ぢつは、わしも気に入って(^^;)、同じ年にプライベートで(母ちゃんと)泊まったため、今回で3回目。
でも、あとで社長から聞いた話では、50回も利用されてるお客さんもいるんだとか。
スゴイね!

1日目:5月16日(金)
木曜日あたりから何だか背中がゾクゾクすると思ってたら、どーも珍しく風邪引いたみたいです。
そろそろイイかな と思ってアレルギーの薬の量を減らしたところに、月・火とめちゃめちゃ寒かったのに、「もう5月だから」と油断してあんまりあったかいカッコしなかったのが祟ったよーです。
それに、シゴトのことやら何やらであれこれ考えすぎてたのが一段落してホッとして気がゆるんだのもあるかも。
原因は何にしろ、喉が痛くて唾液飲み込むのもツライ状態です・・・
せっかくの社員旅行だけど、早めに寝かせてもらお。

12:30頃
早めに昼メシして、横浜駅へ

13:10頃
@横浜駅 6番線
今回も、『スーパービュー踊り子7号』に乗ります!
(あれ?前回も「踊り子7号」だったな。前回は15時台だったのに今回は13時台か・・・本数増えたのかな?)

ホームの電光掲示板踊り子タン撮る前に、師匠(私が公私ともに敬愛する職場の先輩♂。鉄の師匠でもあるw)が電光掲示板を撮っていたので、釣られて撮影。(笑)


師匠いわく、スーパービュー踊り子号って、先頭(1号車)と最後尾(10号車)に「展望席」っちゅーのがあるんだって。
イイなぁ~、乗ってみたいっスね!

13:21
てなことやってる間に、踊り子タン入線!
師匠と共に、ホームにしゃがみこんで撮影~っ!

踊り子タン右にいる駅員さんに、「ななめ45°」(お笑いトリオ)の岡安(車掌ネタやるヤツ)口調で「あ、白線の内側にお下がりください」って言われるかと思ったケド、大丈夫でした。(笑)

幹事さんが決めた座席では違う先輩♂の隣でしたが、他のおぢさんと仕事の話がしたかったよーで、師匠が隣に (o ̄▽ ̄o)
でも、せっかく師匠が鉄話を熱く語って下さったのに、わし、風邪薬が効いてて、ところどころ寝ちゃってました (^^;
(っちゅーか、ほとんど寝てて、ところどころ起きた (^^;)
師匠、スマソ・・・

14:25
@熱海駅
ホームの電光掲示板『スーパービュー踊り子』タンは網代には停まらないので、ココで伊東線に乗り換えです。
せっかく踊り子タンに乗ったのに (´・ω・`) ショボーン
たまには終点の伊豆急下田まで乗りたいなぁ・・・

14:41頃
伊豆急普通電車談笑しながら待つこと約15分。
伊東方面から来た「熱海」行き(伊豆急行200系 タイプIII)が入線。
これが折り返し、14:46発 普通「伊豆急下田」行きになります。

14:58
熱海から3駅目の網代に到着。
旅館の送迎バス+タクシーで宿へ。
お世話になります (^-^)

ちなみに、今まで女子社員は私と先輩♀の2人だけでしたが、社長の奥さんも会社に加わり、今年から女性3名になりました。

宿からの景色。
かすんでてイマイチわかりにくいですが、遠くに初島が見えます。
部屋からの眺め

あ゛~、喉ツライ・・・
先輩♀&社長の奥さんと庭園散策したかったケド、奥さんから「休んでたほうがイイわよ。先にお風呂入ってきたら?すぐに出ると湯冷めするから、汗が出るくらいじっくり温まるのよ!」と言われたので、そーすることに。
湯船と洗い場を3往復くらいして十分温まったあとは、宴会まで部屋で一休み・・・

18:00
創立10周年記念祝賀会!
って言っても、体調イマイチだから、ほとんどお酒飲まなかったケド・・・
でも、いっぱい寝られたから、だいぶ喉の痛みが治まってきました (^-^)

