« 本名の日本名(笑) | トップページ | 虫刺されメモ2006[4] »

2006/09/28

イルマーレ

昨日、友人のナースももちゃん(仮名)と、映画を観てきました。
(ナースももちゃん(仮名)、いつもありがとう!)

イルマーレ THE LAKE HOUSE

クリックで公式サイトへ!(音量注意!)

『猟奇的な彼女』、『僕の彼女を紹介します』のチョン・ジヒョン主演の韓国映画を、ハリウッドがリメイク。
サンドラ・ブロック×キアヌ・リーブス主演の、シカゴを舞台にした素敵なラブストーリーです。
(ん?わしがラブストーリー観るなんて意外?ナースももちゃん(仮名)にも同じこと言われたわい(^^;)

--------------------
あらすじ:

湖畔に建つガラス張りの一軒家。
シカゴの病院に勤務することになった医師のケイト・フォレスター(サンドラ・ブロック)は、愛着のあるこの家から引っ越すことに。
彼女は次の住人に宛てたメモを郵便受けに残した。
「私宛の郵便物が届いたら転送して下さい。入り口の犬の足跡と屋根裏の箱は前からありました。」

今度の住人は建築家のアレックス・ワイラー(キアヌ・リーブス)。
子ども時代の懐かしい家族の思い出が詰まった湖の家を買い取り、そこへ引っ越してきた。
郵便受けの手紙を読んだアレックスは思わず怪訝(けげん)そうな顔をする。
犬の足跡も屋根裏の箱も見当たらないし、何よりこの家は長いこと空き家になっていたハズ・・・。

数日後、アレックスが、廃墟同然の家を直すべくペンキを塗っていると、そこに野良犬がやってきてペンキで足跡をつけた。
郵便受けのメモのことを思い出したアレックスは不思議に思い、返事を書き郵便受けへ。

再び湖畔の家を訪れ、アレックスからの返事を読んだケイトはからかわれていると思い、更に返事を書いた。

手紙のやり取りをするうちに、ケイトは2006年、アレックスはそれより2年も前の2004年の世界にいることを知る。

郵便受けを介して不思議な文通を続けるうちに互いに惹かれ合うようになるふたり。
どうにかして逢おうとするが・・・
--------------------

お互い大好きなんだけど、時の差で逢いたくても逢えない・・・
くうぅ~っ せつなすぎるっ

メグ・ライアン×トム・ハンクス主演『ユー・ガット・メール(You've Got Mail)』も見ず知らずの相手(ホントは既に面識があって犬猿の中なんだけどお互い気付かない)とメール(チャット)で心を通わせていくって話だけど、今回はこの「手紙」ってアイテムがまた趣(おもむき)があってイイんです。

手紙に書いたことを読むセリフが多く、比較的ゆっくり目の英語なので、いつもよりは聞き取りやすかったし。
(って、日本語字幕見ながらだから、聞き取れた気になってるだけだと思われ(^^; DVD出たら字幕なしで観てみよっかな? ←ムリ・・・)
早口でまくし立てたりする場面もほとんどなく、全体的にゆったりと時間が流れている感じが心地良い♪

しかも、サンドラがすっごくカワイイ!!!
表情もしぐさもキュート!でも、それでいてセクシー!
年齢のこと言ったらアレだけど、42歳に見えない!

キアヌも久しぶりにフツーの役だし(^^;
(ここ数年、『マトリックス』とか『コンスタンティン』とかでフツーぢゃない役ばっかりだったからね(笑))
別にキアヌのファンぢゃないケド、やっぱカッコイイな~(笑)。

このお二方、映画『スピード』以来12年ぶりの共演だとか。
私生活でもお友達関係だそーで、息ピッタリでした(^-^)

2年の差を隔てて、2人が同じ犬を買っているのもイイ。
ワンちゃんの演技もGoo!です。

ちなみに、タイトルの「イルマーレ」はイタリア語で海のことだそーな。
韓国版では、2人をつなぐガラス張りの家は海辺に建っている という設定なのでこのタイトルでイイんだけど、ハリウッド版では湖畔のため、原題は『THE LAKE HOUSE』(ザ・レイクハウス)。
でも、ハリウッド版にも、ちゃんと2人をつなぐお店の名前として「イルマーレ」が出てきます。

私は韓国版は観てないケド、結末は同じなのかな?


=====以下、ネタバレ!=====
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレックス、死んじゃうの?死んじゃうの? と思ってハラハラしましたが、ハッピーエンドでした♪
やっぱり映画はハッピーエンドぢゃないとね(^-^)

|

« 本名の日本名(笑) | トップページ | 虫刺されメモ2006[4] »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ハッピーエンドの恋愛映画がいいですね。見終わってhappyな気分になれるのが、良いなぁと思います。所詮娯楽なんですから。それで、ちょい泣かせてくれたら、もう最高です(笑)。

投稿: | 2006/09/29 00:50

惑さん、おはようございます。
やっぱりハッピーエンドはイイですよね!
ちょい泣けていっぱい笑えて観終わってhappyな気分になれるラブストーリーといえば、デミ・ムーア×パトリック・スウェイジ×ウーピー・ゴールドバーグの『ゴースト ニューヨークの幻』ですね。
私が一番好きな映画です(^-^)

それにしても、韓国の映画やドラマって、「恋人が死んじゃう(かも)」っていう設定が多いですよね~
そろそろこのパターンやめない?(^^;

投稿: アリス | 2006/09/29 09:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/12070564

この記事へのトラックバック一覧です: イルマーレ:

« 本名の日本名(笑) | トップページ | 虫刺されメモ2006[4] »