« 3本立て | トップページ | ご対面~♪ »

2007/08/30

キャスティング

今日のネットのニュースから。

--------------------
赤●J「有閑倶楽部」で連ドラ初主演

人気グループ「K●●-T●●」の赤●J(23)が、10月16日にスタートする日本テレビのドラマ「有閑倶楽部」(火曜後10・00)で連続ドラマに初主演する。連ドラは同局の「anego~アネゴ~」(05年)以来2年ぶり。今年4月に米留学から帰国して以降では初めて。

少女漫画界の巨匠・一条ゆかり氏の原作で、81年から「りぼん」(集英社)で連載開始。現在は「コーラス」(同)で継続中で、単行本の総販売部数2500万部の大ヒット作だ。86年にはフジテレビが国生さゆり(40)主演で単発ドラマ化している。

セレブが集まる高校が舞台。大金持ちの家庭に生まれた個性的な美男美女6人、通称「有閑倶楽部」がさまざまな事件に巻き込まれるという展開で、赤●演じる松竹梅魅録(しょうちくばい・みろく)を中心に物語を構成。警視総監の息子で裏世界にも顔が利くスーパー高校生。ケンカとメカに強く、原作同様バイクを乗り回すアクションシーンもありそうだ。赤●は「初主演ですが、意識しすぎず楽しく撮影できたら」と気負いなし。荻野哲弘プロデューサーは「自然体の格好良さと内面のシンの強さを併せ持つイメージはぴったり」としている。

[スポーツニッポン:08月30日 06時12分]

注:ファンのコに検索されたくないから一部伏字にしています (^^;
--------------------

工エエェェ(´д`;)ェェエエ工

アレが魅録?
カンベンしてよ~っ
原作ファンとしてはすっげーヤダ!
ちゃんとあの薄ピンクの逆立てた髪にしてしてくれるんだろーな?

しかも、「赤●演じる松竹梅魅録(しょうちくばい・みろく)を中心に物語を構成。」って、『有閑倶楽部』のメインは魅録だけぢゃなくて6人全員ぢゃん!
(何となく悠理(ゆうり)がメインっぽいし。)
勝手に設定変えんなよ~(萎)
原作と同じよーに、それぞれを各1~2話ずつメインにすればイイのに。

ってか、国生でドラマ化してたの!?
ってことは、国生が悠理役だよね?
ヲイヲイ、アレが悠理って・・・キャスティングしたヤツ、原作読んだことあんのかよ~っ(激萎)
他のキャラは?

剣菱悠理(けんびし ゆうり): 国生さゆり
菊正宗清四郎(きくまさむね せいしろう): 柄沢次郎
白鹿野梨子(はくしか のりこ): 奥田圭子
黄桜可憐(きざくら かれん): 小野リエ
美童(びどう)・グランマニエ: ショーン・E・レーガン
松竹梅魅録(しょうちくばい みろく): 豊原功輔 (Wikipedia調べ

豊原さんって、『時効警察』の十文字さんぢゃん(^^;
こっちも魅録には合わないよ~っ
他の方は顔がわかんなかったから、ざっとネットで調べてみたケド(ショーン・E・レーガンさんのみ画像見当たらず・・・)、「お、イイかも!」って思える人はいなかったな・・・
原作者の一条ゆかりさん的には、このキャストでOKだったのかな?

漫画をドラマ化するのは、もう絵コンテがあるよーなもんだから、小説をドラマ化するよりもやりやすいのかもしれないケド、その分イメージが固まっちゃってるから、キャストが合わないとそれだけで見る気失せるよね・・・
ま、初回くらいは見るか。


こっちのキャスティングは納得 (^-^)

--------------------
「働きマン」連ドラ化!主演は菅野美穂

漫画家・安野モヨコさん(36)の人気コミック「働きマン」が、10月から日本テレビで連続ドラマ化(水曜後10・00)される。主人公の熱血編集者を演じるのは、菅野美穂(30)。単行本3巻の発行部数が累計300万部を突破するほど絶大な支持を集めている作品で今回が初めての実写化。安野さんも「そっくり」と太鼓判を押すキャスティングだ。

