« 猫のほくろ | トップページ | 車両点検と信号故障と急病人 »

2004/04/25

手作りアップルパイ

前からパイ生地を手作りしたいと思っていた。
でも、ちゃんと作ろうとするとエライ手間なので、ネットで簡単に作れる方法を検索。
お、コレなら何とか作れそう!

ってなワケで、早速作ってみました(^-^)

[材料](直径22cmのパイ皿)
バター(無塩) 100g
薄力粉 130g
グラニュー糖 小さじ 2/3
塩 小さじ 1/2弱
冷水 25~30cc
りんご 3~4コ
その他(りんごを煮るための砂糖・バター・シナモン適量)

ちなみに、私の料理のコンセプトは「家にあるもので何とか」なので(料理本に載っている材料をわざわざ買い揃えようとはしないヤツ(^^;)、今回はバターの代わりにマーガリン、グラニュー糖の代わりに普通の砂糖を使った。
また、ウチにはオーブントースターしかないので、上記の半分の分量にした(グラタン皿2個分)。
りんごは、ホントは酸味の強い紅玉などが良いが、今回はスーパーの見切り品コーナーで買ったふじを2コ使用。

[作り方]

  1. マーガリンを1.5cm角くらいずつ取り、ボールに入れ、冷蔵庫でよく冷やしておく。
  2. 薄力粉、グラニュー糖、塩を合わせてふるっておく。
  3. 040425_1mix.jpg(1)のマーガリンに(2)の粉を入れる。
    マーガリンのかたまりを指でつぶしながら粉をまぶしつけるようにして全体になじませる。(マーガリンが溶けると、サクサクに仕上がらないので気をつけて!)
    (手がマーガリンでベタベタになると写真が撮れなくなるため、手にビニール袋をはめてこねてます)


  4. 040425_2mixed.jpgマーガリンが米粒くらいになったら、少しずつ冷水を入れてゴムべらで混ぜる。
    全体がしっとりして、ひとつにまとまるくらいになったら、ラップに包んで冷蔵庫で20分ほど寝かせる。
    (こねるのに使ったビニールに入れたケド、ペタペタくっついて袋から出すのが大変なので、やっぱりラップのほうがイイみたい・・・)


  5. 寝かせている間に中に入れるりんごを煮る。
    皮をむいて塩水につけておいたりんごを耐熱皿に並べ、砂糖とマーガリンとシナモンをかけ、ラップにくるんでレンジで4分。一旦取り出し、上下を入れ替えるようにりんごをかき混ぜたらもう4分チンする。



  6. (4)の生地を冷蔵庫から出し、打ち粉をした台の上で薄くのばす(今回は新聞紙を敷いた上にまな板をのせて、その上でのばした)。


  7. 040425_5bake.jpgクッキングシートの上にのばした生地を乗せ、それを耐熱容器(今回はグラタン皿を使用)に入れる。
    その上に(5)のりんごを乗せ、残った生地でそれっぽく飾る。


  8. 040425_6baking.jpg温めておいた オーブントースターで焼き色がつくまで焼き(3~4分くらい)、アルミホイルをかぶせて更に3~4分焼く。
    (丸いピザを焼くために買ったほぼ立方体のトースター。焼き網が取り外せて洗えるし、いろいろ使えて便利です!)
040425_7baked.jpgできあがり~っ(^O^)
ん~、サクサクしておいしい~っ!
ご家庭でもぜひお試し下さい(^-^)

|

« 猫のほくろ | トップページ | 車両点検と信号故障と急病人 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/25743/492351

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りアップルパイ:

« 猫のほくろ | トップページ | 車両点検と信号故障と急病人 »