・食前酒: 自家製山桃酒
・先付け: 自家製烏賊の塩辛
・八寸: 小茄子の木の芽味噌、楓豆腐、独活(うど)皮の湯葉巻き、合鴨ロース、若竹煮
・お造り: 当日水揚げされた地魚
(鮪、鯛、間八、鯵、烏賊、マンボウ、鰹、その他)
舟盛り
・酢の物: 酢味噌掛け(ふき、ホタテ、海老、独活)
・強肴(しいざかな): カサゴの唐揚げ 甘酢あん掛け
カサゴの唐揚げ
カラッと揚がってて、頭から尻尾まで全部食べられるんだけど、今回も完食できんかった・・・
・お凌ぎ: 地魚のにぎり寿司
・煮物: 白玉饅頭、絹さや 鶯(うぐいす)あん、海老の酒蒸し、しめじ茸
・台の物: 白魚柳川もどき、笹がき牛蒡
・中皿: 蟹クリームコロッケ、生野菜
・お椀: 烏賊岩石、板水仙、ワラビ
・お食事: 竹の子ご飯
・香の物: 三品
・デザート: 自家製アイス、フルーツ、りんごワイン (←りんごの赤ワイン煮でした)

20:05頃
うぷ、さすがにお腹いっぱい・・・
風邪薬も効いてるのか、激しく眠くなってきちゃった。
これから宿内のスナックで二次会だけど、30分ほど部屋で寝かせてもらうことに。

21:30頃
あ゛、ヤヴァい!
ケータイのアラームの時間セットし間違えてて、1時間半も寝ちゃった!
二次会に顔出したら、すでにエラい盛り上がってました。
あのまま寝ててもバレなかったかも (^^;
狭いスナックで、先輩♀と後輩♂×2人がタバコ吸いまくってたから、せっかく治まってきた喉の痛みがぶり返してきた・・・
社長の奥さんもタバコ苦手なので、あとで咳き込んでました。
髪も服も全部ニオイがついちゃったし、タバコってホント迷惑・・・ (-"-;

もう一度お風呂に入って、ニオイを落として、さっぱり♪
社長たちの部屋で行われていた3次会はお断りして(でも、ちょっとだけ顔出して、社長と後輩♂の肩を軽くマッサージして)、就寝・・・

2日目(前半)につづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/05/15

だめんず・うぉーかー (^^;

ちょっと前の記事に、「転職しよーか考え中・・・」みたいなことを書いたのですが、自分のやりたいこと・向いてるシゴトが何なのかわからず、転職しよーにも行動に移せないでいました。

ここだけの話(笑)、この前、2~3週間に1回通っている鍼灸院の先生♀に、シゴトのことを相談したんです。
「ネットで適職診断をやってみたら、フラワーアレンジメント、エステティシャン、福祉住環境コーディネーター、セラピストなんてのもありましたが、鍼灸師とかカイロプラクターとか整体師なんてのも書いてあったんですよ」と言ったら、「整体師は資格がないから、鍼灸師の専門学校に3年通って、鍼師・灸師・マッサージ師の国家資格を取ったほうがイイわよ。何をやるにしても、まずは一歩踏み出してみないとね」と言って、先生が出た専門学校のパンフレットを取り寄せて下さることになりました (^-^)

鍼灸師の資格取ってぇ~、専門学校で出逢った素敵な(←ココ大事w)殿方とケコーン&開業?みたいな? (o ̄▽ ̄o)
なんてアホな野望を抱きつつ、ネットで鍼灸師の専門学校について調べてみて愕然! Σ( ̄□ ̄; )
入学金+授業料その他諸々で400~500万だって・・・
しかも、ココに入学するのってかなりの倍率らしい。
(高卒の子もいるし、脱サラの人も・・・)
キビシイだろうと覚悟はしてたケド、これぢゃちとムリっぽいかも・・・
(特にお金の面が・・・)

ってか、ホントに転職したほうがイイの?
今の会社で頑張ったほうがイイの?
今週末にある会社の10周年記念社員旅行の前に、それだけはハッキリさせなくちゃ!

こんなときは、ズバリ 占い! (^^;
街角で手相・人相を見てくれる「○○の母」みたいなおばちゃんに占ってもらうことにしました。
ホントは1人で行こうかと思いましたが、チト心細いので、友人のナースももちゃん(仮名)に付き合ってもらうことに。
(ももちゃん(仮名)、急なお願いにもかかわらず、快く付き合ってくれてありがとう!)

