« プリン占い | トップページ | こういふ人に私はなりたひ。 »

2005/01/28

私たちにもできること。[3]

昨年10月26日の『私たちにもできること。』(新潟中越地震について)
1月6日の『私たちにもできること。[2]』(スマトラ沖地震について)
という記事で紹介した『テレビ朝日ドラえもん募金』。
電話をかけて最後までメッセージを聞くだけで100円募金できる という優れものなのに、ケータイからは募金できない。
これだけケータイが普及してるのに・・・

で、今日、いつもはほとんど見ないボーダフォンのサイトを見ていたら、トップページ右側の[NEW](新着情報)に

スマトラ島沖地震インド洋津波被災地へのダイヤル募金

の文字が!
おおっ、ボーダフォン(ケータイ)から募金できるのかーっ!し、知らんかった・・・

--------------------
ボーダフォンチャリティダイヤル

  1. *5577に電話。
  2. スマトラ島沖地震・大津波被災地への緊急募金活動のご案内メッセージが流れるので、その案内に従って
     [] を押すとWFP
     [] を押すとユニセフ
     [] を押すと赤十字社
    のメッセージがそれぞれ流れる。
  3. メッセージを聞いている間のその通話料が全額 各団体へ寄付される というしくみ。
各団体の活動等は下記参照
  • WFP 国連世界食糧計画
    WFPは緊急援助活動として、被災した各地域で米、ビスケット、麺類や飲料水などの配給を行っています。
  • 財団法人 日本ユニセフ協会
    ユニセフは、地震・津波の災害で生きのびた子供たちをコレラやはしか、マラリアなどの感染症から守ること、被災を受けたすべての国で子供たちが学校に戻れるよう活動しています。
  • 日本赤十字社
    赤十字は、医療物資の病院への配給や、被害地域への給水タンク供給、家庭用品セットの配布、防水シートや毛布などの物資や医療・衛生機材の供給活動を行っています。
--------------------

早速電話してみた(`・ω・´)
メッセージは結構長い・・・(特にユニセフのが一番長く、アグネス・チャンさんが一生懸命説明してます。)
でも、最後まで聞けばその分たくさん寄付できるので、最後まで聞いた。
[4]のWFPのメッセージを聞いたあと、案内に従って[5](または[6])を押すと、そのまま続けてユニセフ(または赤十字社)のメッセージを聞くことができる。
[4] [5] [6]を全部聞くと17分ちょい。通話料金を調べてみたら「540円」となっていた。

ちなみに、NTT DoCoMoとauのサイトも見てみたケド、このようなサービスは見当たらない・・・
さすが、ボーダフォンはイギリスの会社だけのことはある!ニッポンの会社はダメ(以下、省略(笑))
(でも、その分、DoCoMoとauには『災害用伝言板サービス』があるからね。ボーダーフォンにはないみたい・・・)

ボーダフォンのケータイをお持ちの方は、ぜひご協力下さい!

|

« プリン占い | トップページ | こういふ人に私はなりたひ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/2722939

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちにもできること。[3]:

« プリン占い | トップページ | こういふ人に私はなりたひ。 »