« 不健康診断前夜 | トップページ | 祝・100カウント! »

2004/05/18

不健康診断当日

さて、検査当日。
空きっ腹を抱え ダラダラ続く階段を昇り、ようやく某保険センターへ到着(つ、疲れた・・・)

受付を済ませ、検査着に着替えて 待合室でしばし待つ。
テレビでは笹かまぼこを使ったお料理を紹介している。
くうぅ~っ 朝食抜きにはツラすぎる映像っス・・・(>_<)

そうこうしてるうちに名前を呼ばれ、検査開始。
(あ、そうそう。昨日の記事に書いた検査メニューに血圧と尿検査が抜けてました。失礼しました(^^;)

胸部レントゲン・身長・体重(ついでに体脂肪もわかる)・視力・採尿・血圧・採血・聴力・心電図・胃部レントゲン・乳がん検診・子宮がん検診の順に受診して、最後に面接(先生から簡単に検査結果を説明される)で終了。

去年の健康診断の面接で、「心電図の結果、“心筋虚血”(狭心症や心筋梗塞に見られる症状)の疑いが・・・」と言われた私。
そーいえば、朝 京浜急行からJRに乗り換えるとき、階段を走って昇り降りして 無事間に合ってほっと一息すると、急に胸が痛くなって、心臓がドキドキして、呼吸が苦しくなることが時々あった(5分くらいじっとしていると徐々におさまってくる)。
ネットで調べてみたら、どーも『労作性狭心症』ってヤツらしい。

労作性狭心症とは:
肉体的労作時(階段や坂道を昇ったとき、走ったとき、重いものを持ったとき)や精神的労作(イライラしたり興奮したときなど)に胸痛や胸部圧迫感などの狭心発作がみられる。休むと数分で治まる。

うーん 私の場合は、階段を走って昇り降りするのと、電車の混雑+階段降りるとき前の人が遅くてイライラするのが原因なのかも・・・
かかりつけの内科の先生に相談してみたら、「まだ若いから心配することないよ。その歳で狭心症だったら不幸です(^-^)」と言われた。
そーいえば、検診の先生も「“心筋虚血”の疑いが・・・。でも、若いから気にしなくてイイですよ」って言ってたなぁ。
(“心筋虚血”なんて言うから気になっちゃったんぢゃんか~っっ)

さて、今回の診断は・・・
「心臓の大きさも正常だし、肺もキレイですね。心電図も問題ありません」とのこと。
ヨカッタ~ (^。^; )ほっ
(思えば、最近は労作性狭心症の症状は起こってないや)

で、今回初体験の乳がん検診。
機械でギューッとされるのかと思っていたら、何と 触診(先生が触って調べるほう)!
触診って、どーも おっさん(先生)に胸をもまれるとゆーイヤなイメージがあったケド、実際に受診してみたら、機械で容赦なくはさまれるのと違い、両手のひらを使い、丁寧に丁寧に調べる という感じだった(先生はおっさんだったけど)。
こちらも異常なし(^-^)

ちなみに、乳がん診断票にこんな欄が・・・

040518_kensahyo.jpg
乳房の大きさ(必ず記入)   1 小   2 中   3 大

ココは先生(検査技師サン)が記入する欄なんだけど、もぉ自ら「1」って記入しちゃってもヨカッタかも(笑) 先生は何番って書いたんだろ?
それにしても、小・中・大ってどーやって決めるのかな?
見た目?触った感じ?先生の独断と偏見?(笑)

これで残るは血液検査の結果のみ。
これは当日には出ないので、あとのお楽しみ(?)
私はいつも、赤血球(とあともう1つ。血小板かな?)の量が、女性の平均値を超えて 男性の平均値の範囲内・・・
(まったりとしていてコクのある(笑)、いわゆるドロドロ血。血の気が多い?(^^;)
歳とったら血管が詰まらないよーに気をつけなくちゃ!

|

« 不健康診断前夜 | トップページ | 祝・100カウント! »

健康」カテゴリの記事

コメント

医学的なことって意外にストレートだよね。
乳房の大きさは機能にはなんら関係ないし(おっぱいは小さくても出る)。しかも露骨にその部位をさしたりする言葉が飛び交っていて、お医者さんとか看護師さんって、堂々としている人が多いのも納得の「な」だわ。
ちなみに心臓がバクバクするのは、自律神経とも関係が深いようです。私は母方の祖父母、父方の祖父と心筋梗塞だったので、ある程度になったら気をつけねばなりません。
ダンナは今日検尿を持っていきました。残業が多くて検診が月イチであるのです。これまた体重以外はすべて健康でした(堂々と肥満です・BMIが28です!!)

投稿: 西崎あゆか | 2004/05/20 21:00

この記事へのコメントは終了しました。

« 不健康診断前夜 | トップページ | 祝・100カウント! »