主人公の松方弘子は、週刊誌「JIDAI」の編集者。28歳で独身だが、恋人とのデートよりも仕事を優先。仕事モードに突入する“男スイッチ”が入ると、寝食も忘れ、男性顔負けの働きぶりをみせるため、ニックネームは“働きマン”。「あたしは、仕事したなーって思って死にたい」と言い切るほど情熱を持って仕事に向き合う姿が、世の働く男女を中心に支持されている。

04年から雑誌「週刊モーニング」(講談社)で連載がスタート。昨年10~12月、フジテレビでアニメが放送。深夜枠にもかかわらず、全11回の平均視聴率が4.0%と好調だった。

ドラマ化にあたり、日本テレビの加藤正俊プロデューサーは「シリアスからコメディーまで演じられる女優で、働いている人みんなが共感できるキャラクターを演じてもらうのにぴったり」と菅野を起用。

菅野はもともと原作の大ファンで「硬派なのにキラキラしていて、痛快で疾走感があって引き込まれる」とはまっていた。「働きマン」の登場人物に当てはめるインターネット上の「働きマン占い」では、松方タイプと診断されたといい「とても共感できます」と思い入れも強い。今月中旬に番組宣伝用の写真撮影をした時には、原作の表紙に描かれた松方に合わせ、自発的に黒かった髪の毛を茶色に染めてきたほどだ。

この写真を見て、安野さんは「松方にそっくり」と絶賛。安野さんの漫画を映画化した今年2月公開の「さくらん」に出演した菅野を見て、女優として再評価していたといい、「菅野さんは大好きな女優さんなのでうれしい」と喜んでいる。

≪漫画原作ドラマ大人気≫TBSの大ヒットドラマ「花より男子」シリーズは、神尾葉子さんの同名人気コミックが原作。今年1月クールに放送された第2弾は、全11話の平均視聴率が21.6%と高数字を記録した。また、クラシック音楽の世界をコミカルに描いた二ノ宮知子さんの「のだめカンタービレ」も、昨年10月クールにフジテレビでドラマ化され話題に。現在放送中の作品では、日本テレビ「ホタルノヒカリ」、テレビ朝日「女帝」も漫画が原作。

[スポーツニッポン:8月23日7時4分]
--------------------

原作読んだことないケド、漫画の表紙とかアニメをチラッと見た感じでは、イメージにぴったり☆
同じ日テレのプロデューサーなのに、全然見る目が違うのね(^^;
やっぱり漫画をドラマ化するなら、このくらいイメージに合った人ぢゃないとね~

|

« 3本立て | トップページ | ご対面~♪ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントできるようになってる^^
お昼過ぎにアリスさんのこの記事読んでビックリしてコメントしようと思ったらメンテだったぁ。忘れてました。

コミックス全巻初版を持ってる私、はっきり言ってショックです。
初代のキャストにもショックを受けたけど。どちらも知りませんでした・・・。なんで余計なことするのかなぁ??

働きマンはお気楽が持ってるので、チラッと読みました^^ 全部ちゃんと予習しておきま~す。こちらは許せる。

投稿: 桜桃 | 2007/08/30 15:39

桜桃さん、こんにちは!
あれ?メンテなんてやってましたっけ?
(右サイドバーの「ココログからのお知らせ」確認中・・・)
あ、ホントだ(^^;

それにしても、なんでアレが魅録なんだか・・・ (-"-;
某2ちゃんでも、キャスティングと魅録メインってことに非難轟々でしたよ。
イイ加減、どこにでもJャニタレをねじ込むのやめて欲しいですよね。
(と言いながら、『Y田T郎物語』は毎週欠かさず見ているワタクシ(^^;)
D本K一主演で大コケ中の『Sシ王子』で少しは懲りろっちゅーの!
どーせ主題歌も●AT-●UNに歌わせるんでしょーね。
あー、ヤダヤダ・・・

やっぱりドラマ化するなら、『ガラスの仮面』の野際陽子さん演じる月影先生くらいクオリティ高くないと! ですよね。

> 働きマンはお気楽が持ってるので、チラッと読みました^^
「働きマン」と「お気楽」っていうこの言葉のギャップが・・・(笑)
お嬢さんもそのうち「働きマン」になるんでしょうか?

投稿: アリス | 2007/08/30 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/16284894

この記事へのトラックバック一覧です: キャスティング:

« 3本立て | トップページ | ご対面~♪ »