« 週末トラベラー[13] みちのく2人旅-1 | トップページ | 週末トラベラー[13] みちのく2人旅-3 »

2006/11/30

週末トラベラー[13] みちのく2人旅-2

まずはこちらを。
1日目
--------------------

2日目 11月24日(金)

♪ここでぇ一緒にぃ 死ねったらいいぃとぉ~

山本譲二の『みちのく一人旅』の着メロを目覚ましに、心地良く目覚めたアテクシ。
昨日の喉の痛みが嘘みたい。あはははうふふふ


・・・嘘でつ。
山本譲二の着メロも心地良い目覚めも全部ウソ。
喉の痛みは昨日よりも悪化してるし・・・
痛いってわかってるから、唾液飲み込むのにも「いいね、今から飲むよ」ってイチイチ覚悟を決めなきゃなんないし、朝ごはん食べるのも一苦労・・・
(ちなみに、朝ごはんは部屋食ぢゃなくて大広間で他のお客さんと一緒)

何でもイイから、とりあえず風邪薬飲まなきゃ。
盛岡で時間あるから薬局行こ。
確か岩手公園の帰り道か盛岡の駅ビル「フェザン」でマツキヨ見かけたなぁ。
友人のナースももちゃん(仮名)に「喉が痛いんだけど、市販薬でどれが効く?」とメールしたら、「保険証持ってないの?できたら近くの診療所で抗生剤とか処方してもらったほうがいいと思う」との返事。
ぢ、ぢつは母ちゃんにも同じこと言われたよ・・・
「保険証持ってないの?あんたは休みだけど、今日は平日だからフツーに病院やってるよ」って。
そ、そんなこと言われても・・・
いつもはちゃんと持ってるんだけど、今回に限って帽子ともどもすっかり忘れてきちゃったんだも~んっ
(事前にちゃんと確認しなきゃ! って、某金融屋のCMみたいやねw)
ええ、ええ、アホですとも (-_-;

今日は、まず宿から雫石駅まで送ってもらい、盛岡に出て、そこから新幹線「やまびこ」でくりこま高原駅下車→父方のじいちゃん・ばあちゃんのお墓参り の予定。
新幹線は10時くらいなんだけど、例によって田沢湖線が1時間に1本なので、ちょうどイイ電車がなく、盛岡で40分ほど持て余すことに・・・

で、その間に薬局で風邪薬買えばイイや って思ってたんだけど、よく考えたら10時にならないと開店しないんだよね、薬局・・・ _| ̄|○
ああぁ、何で持って来なかったんだろ、保険証。
って、今更そんなこと言っててもしょーがないんだけど・・・

駅の窓から恨めしそうに市街を見下ろす。
あっ Σ(゜O゜ ) 調剤薬局発見!
そーだよね。病院って大体9時からやってるから、調剤薬局(病院の処方箋を扱っている薬局)ももうオープンしてるよね。
助かったぁ~っ

早速行って、喉に効く薬を購入。
まさか、先月「便座ブローック!」とかいってネタにした銀のベンザ(ベンザエース)の世話になるとわ・・・(^^;

駅に戻って薬を飲み、売店でのど飴とマスクを買い、新幹線へ。
ちなみに、盛岡→くりこま高原は50分くらい。
三連休パスは指定席が4回まで使えるので、ここで2回目の利用。

ベンザとのど飴が効いてきたのか、ちょっとだけ喉の痛みが収まってきた(^-^)
お墓参りも無事終わり、あとは観光に温泉♪

今日のお宿は、こけしで有名な鳴子(なるこ)温泉。
くりこま高原から古川(新幹線で10分)に出て、陸羽東線(りくうとうせん) 「鳴子温泉駅」下車。
チェックインまでまだ時間あるから、どこかのサイトに「必見!」って書いてあった「鳴子峡」に行ってみよう!

陸羽東線陸羽東線の車内から。
運転席の横に行って撮ってみました。
ぷち鉄ヲタだから、たまには鉄分補給しなくちゃね♪(笑)

「鳴子峡」の最寄駅は鳴子温泉駅の1つ先の「中山平温泉駅」。
古川から乗った電車が鳴子温泉行きだったので、そこで新庄行きに乗り換えて中山平へ。
途中、トンネルとトンネルの間に深い渓谷が見えた。
あれが「鳴子峡」か~ ゚+.(・∀・)゚+.゚ ワクテカ

ワンマン電車は中山平温泉に到着。



ちょ~~~~~~~ん・・・・・・ ( ̄⊥ ̄;)



な、なんスか、この寂れ具合・・・(汗;
仮にも「温泉」って名前が付く駅なのに、人いなすぎ・・・
プレハブみたいな申し訳程度の駅舎と、その前に酒屋やら個人商店が4・5軒あるくらい。
寒さが余計に身に沁みる・・・

しかも、何でこんなところにこんなもんが・・・

KSP2001Plasser&Theurer社 道床安定作業車 KSP2001

C58(斜め前)こちらは蒸気機関車。
前の週に社員旅行で乗ったのと同じC58だけど、秩父の車両公園みたいにきちんと手入れがされてなくて、ただ置いてあるだけなので、錆びサビのボロボロ・・・
昔は活躍してたんだろうに・・・ (´・ω・`)カワイソス

C58(前)と言いつつも、真ん前から撮れる機会は滅多にないので、とりあえず撮影(笑)

さ、鉄分も補給したことだし、鳴子峡目指してしゅっぱーつ!

