« 俳優 Bad Day PV | トップページ | 十六夜 »

2006/10/07

切手の博物館

今日は、歯医者の定期健診で青山へ。
(何でわざわざ歯医者ごとき(笑)で青山まで通ってるかっつーと、某歯科大で矯正してたときの担当医が青山に開業しちゃったので、そのままシフトしたため。正直めんどk(以下略))

青山なんて小洒落たトコは性に合わないので、いつもはどこも寄らずに(寄るとしても横浜か地元・横須賀辺り)そのまま帰っちゃうんだけど、今回はたまたまネットで

切手の博物館

なるところで、

「イヌ年だけどネコ」展
(上記サイトから「▼展示」→「企画展示」参照)

をやると知り、青山まで出たついでに行ってみました。

青山からは都営地下鉄 大江戸線で代々木まで出て(代々木初下車!(笑))、そこからJR山手線外回りで目白へ。(目白も初下車!(笑))
目白から歩いて3分くらいで博物館到着。

ネコ展ポスター

一応受付の方に撮影してもイイか訊いたら、「切手をバックに記念撮影するのはイイですが、切手のみの撮影はご遠慮下さい」とのことだったので、「ネコ展」のポスターだけ撮影。

『切手の博物館』のサイトのトップページに

--------------------
開館10周年記念キャンペーン
切手をプレゼント!
このページを印刷して、
博物館受付に
ご提示いただくと、
切手をプレゼントします。
--------------------

とあったので、受付で印刷したヤツを見せたら、この切手がもらえました(^-^)

切手の博物館 来館記念切手
気球の図柄の切手(カンボジア 1983年発行)
 *消印が押されていて使えないよーになっています。

「ネコ展」は、以下の11テーマごとに展示されていました。

  • ネコ切手のウンチク
    ネコを書いた最初の切手、一見同じようなネコ切手でも異なる種類のものなどを紹介しています
  • いろいろなしっぽ
    しっぽが印象的な図案の切手を集めました
     (しっぽの部分のみ拡大コピーしたものも一緒に展示してありました。ふさふさでもふもふで萌え~(〃´д`〃))
  • ネコと人がいる風景
    1. 子どもやネコ、家族の一員のネコ、ネコ好きな有名人の切手を取り上げました
     (クリントン元大統領と愛猫ソックスの切手がありました(笑))
    2. 絵画やアニメーション映画の中に書かれたネコと人、人のそばにさりげなくいるネコを描いた切手を展示しています
     (私の好きなイラストレーター ノーマン・ロックウェルの描いたものや、ディズニーの『ピノキオ』に出てくるゼペットじいさんとネコの切手がありました)
  • ネコの神話や伝説
    ネコにまつわる民話、幸運を呼ぶネコの話などを、切手で紹介しています
  • ○○の中、××の上
    ネコは何かに入ったり、上にいるのが好きなようです。そんなネコを描いた切手を展示しています
     (クリスマス用の赤い靴下に入ったネコさんがかわいい~っ)
  • 仕草がなんでも愛らしい
    1. 毛糸玉やボール、おもちゃで遊ぶネコ、寝転んだり、顔を洗うネコなどを描く切手が、勢揃いしています
     (紐にじゃれるネコの切手なんて、ネコ好きにはたまらんっ)
    2. 蝶や虫、金魚鉢に興味を持つネコの切手の紹介
    3. 兄弟で遊ぶ姿、親子の触れ合いなどを描いた切手の展示です
  • 立ち姿
    見返りなど、さまざまな立ち姿を切手の中で追いかけました
  • 表情に注目
    1. 逆三角形の小さな顔、貫禄のある丸い顔など、顔を大きく描いた切手を集めました
    2. 大きく目を見開いた顔、鳴いた顔、眠った顔を切手で紹介しています
     (ちょっとだけくちを開けて「にゃーん」と鳴いたときのかわゆい顔が切手に!)
  • 芸術あれこれ
    1. 子どものための物語や、各種イラストに描かれたネコの切手の特集です
    2. ネコを主題とした絵画や美術品、ネコのキャラクターの切手を取り上げました
     (久方ぶりにガーフィールドを見た!(笑) ピカソが描いたネコの絵画も切手に。)
  • こだわりのネコ切手
    ネコ切手の魅力が満載のブログ“YAKONEKO ROOM”。ここの管理人さんが特に好きな10枚のネコ切手を展示
     (ブログ拝見させて頂きました。猫好きにはたまらないカワイイ切手が満載です!)
  • ここにいるよっ!
    この切手の中のどこにネコがいるのか?図案の片隅や見過ごしてしまいそうな場所にいるネコを探しましょう
     (展示してある切手をぺらっとめくると、どこにいるかわかる仕組みになってます。あら、こんなところに(笑))
  • 「イヌ年だけどネコ」展 展示案内より(青文字は私的コメント)

展示物が小さいものなので、会場は思ったよりも小ぢんまりとしてたケド、こんなにたくさんのネコさんたちに囲まれてシアワセ♪

ウチで飼ってたのと同じ種類(ヒマラヤンとアメリカンショートヘア)の猫さんの切手をお土産に買って帰ろうと思ったんだけど、アメショーのはなかったので、ヒマラヤンのほうだけ買いました。

おすわりしてる猫さんと寝そべってる猫さんの図柄
サントメ・プリンシペ(アフリカ大陸にある国らしい・・・)の切手(2004年発行)


この『「イヌ年だけどネコ」展』は、2006年10月4日(水)~12月27日(水)まで。
毎月23日の"ふみの日"は入場料(大人:200円、小中学生:100円、障がい者無料)が無料だそーなので、機会があれば行ってみて下さいね!

|

« 俳優 Bad Day PV | トップページ | 十六夜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/12174536

この記事へのトラックバック一覧です: 切手の博物館:

« 俳優 Bad Day PV | トップページ | 十六夜 »