« 黒アリスの戯言(ざれごと)[3] | トップページ | 試験に出るかも(笑) »

2004/11/12

黒アリスの戯言(ざれごと)[4] 天と地

注:この記事は、私 アリスの個人的な意見です。読んでいて胸クソ悪くなっても、一切の責任は負いません。

昨日のネットのニュースからいくつか。

--------------------
TV記者らボランティア装い被災地侵入取材…小千谷市(読売新聞)
新潟県中越地震で、小千谷市塩谷地区の一時帰宅に際し、取材自粛を求められていたにもかかわらず、在阪のテレビ局スタッフがボランティアを装って立ち入り、取材活動をしていたことが11日、分かった。同市は同日、テレビ局側に厳重抗議した。

同市などによると、塩谷地区の一時帰宅は同日、被災後初めて認められ、住民140人が、ボランティア47人とともに、車に分乗して同地区に入った。

その際、関西テレビ(本社・大阪市北区)の記者やカメラマンら3人がボランティアとして同行。住民の取材を始めたところ、警備に当たっていた警察官に見つかった。

連絡を受けた同市の職員に対し、3人はボランティアを装って同行したことを認めた。職員が「ボランティアで来ているのだから、ボランティアをしなさい」と言うと、3人は約2時間ほど、散乱した家から家財道具を運び出す手助けをした。その後、同社から「非常に問題のある取材活動だった」と同市に謝罪があった。

塩谷地区は「地区につながる道が狭く危険」として10日に、一時帰宅する住民の同行取材は自粛するよう市側が報道機関に申し入れていた。

関西テレビ広報部は、「ボランティアに急きょ欠員が出たので参加した。ボランティアとして名を連ねていたので、誤解されても仕方ない面はある。カメラ取材にも問題があった」と話している。

[読売新聞社:2004年11月11日 23時46分]

--------------------
<新潟中越地震>関西テレビ 一時帰宅ボランティア装い同行(毎日新聞)
新潟県中越地震で住民が避難している小千谷市塩谷地区の住民が11日に一時帰宅した際、「関西テレビ」(本社・大阪市)のカメラマンらがボランティアを装って同行していた。小千谷市災害対策本部は事前に取材自粛を申し入れていた。市の抗議を受けた同社は同日夕、謝罪し、撮影したテープを放送しないと約束した。

対策本部や地元住民によると、関西テレビのカメラマンや音声係など3人が午前9時半過ぎ、ボランティアの車に同乗して地区に入った。撮影中のところを警察官が発見し、現場にいた市職員に連絡した。職員から「ボランティアに来たのなら、ボランティアをしろ」と詰め寄られ、カメラマンらは地区から退出する午後3時まで被災者の手伝いをしたという。

対策本部は記者会見で社名を公表しなかったが、「今後、同様のことがあれば、社名を公表する」としている。

関西テレビ広報部によると、神戸のボランティア団体に記者ら3人が同行取材した。報道局長が11日夜、小千谷市役所を訪ねて陳謝した。小川誠広報部長は「取材目的でボランティアに登録して現地に入った。市や住民の方に迷惑をかけた」と話している。

地元紙の「新潟日報」(本社・新潟市)の記者も11日、同地区に入っていたが、対策本部は「取材活動をしていたかどうかは未確認」として抗議を控えたという。同社報道部は毎日新聞の取材に「前日に記者が自転車で入り、待機していた。ボランティアを装って取材するような手法は許されない」とコメントした。

[2004年11月11日 23時19分]
--------------------

すいません。ホントごめんなさい。
読んでいる方が気分を害されるのは重々承知ですが、あえて言わせてもらいます。

こいつら、しね!(゜⊿゜)

被災者が一生懸命復旧に向けて日々の生活を送っているのに、それを『報道』とか言って喰いものにしやがって!(怒)
「撮影したテープを放送しない」とかそーゆー問題ぢゃねーだろ、ヴォケ!( *`Д´)
なんだかんだ言っても、ほんの2時間しかボランティア活動してねーぢゃん。
口先ばっかりで謝罪してねーで、関西テレビのスタッフ総動員して何日も何週間もボランティア活動しやがれ!

はぁ~
ったく、火事場泥棒やら義援金詐欺やら、こんなニュースばっかりやな・・・

・・・と思ったら、マトモな方もいらっしゃいました(^-^)

--------------------
新潟へ中古の車いす40台(神奈川新聞)
使われなくなった車いすを整備しアジアに送る活動を行っている神奈川工科大学(厚木市下荻野、杉山秋雄学長)の学生サークル「KWR修理屋」が、新潟県中越地震の被災地へ車いす約40台を送る活動を行っている。「被災時にとりあえず避難所に逃げてきた人も多い。少しでも活動が役に立てばうれしい」と意気込んでいる。

同サークルは、車いすメーカーなどから提供された中古の車いすを整備し、韓国や台湾へ送る活動を続けている。

今回の地震発生で「何か手助けしたい」と強く思ったメンバーが小千谷市社会福祉協議会に車いすの提供を申し出て、外国に送る予定だった車いすを急きょ援助物資として送ることを決めた。

