« イケイケ☆バナバナ[10] | トップページ | オリオン座流星群 ☆彡 »

2007/10/21

ドラマ×ドラマ×ドラマ(2007年10月期)

今クールのドラマが始まって1週間経ったんで、見た順にいろいろ書いてみよーと思います。
あくまでも個人的な意見ですので、そのへんよろしくお願いします(笑)。

働きマン 水曜22時~
日テレ公式サイト

出演:
菅野美穂、速水もこみち、平山あや、佐田真由美、荒川良々、吉瀬美智子、野仲イサオ、吉沢悠、津田寛治、伊武雅刀、沢村一樹

あらすじ:
主人公の松方弘子は28歳独身。そして、週刊「JIDAI」編集部の女性編集者である。弘子は編集長や上司や同僚たちと一緒に右往左往しながらもいい雑誌を作る為に日夜奮闘する。寝食を忘れ、恋人との逢瀬もままならず、ジレンマに悩み、誰かとぶつかり…。それでもいい仕事をする為に、弘子は職場で、取材で、「働きマン」になる。
一所懸命に働く人に、男も女も関係ない。弘子や彼女に関わる人々を通して「仕事とは」「働くとは」を描いた漫画である。
(Wikipediaより)

視聴率:
15.7 → 12.3
--------------------

安野モヨコさんの漫画が原作。
『ショムニ』や『ハケンの品格』みたいなコメディだと思って見たら大間違い!
笑えるドラマぢゃなかったのね・・・

現在、Yahoo!コミックで原作漫画の1巻が51ページほど立ち読みできるんで読んでみたんだけど、初回はかなり原作に忠実だったな~。
(51ページってドラマ初回の半分~3分の2くらいまで。)
菅野ちゃんもピッタリ!
でも、「次も見たい!」とは思えなかったので、今週(2回目)は見ず。

Mこみちくんは今まで爽やかな役が多かったケド、高校のときの写真を見たら、カチューシャしたりして結構チャラ男っぽかったんで、ぢつは今回みたいな役のほうが合ってるのかも。


モップガール 金曜23時15分~
テレ朝公式サイト ←音量注意!

出演:
北川景子、谷原章介、高岡蒼甫、浅見れいな、マギー、渡辺夏菜、堀まゆみ、池津祥子、佐藤二朗、本田博太郎

あらすじ:
葬儀屋に勤める、遺品に触れると時間をさかのぼる「タイムリープ」という能力を身につけた桃子が、思いを残した死者を救っていく。
(Wikipediaより)

視聴率:
10.2
--------------------

ぢつは終わりの10分くらいしか見てません(^^;
0時15分~の『タモリ倶楽部』の「超先行潜入!鉄道博物館(後編)」を見るために、少し早めにテレ朝にしたらやってたモンで・・・
面白そうだな と思うも、2回目も見ず・・・


ハリ系 土曜24時50分~
日テレ公式サイト

出演:
中村友也、村川絵梨、松澤傑、皆川猿時、堀部圭亮、車だん吉、田口トモロヲ、久保田裕之、池谷のぶえ、ミッキー・カーチス、吹越満、もたいまさこ

あらすじ:
ハリネズミから進化したハリ系人間というものがこの世には存在する。
普通の人間(サルから進化したのでサル系)とハリ系人間は何の疑問を感じることなく、お互いに助け合い仲良く暮らしてきた。
そんな中、ハリ系人間の青年が、サル系人間の女の子と恋に落ちた。
同じ人間なのに、うまくいかないことに気づく2人。
――なぜなら、彼の背中にハリがあるから――
ちょっと切ない2人の恋人を中心として、ハリ系人間が普通に生きる世の中を朗らかに暖かく描いていく、心温まるファンタジードラマです。
(公式サイト「イントロダクション」より)

視聴率:
不明・・・
--------------------

小説誌『asta*』に連載されてるそーで、ほんわかとした挿絵同様、ほのぼのとした30分ドラマです。

ハリ系の女のコ ハリ奈ちゃんにフラれて落ち込んでいるハリ彦くんが、サル系の女のコ すず子さんと出逢い、なぜか突然ウニのよーに丸くなってしまう。
ハリ系が丸くなるのは命の危険を感じた時だけなので、自分でも丸くなった理由がわからないハリ彦くん。
2回目の昨日は、またもやすず子さんの前で丸くなってしまいます。
もしかしてすず子さんに恋しちゃったから?!
でも、ハリ系とサル系だし・・・どーなっちゃうんでしょう?