で、当日(まだ占ってもらう前)。
なんと、社長から直接今後の仕事について話がありました!
リストラ候補No.1と言われていたのに、ちゃんと私に合う(かもしれない)仕事を考えてくれていたんですね、社長・・・ (´;ω;`)
ありがたや~(合掌)

その日の夜、ももちゃん(仮名)にその話をしたら、「じゃあ、占う必要ないじゃん! (^-^)」と言われましたが、せっかくなんで占ってもらうことに。
(恋愛運も訊きたいすぃ~w)

手相・人相で2千円、姓名判断も付けると3千円、更に「九星気学」も付けると5千円だそーなので、3千円のコース(?)で鑑定。
(ちなみに、名前は漢字ではなくひらがなでメモってました。)

まず、手相(手のひらと手の甲)を見て一言、「書く仕事に向いてるね」と。
「それだけで食べていけるほどではないケド、趣味でそういうことやってみてもイイんじゃない?」だって。
おぉっ、ぢつは、ハッキリと誉められたワケぢゃないケド、社長や先輩♀からその点を評価されたばかりだったんだよね♪
おばちゃんいわく、「仕事運は順調で、ちゃんと成果も出してますよ」って。
じゃあ、転職せずに今の会社で頑張ってみよ! (^-^)

「音楽のほうとかにも向いてるのよ。それも食べていけるほどじゃないケド、いろいろやれる人。イイ感性持ってるもの。」なんて言われちゃった♪
(やっぱりちゃんと絵の勉強続けてればヨカッタかな・・・。わし、熱しやすく冷めやすいモンで (^^;)

「呼吸器系が弱いですね。風邪引くと喉にきて咳出るでしょ?」とおばちゃん。
 えぇ、確かに昔からそーですね。
 花粉症のとき以外、鼻にはきません。
「あと腰と目には要注意!40(才)くらいから特にね」
 う゛、腰痛くて鍼灸院に通ってますし、目もウルトラど近眼です・・・。
 一日中PC使う仕事ですし。
 何でわかるんですか?
「顔に出てるもの。名前にも」
 え゛ぇ゛っ、そーゆーのって顔に出るんですか~。
「出るわよ~」
 へぇ~、スゴイ!顔のどこに出るんだろ・・・
 で、恋愛運とか結婚運はどーですか? ゚+.(・∀・)゚+.゚ ワクテカ
「男運が悪いね~。男を見る目がない・・・」
 う゛・・・マジっスか!? Σ( ̄_ ̄; )
「家族運が強いから、結婚しないほうがイイですね。出戻ることになるから」
 ぢつはすでにバツイチでして・・・ (^^;
「あら、もうやっちゃったのね (^^;」
 えぇ・・・男運が悪いのは、どーすればイイんでしょう?
「お母さんも男運良くないのよ。お父さんとお母さんがそーゆー種蒔いて、それがあなたに出ちゃったから、しょーがないよね」
 しょーがないって言われても・・・ (´・ω・`) ショボーン
 今は母親しかいないんで、ちゃんと結婚して安心させてあげたいんですよ。 (←って、こーゆーこと言ってるから、家族運が強くて出戻っちゃうのかな?)
「男を見る目を磨かないとね!年上で経済力と包容力のある人じゃないと。年下はダメね。」
 あ゛、やっぱり・・・(元彼は年下 (^^; でも、年下って結構好きなんだけどなぁ・・・)

なんて言ってる「だめんず・うぉーかー」を地で行くワタクシ (^^;
最後に、おばちゃんが「また新しい恋人ができてから(手相・人相を)見たら、運勢が変わってるかもよ。今年は出逢い運はイイから」って言ってたので、「年上で経済力と包容力のある“イケメン”の方」、お近くにそーゆー方がいる という方、ぜひぜひこちらまでご連絡を!
自薦他薦は問いません。(笑)


追記
おばちゃんに言われたこと、もう1コ思い出した・・・
「言葉には気をつけないと。言ってることは正しいんだけど、思ったことをハッキリ言っちゃうほうだから」って言われたんだった。
「もうちょっと女性らしい言い方しないとね~」だって (^^;
中身がおやぢなモンで、つい・・・気をつけます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/05/11

いつもありがとう (^-^)

今日のネットのニュースから。

--------------------
主婦業、年俸1200万円=米社が「母の日」で試算

 【シリコンバレー10日時事】
米人材情報会社サラリー・ドット・コムは11日の「母の日」に合わせ、子供がいる専業主婦がこなす家事や育児は合計で年俸11万6805ドル(約1200万円)に相当するとの試算を発表した。
母親の仕事の価値は金銭で測れるものではないが、同社は「ママの仕事の重大さを認識してもらうきっかけに」と期待し試算をまとめた。
同社はまず、主婦約1万8000人の作業時間を集計し、分類。その上で、料理を「コック」、子供の世話を「保育士」、車での送迎を「運転手」などにそれぞれ依頼したと仮定し、外注費用を積算した。専業主婦の母親の作業時間は平均で毎日13.5時間に上ったため、超過勤務手当がかさみ、年俸が膨らんだという。