第一陣として三日にサークルの元代表・清水啓太さん(20)が自家用車に乗せた十台の車いすを輸送。その後、ボランティアとして四日間活動した清水さんは「車いすは避難所で高齢者の移動手段として使われていた。生活必需品ではないが、あれば役に立つものだ」と話している。

[2004年11月12日]
--------------------

関西テレビのクソヤローどもとはまさに『天と地』ですな。
大学でこういう活動するサークルってイイですね~
がむばって下さい!(`・ω・´)

と言っといてナンですが・・・
車いすって結構高いんですよね(確か、一台20万前後。高機能のものだと60万くらい)。
海外に送るのもイイけど、国内で車いすを必要としている方にも同じことして欲しいなぁ・・・

|

« 黒アリスの戯言(ざれごと)[3] | トップページ | 試験に出るかも(笑) »

黒アリス」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。マスコミの中には「報道してやってるんだぞ」って態度で取材している所もあるのでしょうね。ほんと情けない限りです。

》使われなくなった車いすを整備しアジアに送る活動を行っている神奈川工科大学(厚木市下荻野、杉山秋雄学長)の学生サークル「KWR修理屋」が、新潟県中

以前テレビでこのサークルの活動を見たことがあります。アジアでは紛争の犠牲となり足を失う方が多くて、車椅子の需要が高いそうなんですよね。でも車椅子は高くて全ての人に行き渡らないので「KWR修理屋」のボランティアが役立っているそうです。素晴らしい団体も多いんですね〜、

》海外に送るのもイイけど、国内で車いすを必要としている方にも同じことして欲しいなぁ・・・
 
 そうですね〜。特に成長期の子供は車椅子のサイズがすぐに合わなくなってしまうので、出来ればボランティアで供給するようになればいいですよね。

投稿: じまぁ | 2004/11/12 11:56

じまぁさん、こんばんは!

やっぱりどこの国でも車椅子は高価なものなんですねぇ・・・
日本でも、車椅子をレンタカーのようにレンタルしたり、上手にリサイクルできるシステムができるとイイですよね

投稿: アリス | 2004/11/13 18:23

はじめまして、神奈川工科大学 福祉システム工学科 2年、KWR修理屋の代表の大です。
Googleで検索したら、こんなん出ました、って感じでマジびっくりです。
私たちのサークルでは、過去にTV出演したことは無いので、別の団体さんだと思われます。まぁ、世間は狭いので知り合いかも知れませんが。

現在、私たちが海外へ送っている車椅子というのは、主に標準サイズの自走型または介助型です。
基本的に子供用は私たちのルートでは定期的に入手することが難しいですね。
車椅子を必要としている方々にとっては、車椅子=靴、無いと困るものだという認識を私はしています。今、使われなくなった車椅子というのは、結構たくさんあります。介護保険制度により、車椅子もレンタル対象になっていますが、ちょっと型が古くなったり、ちょっとシートが破れたりするだけで「ごみ」となっているようです。悲しい限りですね。

投稿: 大 | 2005/02/01 08:19

大さん、ようこそ(^-^)
ありゃ、Googleで検索されましたか。
いやはやお恥ずかしい(^^;

まさか、代表の方にお越し頂けるとは思ってもみなかったので、めちゃめちゃ嬉しいです♪

現状を教えて下さってありがとうございました(^-^)

> ちょっと型が古くなったり、ちょっとシートが破れたりするだけで
> 「ごみ」となっているようです。悲しい限りですね。

ホントですね。
ちょっと直せばまだまだ十分使えるのに・・・
大さんのような考えの方がもっと増えるとイイのですが・・・

車椅子の修理ってどんな感じなんでしょう?
自転車の修理みたいなのかな?大変そう・・・
月並みですが、これからもいっぱい修理して下さいね☆

投稿: アリス | 2005/02/01 11:16

>アリス様
車椅子の修理は、基本的に自転車とほとんどいっしょです。
自転車との差異は、クランクペダル(足でこぐペダル)が無いこと、チェーンが基本的に無いこと、スプロケット(歯車)が基本的に無いこと、大車輪(後輪)の支持が片もちであること、ぐらいですかね。
車輪(前後とも)を外して、中のゴミを取って、グリスアップして、取り付けするだけでも、毎日乗られている方にとっては、すごく乗りやすくなるようです。
http://www.nisshasai.jp/soratobu/
こちらに、空とぶ車いすの情報が載っています。

私たちは基本的に逃げも隠れもしません(笑)
むしろ、進んで前に進んでつかまります(何)

投稿: 大 | 2005/02/05 10:26

大さん、こんにちは(^O^)
車椅子の修理についての説明と、「空飛ぶ車いす」のサイトのURLありがとうございました。
先程拝見させて頂きました。

車椅子は決して安いものではないので、子供用も入手できるようになるとイイんですケドね・・・

> 私たちは基本的に逃げも隠れもしません(笑)

そーですよ。
もっともっと堂々と活動をアピールして下さい!
応援していまっす(`・ω・´)

投稿: アリス | 2005/02/06 15:38

この記事へのコメントは終了しました。

« 黒アリスの戯言(ざれごと)[3] | トップページ | 試験に出るかも(笑) »