« がんばれ、タブセくん![8] ああぁ・・・ | トップページ | がんばれ、タブセくん![9] サンダーバーズ »

2005/11/03

チャーリーとチョコレート工場

先月から、『Charlie and the Chocolate Factory』(英語)を読んでいる。
挿絵も手伝って、自分の頭の中で一場面一場面イメージしながら読み進めている。
でも、英語力がなくてイマイチ進まないのがもどかしい・・・っ
映画を観たらイメージつかみやすくなるかも。

てなワケで、昨日ジョニー・デップ主演『チャーリーとチョコレート工場』を友人のナースももちゃんと観てきました!
(以下、ネタバレ注意!)

--------------------
チャーリー・バケットは、両親とそれぞれの祖父母と街外れの小さい家で貧しいながらも仲良く暮らしている。 学校に行くときにいつも通るウィリー・ウォンカのチョコレート工場。 (ちなみに、ウォンカは原作では「Wonka」、日本語訳では「ワンカ」) ここ十数年の間、工場に従業員が出入りするのを誰も見ていない。 でも、不思議なことにウォンカのチョコレートやお菓子は今日も工場から運び出されて世界中で売られている。 ある日、ウォンカが「チョコレートバーの包みの中の"金のチケット"を引き当てた5人の子どもとその保護者を工場に招待。工場の秘密を全部見せる」と発表したから、さぁ大変! 世界中の人たちがこぞってウォンカのチョコレートバーを買い出し、4人の当選者が確定。 これがまた揃いも揃ってクソガキばかり・・・ 食い意地の張った肥満児オーガスタス・グループはチョコレートを食べまくり"金のチケット"をゲット。 大金持ちのわがまま娘ベルーカ・ソルトは金に飽かして父親にチョコレートを買い占めさせ、父の会社の従業員を総動員して"金のチケット"を探させ(チョコの包みを開けさせ)ゲット。 常に記録に挑み3ヶ月間ガムを噛み続けている「ガム噛みのチャンピオン」バイオレット・ボーレガードは、記録に挑戦するためにガムをチョコに替えてゲット。 計算高くて殺人ゲーム大好きなマイク・ティービーは、製造日などのデータから"金のチケット"入りのチョコレートバーの売り場を特定してゲット。

貧しいチャーリーがチョコを買ってもらえるのは、年に一度誕生日のときだけ。
プレゼントにもらったチョコレートバーはハズレ。おじいちゃんがヘソクリで買ってくれたチョコもハズレ・・・
でも、道で拾ったお金で買ったチョコに、なんと"金のチケット"が!
工場見学当日、彼らを待っている運命とは・・・
--------------------

ぢつは、映画を観るまでに原作本を読み終わらなかった私・・・
読んだのは、金のチケットをゲットしたチャーリーと4人の子どもたちが、彼らの保護者と一緒にウォンカのチョコレート工場の中に入って、とある部屋(原作では「The Chocolate Room」)の扉の前に着いたところまでで、肝心のチョコレート工場の中身は分からないまま。
でも、おかげで、チャーリーたちと一緒にワクワクドキドキしながら、ウォンカのチョコレート工場を観てまわることができた(^-^)
ティム・バートン作品らしくコワイ場面もあったし、おかっぱ頭で白い顔のジョニデ(ジョニー・デップ)がちとヘンだったケド、心温まるファンタジーに仕上がっている。
ストーリーはほぼ原作どおりだけど(でも、エンディングがちょっと違うらしい・・・)、映画ではウォンカ氏のツライ少年時代についても触れ、より家族の大切さが引き立つようになっている。

この映画の一番の見どころは、なんと言ってもウンパ・ルンパ
突然どこからともなくワラワラとわいてきて歌い踊るウォンカの工場の従業員。
荒井注に似た顔とみのもんた並の色黒さでかなり強烈なキャラ!(夢に出そう(^^;)
このウンパ・ルンパを演じているのはディープ・ロイという俳優さん。
パンフレットを見てみたら、なんと!私の大好きな映画『ネバーエンディング・ストーリー』に出ていたらしい。
『ネバーエンディング』のパンフも見てみたら、レース用カタツムリに乗った小人のトゥイニー・ウイニー(下の画像の右側)役だって。

ウンパ・ルンパ  トゥイニー・ウイニー
  ↑
コレと同じのがワラワラと出てきて歌い踊る(^^;

あぁ、言われてみれば確かにそーかも。
他にも『スターウォーズ』の「帝国の逆襲」と「ジェダイの復讐」にも出ているとか。
何の役だろ?着ぐるみ着てるらしいからイウォーク?(彼は身長132cmらしいし)

『スターウォーズ』といえば、ウォンカのお父さんは、『スターウォーズ』ではドゥークー伯爵(アナキンをダークサイドにそそのかすパルパティーン議長=ダース・シディアスのバックにいた男)、『ロード・オブ・ザ・リング』ではサルマン(悪い魔法使い)を演じていたクリストファー・リー。
今回も、甘いお菓子にめちゃめちゃ厳しいイヤな父親を演じていた(まぁ、歯医者だからね)。
でも、最後に息子ウィリー・ウォンカと打ち解ける場面は感動・・・っ

ちなみに、チャーリー役の子は『ネバーランド』(ピーターパンの原作者の話。観てない・・・)でもジョニデと共演してました。
こうやって観てるとまた違った見方ができておもしろい(^-^)

映画を観たあとなので、原作本を読んでいると更にイメージがつかみやすくてますますおもしろい!
ちょうどウンパ・ルンパが出てきたところだから、続きを読むのが楽しみ!

皆さんもチョコレートバー片手にウォンカの工場に行ってみては?
公式サイトもイイけど、今は工場見学はお休みみたいだから、ぜひぜひ劇場へ!


チャーリーとチョコレート工場 公式サイト

上記公式サイトの「ENTER THE FACTORY」をクリックするとエラーになってしまいます。
工場に入ってみたい人は右下の「GOLDEN TICKETキャンペーン」へ!
私は「Movie@nifty」のサイトで見事"金のチケット"を当てて、工場見学ツアーのパスワードをゲットしましたよ♪
どーしても自分で"金のチケット"を探さずに工場見学したいというベルーカみたいなワガママな人(笑)は「OOMPA LOOMPA」と入力してね!


【11/4 追記】
『上記公式サイトの「ENTER THE FACTORY」をクリックするとエラーになってしまいます。』と書きましたが、ウチのPCがタコなだけで、他で試したらちゃんと入れました。
(Tompeiさん、教えて下さってありがとうございました(^-^))

「INTRODUCTION」に書いてあった下記の事実にはビックリ!!!

くるみ割りのエキスパートとして登場する100匹のリスは、本物のリスを半年かけてひたすら訓練!!!

え゛ぇ゛ーっ!CGぢゃないんだ、アレ!

世界一オカシな工場の扉の向こうに待っている
ヨウガシに残る、感動の特選レシピ

という小洒落たキャッチフレーズにも座布団10枚!
(オカシな=お菓子な/おかしな、ヨウガシ=洋画史/洋菓子のダブルミーニング。ウォンカのサムいシャレとは大違い(笑))

|

« がんばれ、タブセくん![8] ああぁ・・・ | トップページ | がんばれ、タブセくん![9] サンダーバーズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。トラックバックありがとうございます。

映画をご覧になったんですね。ジョニデのウォンカもかなり面白いけれど、ウンパ・ルンパのインパクトは強烈でしたよね。映画向きのキャラと言えそうです。

公式サイトのリンクに飛んでみましたが、ちゃんとENTERできましたよ。まだGOLDEN TICKETは入手していませんが……。

原作の残りもお楽しみくださいね!

投稿: Tompei | 2005/11/04 09:44

Tompeiさん、おはようございます。
公式サイト、ちゃんと入れましたね・・・(汗;
ありがとうございました。

ウンパ・ルンパはホント強烈ですよね!
ディープ・ロイ氏、1人20役(って言っても全部ウンパ・ルンパだけど(^^;)を演じ分けているそうです。スゴイ!

投稿: アリス | 2005/11/04 10:44

おーとうとう見ましたか~。
ホンマ子供が見ても大人が見ても
楽しめるファンタジーでしたよねー。
ティムバートンすごい!!
てか英語の本読んじゃうアリスさんもすごい!!
英語の絵本なら欲しいと思うけど(笑)

投稿: saruxx | 2005/11/04 17:22

saruxxにーさん、こんにちは!

> ホンマ子供が見ても大人が見ても
> 楽しめるファンタジーでしたよねー。
ねー(^-^)
チャーリーのおじいちゃんもかわいかったですし。
最新作の『コープスブライド』も気になりますね(もう上映してますね)

> てか英語の本読んじゃうアリスさんもすごい!!
いえいえ
もう一単語ごとに辞書ひきまくりで・・・(汗;

投稿: アリス | 2005/11/04 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/6882581

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリーとチョコレート工場:

« がんばれ、タブセくん![8] ああぁ・・・ | トップページ | がんばれ、タブセくん![9] サンダーバーズ »