[時事通信:2008年5月11日(日)14時54分@ @niftyニュース]
--------------------

もういっちょ。

--------------------
母親が行う家事、1千万超の給与に相当=カナダ調査

[トロント 9日 ロイター]
母親が行った料理や掃除などに対して賃金が支払われた場合、年収1千万円を容易に超えるとの試算結果がカナダで発表された。

母親1万8000人に対して、家事や育児など一般的な仕事内容のリストアップを依頼。その内容やかかる時間など、それぞれの労働に対する給与額について民間会社Salary.comが試算を行った。

カナダではリスト上位10位の仕事について、家事に対する給与額は主婦で12万5000カナダドル(残業代込み、約1280万円)、仕事を持つ母親で、実際の所得を除き7万5000カナダドル(約770万円)だった。

給与が高い理由として残業時間の多さが挙げられており、主婦は90時間以上、仕事を持つ母親でも仕事以外に54.6時間残業しているという。

[ロイター:2008年05月11日 18時54分@エキサイト 世界びっくりニュース]
--------------------

いっ、いっせんにひゃくまんンンーーーっ!? Σ( ̄□ ̄; )

ちょびっとだけ主婦業もしてたから、家事の大変さはわかってるつもりなんだけど、改めてこーやって数字で示されるとスゴイ仕事量だよね・・・
わし、いつもつい母ちゃんに甘えてしまってるな・・・ (´-ω-`;) イカンイカン

母ちゃん&世のお母さんたち、いつもありがとう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

至れり尽くせり♪

え~、まずは昨年12月のこちらの記事の後半(「気ン持ちイイ~もの と言えば、もう1つ。」以降)をさくっとお読み頂いて・・・

今年3月に新居にお引越したあっちゃん一家。
早速、先月からあっちゃんの妹が自宅でエステを始めたそーなので、昨日(土曜日)の午後、新築&開業祝のお花を持って、遊びに行きました (^-^)
もちろんエステもやってもらいましたよ♪

午前中は鍼灸院だったんですが、あっちゃんちは○○駅(鍼灸院の最寄駅)の1つ隣の駅からバスなので、一旦家に帰ってお昼ご飯を食べて、車であっちゃんちに行くことに。
でも、あっちゃんが「行ったり来たりするの大変でしょ?ウチ、○○駅の近くに駐車場借りてるから、車で鍼灸院に行って、そこに停めといてイイよ。で、そのままウチ来なよ。」と言ってくれたので、お言葉に甘えることに。
しかも、「お昼もウチので良ければ一緒にどう?」って。
おぉ~っ、心の友よ!(ジャイアンか (^^;)
あいかーらず、イイやつだな~っ(感涙)

あっちゃんちは家族仲がめちゃめちゃ良くて、いつ行っても温かく迎えてくれる、とっても素敵なファミリーなんです (^-^)
(わしの理想の家庭像です♪)
駐車場を使わせてもらって、お昼ごはんまでご馳走になったのに、更にあっちゃんママから「明日休みなんでしょ?晩ごはんも食べていきなさいよ」って言われちゃいました。
さすがにそこまでは申し訳ないので、「ウチも用意してると思いますんで・・・」と言ったら、「じゃあ、これ持っていきな」とあれこれ手土産まで頂いてしまって、もう至れり尽くせり!(嬉)

あっちゃん妹のエステ、前回は研修中だったのでタダで施術してもらったケド、今回からはお客さんなのでモチロン有料。
フェイシャルベーシックコース(60分) 1回の施術料が通常5,000円のところ、10回券を買うと3,500円!
でも、エステ以外でこんなにいろいろしてもらったから、なんか3,500円ぢゃ申し訳ないみたい・・・
いつかあっちゃんファミリーに恩返しできるとイイな♪


おまけ:
更に頂きもの。
あっちゃんがトニコン(V6のお兄さんグループ 『20th Century』(トニセン)のコンサート)で東北に行ったときのお土産です。(多謝!)


左:ぼんち揚げ 牛たん味/右:プリッツ 雲丹(うに)味
どちらも東北限定です!

