« 年末に向けて | トップページ | 黒アリスの戯言(ざれごと)[5] そろそろ、ね »

2004/11/15

温かい食べ物

今日は、温かい食べ物(ごはん)についてのニュースを2つ紹介。

--------------------
“魚沼産”非常食が好評・・・口コミで広がる(読売新聞)
豪雪地帯に産業を興そうと、新潟県・旧堀之内町(魚沼市)の有志らが昭和初期に設立した食品加工メーカーの加熱式非常食が、中越地震で避難所生活者らに好評だ。

製造しているのは同町の「ホリカフーズ」(今野勝吉社長)。食肉缶詰やレトルト食品などを製造し、防衛庁の非常食にも採用されていたが、1995年の阪神大震災を機に一般の非常食の開発に乗り出した。

非常食は五目ご飯とスープが1セット。化学反応を利用した発熱剤も同封され、電気やガスを使わず温めることができる。一般避難者用のほか、立ったまま食べられる救援活動者用、おかゆを中心にした高齢者用の3種。地震発生翌日、町民らに約1,000食を無償で提供したこともあり、口コミで評判が広がったらしい。

研究開発部の別府茂部長(51)は「地元企業として地域に貢献できたのは大きな喜び。今後も復興の力になる災害用非常食を開発したい」と話している。

[読売新聞社:2004年11月15日 13時11分]
--------------------

やっぱり温かいごはんって嬉しいでしょうね~
毎食、ペットボトルの水とコンビニのおにぎりだけ とか、カップ麺ばっかりぢゃ、さすがに飽きますよねぇ・・・
肉だって野菜だって食べたいでしょうし。

その点、コレはイイですね(^-^)

--------------------
小千谷、長岡にいも煮支援隊出動 感謝の声相次ぐ(山形商工会議所)
山形商工会議所では、11月2、3日に青年部10人が小千谷でいも煮4500食を炊き出し、4、5日に同所職員と今川浩治・山形商工会議所青年部会長を含む青年部の合計12人が長岡市内の小学校など3カ所でいも煮3500食分の炊き出しを行った。 

凍てつく避難所での生活が続く住民からは、「非常にありがたい」「今まで食べたものの中で一番美味しかった」など感謝の声や手紙が相次いだ。 

同所や同所青年部では、「避難住民の皆さんに喜んでもらえてよかった。寒さが厳しくなる中、少しでも温かい食べ物を届けたい。という一心だった」と話している。

[商工会議所のサイトから:2004年11月11日]
--------------------

さすが芋煮の本場、山形の皆さん!
芋煮も温かいケド、何よりもこの真心が温かいですよね。(どん兵衛のCMの中居くん風に)しみる~っ
被災者のヒーロー『芋煮レンジャー』(勝手に命名(^^;)、どんどん出動して、どんどん活躍して下さい。
陰ながら応援しています!(`・ω・´)

おまけ:
ホリカフーズさんのサイトを見てみたら、電話・FAX・ハガキ・Eメールで非常食の注文・購入ができるようです。
でも、ちとお値段が高めのよーな気が・・・
もっとリーズナブルな価格にして欲すぃ・・・(´・ω・`)

|

« 年末に向けて | トップページ | 黒アリスの戯言(ざれごと)[5] そろそろ、ね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私の今日の記事にも書きましたけど、寒い時はやっぱり温かいのが食べたくなりますよね。
被災地の方には、温かいもの食べて、ココロも身体も元気に逆境を乗り切ってほしいです☆

投稿: style-TK | 2004/11/15 17:34

style-TKさん、いらっしゃーい!

> 寒い時はやっぱり温かいのが食べたくなりますよね。

それはもう!
寄せ鍋にモツ鍋に煮込みうどんにラーメン、えーとそれから肉まん、とん汁・・・( ̄ρ ̄)じゅるっ

> 被災地の方には、温かいもの食べて、ココロも身体も元気に逆境を乗り切って
> ほしいです☆

ね(^-^)
山形のいも煮支援隊が出動(?)する前に、K-1ファイターたちが炊き出しに行ってたそーですね。(やるなぁ!)
阪神大震災のときは石原軍団が炊き出ししてたケド、今回は出動しなかったのかな?

投稿: アリス | 2004/11/16 13:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/1968950

この記事へのトラックバック一覧です: 温かい食べ物:

« 年末に向けて | トップページ | 黒アリスの戯言(ざれごと)[5] そろそろ、ね »