もたいまさこさん演ずるハリ彦くんのおばあちゃん ハリ江さんが鍼灸院を営んでるっちゅー設定もおもしろい。
(ハリ=鍼だけに(^^;)
患者さんに使う鍼は自分の背中のハリを抜いて使ってるし、それを10本ためると次回はタダなんだって(笑)。


ガリレオ 月曜21時~
フジテレビ公式サイト

出演:
福山雅治、柴咲コウ、北村一輝、品川祐、林剛史、福井博章、伊藤隆大、高山都、葵、渡辺いっけい、真矢みき

概要:
天才物理学者・湯川学が、大学時代の友人である刑事草薙俊平の依頼を受けて、一見超常現象とも取れる不可解な事件を科学によって解決してゆく。
(Wikipediaより)

視聴率:
24.7
--------------------

いや~、おもしろいわ、コレ!
今クールではダントツの視聴率っちゅーのも納得納得。

白衣姿の福山さんを見るのって、同じくフジテレビ系の『古畑任三郎』の犯人役以来。
あのときも「僕はこのとおり車椅子だから、殺人なんてできるワケないでしょう?」とか何とか言いながら、論理的で理屈っぽい説明してたっけ。
今回犯人役だった唐沢寿明さんも『古畑』で犯人役やってたしね。(19話「VSクイズ王」)
そーいえば、『古畑』も一話完結で、ゲストが犯人で、その犯人に辿り着くまでの過程を楽しむ(?)タイプのドラマだったなぁ(^^;

ただ、湯川(福山さん)の相方は柴崎コウさんぢゃなくてもイクネ?
Wikipediaに「原作中では湯川の相方は草薙であるが、ドラマでは女性刑事の内海薫が相方を務める。」って書いてあるのを見て、原作は読んでないケド、ドラマ見てて何かしっくり来なかったのはコレか! と。
何もムリヤリ女性にしなくても、原作どおり草薙刑事(北村一輝さん)が相方でイイぢゃんねぇ。
ヘンに恋愛ちっくなこと絡めて欲しくないなぁ・・・

草薙刑事の部下が品川(お笑いコンビ 品川庄司)っちゅーのも、個人的にはちょっとアレだな。
某バラエティ番組で「大御所の発言が終わる頃に自分の発言をかぶせてカットされないよーにしてる」って言ってたケド、ドラマでもなんかでしゃばってるオーラ(?)が出てて、正直ちょっとウザい (-"-;


有閑倶楽部 火曜22時~
日テレ公式サイト

出演:
赤●J、横▲Y、田■J之介、美波、香椎由宇、鈴木えみ、鹿賀丈史、片岡鶴太郎

概要:
主人公は「聖プレジデント学園」という架空の学校に通う6人(男女各3人)の生徒。公式には「生徒会」の役員だが、生徒会の活動らしき事は殆ど行わず、「有閑倶楽部」という通称で呼ばれ、メンバーが金と暇に飽かしつつ、大小様々な事件に首を突っ込み、各々の才覚を発揮してこれを解決していく…という内容。
6人はそれぞれが得意な才覚と知識及び強力なコネ(後述)を有している。それぞれ性格も価値観も異なるが、基本的には全員が正義漢であり、世の中の悪や不条理に対して怒りと不満を感じ、問題解決に挑むという構造になっている。
(Wikipediaより)

視聴率:
15.9
--------------------

コレについては、キャストが決まった時点でいろいろ書いたんだけど(この記事とかこれとか)、1回も見ないで文句言うのもナンなんで、見てみました(笑)。

演技力を求めちゃいけないメンツなので(笑) 見た目重視で見ましたが、ヘアメイクの腕もあって女性陣はかなりイイ感じに。
特に悠理!
漫画のまんまの悠理が動いてるよ~っ てくらいソックリ!
食べっぷりもイイし(笑)。
(ただ、あんなに食べてばっかりいないケドね・・・)