・・・って、どっち?
駅前の看板を見た限りでは右のほうみたいだなぁ。
駅のすぐ近くで工事してたおじさんにも訊いて、冷たい風が吹く中を母ちゃんと歩きます。

ううぅ、さ、寒い・・・
風邪が悪化する・・・
「温泉」だっつーからもっとひらけてるかと思ってたのに、これぢゃ昼メシ食うトコもなさそう。
やってんだかやってないんだかわかんないよーな食事処と温泉宿がポツポツとあって、たま~に車が通るくらいで、他に歩いてる人なんてだ~れもいないし。
もう15分くらい歩いてるケド、それらしいもん見えてこないし。
ホントにこっちであってんのかな~?
このままぢゃ昼メシ抜きかも・・・

と思ったら、やっと一軒営業してる食堂を発見!
助かったぁ~っ(大袈裟(^^;)
おばあちゃんが一人でやっているよーで、お客さんは私たち以外には誰もいなかった。
(途中でおばあちゃんの顔見知りらしき男性が1人食べに来てたケド。)
ラーメンを頼んだら、小鉢にお新香まで付いてきた。
はぁ~、あったまる~ (〃^。^〃)

ごはん食べて少し元気になったので、引き続き鳴子峡に向けて歩くこと約10分。
やっと鳴子峡に到着!

鳴子峡せっかく来たのに何かイマイチ・・・
紅葉がピークだったらもっとキレイだっただろうになぁ・・・
一応レストハウスがあって、観光バスも2台ほど来てたから、紅葉の時期はそれなりにお客さん来るのかも。
あとで調べてみたら、「11月27日~4月末まで冬期閉鎖」だって。アブネ~っ
閉鎖時期に行かなくてヨカッタよ(汗;

そのまま駅に戻っても電車の時間まで1時間くらいあるので(汗;)、帰りは途中にあった『鳴子熱帯植物園』に寄ってみた。
温泉の熱を利用している植物園だそーな。
(でも、この規模で420円はチト高すぎ・・・)

ブーゲンビリアとサボテン
ピンクの花  背の高いのやら丸いのやら

結局、中山平温泉駅の待合室で40分くらい待つハメに・・・
待合室は禁煙なのに、タバコ臭い・・・ orz
さっきまで誰か吸ってやがったな。
タバコの吸殻もいっぱい落ちてるし。
このクソッタレ喫煙者!喉痛が悪化するぢゃねーか!マナー守りやがれっ ( *`皿´)コノヤロー!

マスクしてるのに、くちの中(上顎)が痒くなってきた・・・
1日目の岩手公園にも杉の木があったし、鳴子峡までの道にもあったかも。
スギとかヒノキの花粉って、10月から11月にも多少飛ぶらしい。
タバコと寒さで弱まってるところに花粉に追い討ちかけられるとは・・・ ( ;´A`)ぁぅ
ベンザ+抗アレルギー剤が効いてくれるとイイけど。

やっとこ来た電車に乗って、鳴子温泉駅へ。
電車を降りたとたん、硫黄のニオイが!
ん~、さすが源泉かけ流し☆
(1日目の鶯宿温泉も源泉かけ流しで硫黄のニオイがしたケド、こっちのほうがキツい!)

こけし駅前のガードレールにもこけし。
(画像奥が鳴子温泉駅)

今日のお宿は、駅から徒歩3分くらいのところにある

大正館 (たいしょうかん)。


こけしがいっぱい旅館のフロントにもこけし。
電動のはなかっt(ry

この日は平日なので、「朝夕食お部屋だし・のんびり平日割引プラン」で予約することができて、通常お一人様10,500円のところ、9,450円!
お部屋はこじんまりとしてて、母ちゃんと2人でくつろぐにはちょうどイイ感じ。

夜ごはん豚しゃぶ、お刺身、焼魚(変わり焼き)、煮物(蓮根まんじゅう紅葉麩 菊花あん)など。
旅館のごはんて食べきれないくらい多いケド、ここのはちょうどイイ(^-^)

ここの旅館も布団がちょっとだけタバコ臭かったケド、マスクして寝たから大丈夫。
明日はちょっとだけ観光して帰ります。


3日目へつづく

|

« 週末トラベラー[13] みちのく2人旅-1 | トップページ | 週末トラベラー[13] みちのく2人旅-3 »

タバコ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。