ってか、東北まで追っかけしてんのね・・・
新居の部屋にも姉妹揃って某ジャニーズグループのでっかいポスターが貼ってあったし。(笑)
あいかーらずだな~ (^^;
でも、そのままのあっちゃん&妹でいてくれっ (≧▽≦)b-☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/05/08

シゴトのコト

【リストラ】
リストランテ(ristorante=「レストラン」のイタリア語)の略。

嘘でつ。
全力で嘘でつ。

え~、珍しく仕事の話でアレなんですが・・・
ウチの会社(っちゅーか、この業界)、ここ数年ちとキビシくて、今月中旬の10周年を機に改革を行うそーな。
「カネを生む仕事をする!」ってコトを社員に再認識させるため(?)に、社長と個別面談がありまして、連休明けの今日は私の番でした・・・

ハッキリ言って、私は間接的な業務が多く、「カネを生む仕事」はほとんどしてません。
それなりにスキルアップすればヨカッタんでしょーが、いかんせん好んで入った業界ではないため、まったくそーゆー気にならず、与えられた仕事をただこなすのみとゆー、ぶっちゃけ使えないヤツなんです・・・(滝汗;

ってなワケで、会社からすればリストラ候補No.1のワタクシ (´-ω-`;)
上にも書きましたが、好きで入った業界ではないので、数年前に発病した「辞めたい病」再発です・・・

思へば、わしの人生は結構いい加減でして (^^;
高校のとき、英語と美術の成績だけはヨカッタので、1校に1名のみの推薦を頂き、試験も面接もなく書類審査のみで英語の専門学校に入学。
在学中はバイトと部活に明け暮れ、ほとんど勉強せず、特にやりたいこともないまま、適当に就職情報誌で見つけた会社に「一般事務」で入社。
直属の上司である課長は一日中外回りだったため、必要なソフト(WordやExcelなど)の習得はほぼ独学。

そんな課長がほぼ課ごと独立したのも束の間、あまりのどんぶり勘定ぶりに案の定ツブれ、そこを拾ってくれたのが今の会社なんです。(多謝!)
が、私以外はすべて技術のおぢさんばかりで勝手がわからず、またもや「上司」がいないような状態に・・・
(後輩♂らはおぢさんたちからマンツーマンで教わってるんだよね。イイなぁ、わしにも技術ができたらな・・・)
唯一、先輩♀が指導してくれた業務だけが、私にとっての「カネを生む仕事」となりましたが、それもこの不況で徐々になくなる傾向にありまして・・・
そーなると、今の私がこの会社に捧げられるものは何もないんです。
(せっかく拾ってもらったのに、給料泥棒みたいで面目ないっス・・・)

それなら、この機会に思い切って辞めて、自分のやりたいコトやろ! o(`・ω・´)o
って言っても、「自分のやりたいこと」ってなんだろ・・・?

この前、友人 ゆみえ殿&嬢ちゃんと遊んだとき、嬢ちゃんに「大きくなったら何になりたい?」って訊かれて答えに困ったっけ・・・
(「大きくなったら」ってもう十分大きいんですが・・・(^^; カワイイねぇ♪)

やってみたいことがあったら、まずはバイトしながら学校行って資格取って・・・とは思ってますが、年齢が年齢だしね・・・
誰か永久就職させて~っ(笑)

ちなみに、いくつかネットで適職診断をやってみたところ、向いているのは、

診断A: イラストレーター
診断B: メイクアップアーティスト、インテリアコーディネーター、フラワーデザイナー、フラワーコーディネーター、カイロプラクター
診断C: インテリアコーデイネーター、各種インストラクター、イラストレーター、占い師、まんが家、フラワーアレンジャー
診断D: 弁護士、音楽療法士、福祉住環境コーディネーター、グリーンコーディネーター、アニマルセラピスト、日本語教師、エステティシャン、スポーツイベントプロモーター、臨床心理士、鍼灸師、柔道整復師、整体師
診断E: 製造業や福祉関係の仕事。ファイナンシャル・プランナー、中小企業診断士、セラピストなど

ざっくり分けると「デザイン系」か「美容系」か「癒し系」ってトコか・・・
ん~、どれも興味あるなぁ ( ̄ー ̄) ムフフ
マジで資格取ろうかしら? (←単純w

適職診断ぢゃなくて占いだと、大抵「会社勤めは向いていません。」って出るんだよなぁ・・・やっぱり? (^^;
資格取って自分で起業しろってこと???
うーん、そこまではちょっとね・・・

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »