« タンドリーチキンバーガー | トップページ | ベトナム風鶏がらスープ »

2005/09/12

おじいちゃんのテレビ

今日のネットのニュースから。

--------------------
[イベント]小学生が考えた未来のテレビ、アイディアコンテストでグランプリ

今から10年後の「未来」に現れるのは一体どんなテレビ? をテーマに「こんなかたちのテレビがあったら……」「テレビでこんなことができたら……」など、「未来のテレビ」の夢とアイディアを文章やイラストで競うコンテスト。総合グランプリを受賞したのは、小学生が考えた「おじいちゃんのテレビ」だった。

●難病を患ったおじいちゃんでも使えるテレビを

「未来のテレビ」アイディアコンテストは、東芝が創業130周年を記念するイベントの一つとして行われた。10年後にどんなテレビが登場しているか、「未来のテレビ」への夢を募集するもの。新聞、雑誌、Webなどを通じて、今年の2月から5月の間一般に公募し、「小学生部門」、中学生以上60歳未満の「一般部門」、60歳以上の「シニア部門」の3部門で作品審査が行われた。文章とイラスト、あるいは文章のみで描かれた「未来のテレビ」のアイディアは、全国から実に1万292件も寄せられた。応募作品の最終審査は、AV機器評論家の麻倉怜士氏、タレントのはしのえみさん、サイエンスプロデューサーの米村でんじろう氏を特別審査員に迎えて行われ「総合グランプリ」「最優秀賞」のほか、特別審査員にちなんだ各賞などが決定した。そして総合グランプリの表彰式が、東京・上野の国立科学博物館で開催中の東芝創業130周年記念イベント「万年時計からはじまった情熱のDNA 驚き!130年モノづくり物語」会場の一角で9月11日に行われた。

総合グランプリを受賞したのは、小学生の南秀亮くん。南くんの応募作品は「おじいちゃんのテレビ」という、まばたきでチャンネルや音量を変えられるテレビである。南くんのお祖父さんは、ALSという病気で2年前に亡くなった。ALSとは、運動神経が障害されて筋肉が萎縮していく原因不明の「筋萎縮性側索硬化症」という難病である。テレビ好きのお祖父さんは、最初こそなんとか指先でリモコンを操作できていたようだが、ついにはそれも難しくなったそうだ。作品に添えた作文の中で、南くんは、「おじいちゃんのテレビ」を考えたきっかけをこんなふうに書いている。

「そこでぼくは目でぱちぱちと合図をすれば、テレビの画面も変えれて、音の大きさも変えれるテレビがあったら便利だと思いました。ビデオも見れたらもっとよいです。毎日話す事もできないで美味しい物も食べられないで、何も楽しみもなくて、治らない悲しい生活が続いて泣いてばかりだったおじいちゃんを思いだすとこんなテレビがあったら、ぼくはうれしいです。元気な人の便利なテレビより幸せにして役に立つテレビだと考えました。」

誰かを幸せにしたいとの願い。誰かの役に立ってほしいと望む心、そこから始まるものづくりへの夢。「総合グランプリ」を受賞した南くんをはじめ、子供たちの応募作品にはどれも、夢と情熱があふれていた。

(以下、省略)
[BCN:2005年9月12日15時19分更新]
--------------------

エエ話や~っ (;つД`);あうぅ
イマドキのガキんちょってDQN(=ドキュン。社会常識に欠けている者、または知性に乏しい者 を表す2ch用語)ばっかりだと思ってたケド、こんなに心の優しい少年がいるなんて、まだまだ世の中捨てたもんぢゃないのね。
東芝さん、ぜひぜひ商品化を!(`・ω・´)
でぱちぱち合図するテレビ」だから、商品名は『EYES(アイズ)』とか。
(今のうちに商標登録しといたほうがイイかな?なんちて(笑))

全文はこちら

|

« タンドリーチキンバーガー | トップページ | ベトナム風鶏がらスープ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アリスさん、こんにちは。

大好きな人を助けたい!という気持ちが
このようなアイディアを生むんですよね。
心が洗われた気分です。

テレビ画面からちょっと離れたところに
目の動きを読むセンサーを設置すれば
実現可能ですよね。テレビだけじゃなくて、
室内の電気やカーテンの開け閉めなども
そのセンサーでできるようになる可能性も
十分だと思います。

ちなみに私の部屋のビデオデッキもスカパー機器も
東芝さんです。

投稿: じまぁ | 2005/09/12 17:32

じまぁさん、こんにちは!
ホント、ステキなアイディアですよね(^-^)
これからますます高齢化になることですし、ボタンが大きくて押しやすいリモコンくらいは商品化して欲しいと思います。

> テレビ画面からちょっと離れたところに
> 目の動きを読むセンサーを設置すれば
> 実現可能ですよね。
おおっ、スゴイ!
家電メーカーさん、ぜひぜひ~っ

投稿: アリス | 2005/09/12 17:44

ホンマええ話しや~(涙)
こーゆーのを考える時って大抵どーやったら便利かな?楽しいかな?とか自分目線で考えがちやけど
この子はおじいちゃんのため、同じ様な病気を患ってる人達のためってゆーのが素晴らしい!!
オレもこんな人になろっ!(笑)

投稿: saruxx | 2005/09/12 17:47

アリスさん、じまぁさん、こんにちは♪

ええ話ぢゃないですかー(ToT)
ああ゛・・・日本もまだ捨てたもんじゃないですね!

でも、似た機能について、どっかで聞いたなぁ??・・・って思ったら、昨日の毎日新聞に載ってたらしいんですけど、テレビ、PC、照明などをタッチスイッチで操作できる環境制御装置(リモコン) 「らくすけくん」っていうのあるみたいです☆

しかし!
1台21万円はふざけすぎでしょう・・・(怒)
インテルのCPUでも入ってんのか?
福祉機器の値段って絶対適正価格じゃないですよねー。

開発元 (有)アクティブコンピュータ
http://www.activepc.co.jp/HTML/kiki.html

投稿: style-TK | 2005/09/12 17:57

saruxxさん、style-TKさん こむばんは!
まとめレス失礼します。

# saruxxさん
ホントに心の優しい子ですよね。
このまま素直に育って、困っている人々の助けになるよーな大人になって欲しいです。
自分も見習わなきゃ!


# style-TKさん
『らくすけくん』確かに便利そーですが、21万とは・・・(汗;
そりゃ、開発・販売側も儲けなきゃいけないから、ある程度の価格になっちゃうのはしようがないケド、タダでさえ治療費やら介護費でお金かかってんだから、そこらへんもうちょっと考えてくんないとねー
操作がラクでも生活費の負担になるよーぢゃ、全然『らくすけ』ぢゃないじゃんねぇ(呆)

投稿: アリス | 2005/09/12 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/5907527

この記事へのトラックバック一覧です: おじいちゃんのテレビ:

» 筋萎縮性側索硬化症(ALS) [ブログで情報収集!Blog-Headline/health]
「筋萎縮性側索硬化症(ALS)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみま... [続きを読む]

受信: 2005/09/29 08:32

« タンドリーチキンバーガー | トップページ | ベトナム風鶏がらスープ »