可憐も野梨子も悪くはなかったケド、可憐はもうちょっと胸が欲しいところ(^^;
野梨子役の香椎さんは洋風顔なので、欲を言えばもうちょっと和風顔の人がヨカッタなぁ。

横▲くんと田■くんも原作のイメージを損なわないよーに頑張ってました(^^;
が、かなりムリがあるよね、やっぱり・・・
横▲くんは清四郎のスマートさ(知的さ&身長)がないし、美童もモロ日本人顔でちっともハーフに見えん・・・
それに美童はさらさらヘアぢゃないと。
ムリに染めないで、カツラでヨカッタのに。

で、問題の赤●。
案の定、ただ一人だけ浮いてました。
タダのゲスト出演(友情出演?(^^;)なのかと思うくらい、見た目もキャラの性格も原作を丸ごと無視!
あんなの魅録ぢゃねーよ!(怒)
演技もせずに、素(す)の赤●のまんまって感じぢゃん!
ってか、役作りができないから、あえて見た目も魅録にしなかったのかも。
(だったらドラマ出るなよ(-"-; 芸能人やめて、さっさと駅前留学でも何でもしてろ!)

公式サイトのトップページのそれぞれのキャラにマウスオンすると説明が出るんだけど、魅録ンとこ、「頼れる硬派」だって。 ( ̄m ̄)ぷ
ラストで女のコにフラれて(?)メソメソ泣いてたヤツのドコが「硬派」なんだよ!

メンバーの中では悠理と一番気が合うよーで、原作では悠理と絡むシーンも結構あるのに、ドラマでは皆無だったし。
赤●が出てる限り、もう二度と見ません。(きっぱり!)

それに、ゴージャスさも全っっっ然足りない。
あんなの『有閑倶楽部』ぢゃないよ。

悠理の父ちゃん(片岡鶴太郎さん)も母ちゃん(かとうかず子)もイマイチだし。
父ちゃんの万作はもっと成金っぽいイメージが合う西田敏行さんのほうが適役だと思うし、母ちゃんの百合子さんは夏木マリさんがヨカッタなぁ。
魅録の父ちゃん役の鹿賀丈史さんはまぁまぁだったケド。

男山(魅録の飼い犬)、多満自慢&富久娘(悠理の飼い猫)、アケミ&サユリ(万作の飼いニワトリw)が一番イイ演技してたかもね(笑)。


ジョシデカ!-女子刑事- 木曜22時~
TBS公式サイト

出演:
仲間由紀恵、泉ピン子、リュ・シウォン、益岡徹、大倉孝二、袴田吉彦、鈴木浩介、入江慎也、田中哲司、大浦龍宇一、金子昇、片平なぎさ

概要:
射撃の腕はピカイチの新人刑事と検挙率№1のベテラン刑事の女性コンビが様々な事件を解決する刑事ドラマ。
(Wikipediaより)

視聴率:
13.4
--------------------

もともとピン子さんが苦手なんで見るつもりなかったんだけど、日テレの『ダウンタウンDX』がプロ野球で延びてて他に見るモンがなかったんで見てみました。
が、イマイチだった・・・

射撃の腕しか能のない刑事なんて使えるかーっ!(苦笑)
毎回毎回銃ぶっ放すつもりなのか?
いくらドラマだからって、ニポンぢゃありえね~・・・

仲間ちゃんに対するベテラン刑事の罵詈雑言(?)も、ピン子さんが言うと単なる新人いぢめみたいだし、仲間ちゃんの演技もなんかワンパターンな感じ・・・

ただ、今回救出した女性がラストで殺されて、その手のひらに連続殺人事件と同じく数字が書かれてたモンだから、続きが気になる~っ o(≧△≦)o
なんだかんだ言いながら、2回目も見ちゃうかも(^^;

|

« イケイケ☆バナバナ[10] | トップページ | オリオン座流星群 ☆彡 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪

