« 満開! | トップページ | 黒豆納豆 »

2004/04/19

点字を読む[1]

身の回りにある点字を読んでみた。

まず、ウチにあるシャワートイレ(INAX)
へぇ、晴眼者(せいがんしゃ。視覚障害者に対して目の見える人のこと)用と盲人用ではビミョーに表現が違うんだ~
上:晴眼者用/下:盲人用(点字)

イナックス シャワートイレの点字表記

これはビール。プルタブの横に「オサケ(お酒)」と書いてある。
(「お酒」だけぢゃ何のお酒かわかんないぢゃんねぇ・・・。せめて「ビール」って書けばイイのに)
ビールの点字表記

次は会社のエレベータ(外)
上ボタンと点字表記 下ボタンと点字表記 1階にある「1階」の点字表記
左:ウエ(上)/中:シタ(下)/右:1カイ(1階)

エレベータ内
開ボタンと点字表記 閉ボタンと点字表記
左:アケ(開)/右:シメ(閉)
エレベータのメーカによっては「ヒラク/トジル(開く/閉じる)」も。

非常ボタンと点字表記 行先ボタンの「1」と点字表記
左:ヒジョー(非常)/右:行先表示ボタンの「1」

ちなみに、横浜そごうのエレベータには点字表記がない。
そのクセ、正面出入口を入ってすぐのところにアイメイト(盲導犬)のでっかい募金箱が置いてある。
おいおい、募金より前に自社でできることがあるだろっ(点字テープ貼るだけぢゃんっ)
そごうともあろうものが、盲人のお客さんの受け入れ態勢ができてないんかぃっ と思うのでした。

|

« 満開! | トップページ | 黒豆納豆 »

点字」カテゴリの記事

コメント

晴眼用と盲人用とでは表記が違うので、それを覚えるのも大変で、本人の思考力・判断力も必要とされるのですね。
点字ブロックも、チャリで走っていると〝ガタガタしてじゃまだなぁ〟と思わないように『人にやさしく』ありたいものです。

投稿: 西崎あゆか | 2004/04/20 09:01

横浜駅で時々白い杖の方を見かけるケド、ホームのど真ん中にででんっと階段があってホームが狭くなってるから、「大丈夫かな?」と思ってしまうよ(晴眼者でも危ないと思うのに)。
切符の券売機や階段の手すりにも点字表記があるケド、そこまで行って指で触らないとわからないから不便そうだしね。

わしらは、品物と値段を見比べて安くてイイものを買う とかってできるケド、盲人の方は生活ひとつひとつが大変なんだなぁ・・・
「見える」ってことは貴重なことやね。

投稿: アリス | 2004/04/20 09:23

はじめまして、へいぽーさんのところから流れてきました。点字の勉強してるのですね。
今は、公共性のある施設内や商品にも点字標示の付いたものが増えました。駅の階段の手すりなんかも
標示があるのでホームを間違えずにすみますが、中には左右の説明が逆に貼ってあったりして(笑)。缶
ビールや酎ハイの「おさけ」の文字はアルコールが入っていそうな情報は分かるけれども、商品名が分か
らないのが残念。以前どこかのメーカーに「ビール」と貼ってある商品があったらしいです。

投稿: フジヒロ | 2004/07/26 19:55

フジヒロさん、いらっしゃいませ!
「ビール」の表示がしてあるのはキリンだと思います。
プルタブの両脇に「キリン」と「ビール」という点字がありました。
酎ハイもカクテルもワインもそのまま点字表記にすればイイのに・・・

またそのうち点字について書きたいと思いますので、よろしかったらまた遊びに来て下さいね!

投稿: アリス | 2004/07/26 20:05

この記事へのコメントは終了しました。

« 満開! | トップページ | 黒豆納豆 »