私は「働きマン」第一話を観て、第二話を録画したので後で観て今後を決めるつもりです(^_^)v

モップガールおもしろいですよ☆
谷原さんのツッコミもグー(^_-)-☆

あとは観てませーん(^_^;

投稿: style-TK | 2007/10/22 13:39

style-TKさん、こんばんは~
『働きマン』、悪くはないんですケド、なんか重いんですよね~・・・
主人公 松方さんの気持ちもわかるし、でも彼氏がかわいそう とか思っちゃって、気楽に見られないんですよ。

『モップガール』はおもしろそうですね!
一話完結なので、見逃したら次週で意味がつうじない なんてこともなさそうですし。
次回見てみよーかな?

投稿: アリス | 2007/10/22 18:36

アリスさん、こんにちは。

「働きマン」は最初、菅野美穂さんが
変身するのかと思っちゃいました(^_^。
ポスターでは「ウルトラセブン」の
ビームのポーズをされていたので・・・って
すみません!半分以上ウソですが(^_^、
特撮ファンからすると「○○マン」という
題名だけでグッとくるものがあります(^_^。

アリスさんが紹介された中では「ガリレオ」を
見ています。月9を見るなんて久しぶりです。
原作を知らない分、す〜っと入っていけました。

#岩手では「帰ってきた時効警察」の
再放送が始まりました。全部見て、録画もしてあるのに
やっぱり見ちゃうんですよね〜(^_^。

投稿: じまぁ | 2007/10/23 13:44

じまぁさん、こんばんは!
じまぁさんも『ガリレオ』ご覧になってるんですね (^-^)
私も原作は読んだことありませんが、原作どおり草薙刑事(北村さん)が相方でヨカッタんぢゃないかな~? と思いました。
まぁ、柴崎さんでも悪くはないですが。

> #岩手では「帰ってきた時効警察」の
> 再放送が始まりました。
おおっ!
DVD持ってたり録画したのがあっても、テレビで放送されてるのを見るのはまた格別なんですよね~

投稿: アリス | 2007/10/23 18:53

最近、あんまり連ドラ見てなかったんですが、『ガリレオ』だけはなぜか見ています。主役(福山雅治)狙いではなく、原作者(東野圭吾)狙いで見たいと思いました。シリアスな推理モノかと思いきや、湯川(主人公=福山)のちょっと世間からズレた感覚と人間くささがいい感じに思えました。超常現象を否定しつつ、理屈に理屈を重ねて証明する数学的な謎解きが、作者と主役の色が合っているように思いましたよ。

 ーって、コムズカシイ感想は別として。
 実は、今まで一度も彼のドラマを見たことがなかったのですが、雰囲気・表現・存在感ともにいい味・個性のする方だなぁとはじめて感じました。月9も一番多忙な時間帯、かつナンパなドラマと勝手に決め付けて、この時間帯はスルーでした。
 大学の内情に詳しい者としては、あんなに整頓された研究室とか、スカッシュ場のある体育館なんてオシャレすぎて・・・(苦笑/あれは福山ファンへのサービスショットの気がしますが)。 
 といいつつ、次回もまたみたくなる私です。原作も読んでみようっと。

投稿: あゆか | 2007/10/24 08:36

あゆか殿、お疲れさ~ん!

> 実は、今まで一度も彼のドラマを見たことがなかったのですが、
わしも・・・(^^;

> 月9も一番多忙な時間帯、かつナンパなドラマと勝手に決め付けて、
そうそう。
W浅野とかギバちゃん、三上博史、中山美穂なんかが出てた、いわゆるトレンディードラマってヤツね。
恋愛モノが多い月9で、今回みたいなのは珍しいかも。

思えば、自分が見てるドラマは『ハリ系』以外恋愛モノぢゃないなぁ。
ありきたりな恋愛ドラマはもう飽きられてるのかもね。

投稿: アリス | 2007/10/24 14:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/16823757

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ×ドラマ×ドラマ(2007年10月期):

« イケイケ☆バナバナ[10] | トップページ | オリオン座流星群 ☆彡 »